大阪市営渡船の8か所を案内します

現在、大阪市が無料で運営している渡船は8ヶ所あって、徒歩・自転車で誰でも全部に自由に乗船できます。

この8ヶ所の渡船を一筆書きの要領で順番に歩くと、全工程は15km程度で、6時間程度で全部の渡し船に乗船できます。写真だけ眺めていただくのもいいですので、徒歩でも自転車でも、是非トライしていただけたらと思います。

私の経路は、ユニバーサルスタジオジャパンのあるJR桜島駅でおりて、8つの渡船場を巡るコースです。乗船待ち時間を少なくするために、渡船の時刻表を持って時間調整しながら歩くと、1時間ぐらい時間短縮できる感じです。

(参考)私の各渡船場の通過時間です。

1)天保山渡船 9:00 → 2)甚兵衛渡船 10:00 → 3)千歳渡船 10:20 → 4)船町渡船  11:00 → 5)木津川渡船11:30 → 6)千本松渡船13:00 → 7)落合下渡船 13:30 → 8)落合上渡船14:00 → 9)大正区役所前から大阪シティーバスでなんばへ・・・
というコースを、私はグーグル地図を印刷しておいて、それを見ながら歩きましたが、地図通りではなく、けっこう適当に歩きました。

渡船めぐり全工程

自転車でも乗船できます(バイクは不可)。階段で自転車を担いで登るところもありますが、電車に折り畳み自転車を積んで行き、それで巡るのも徒歩以上にスピーディーで楽しいと思います。

バス(大阪シティーバス)も広範囲に走っているのですが、バス停の位置の多くが渡船場と離れていますし、渡船の時間に合っていませんのでおすすめできません。

「8つも歩くのは大変だぁ」という方は、そのエッセンスを感じていただくために、海遊館や天保山マーケットプレイスに行かれるときに、①番の「天保山渡船」往復で乗船していただいて、その情緒を感じていただくといいでしょう。 こちらの記事も参考に




【トライするときの参考に】

渡船の時刻表は何年間もずっと変わっていません。平日用と土日祝用があり、ほとんど同じ1隻が往復しているのですが、両側の渡船場の時刻表は同じ者が掲示されています。(R4年6月現在で、H21のものが最新です)ここではとくに、「木津川渡船場」の昼間の便数が少ないことを見ておいてください。

全渡船時刻表

これは、船町渡船場に掲示してあった全体の時刻表です。チャレンジされる方は、念のために、こちらの大阪市の渡船運行時刻表で事前確認をしてトライくださいね。

ほとんどの渡船は予備の船が置いてあるのですが、相互に2隻の船で運行されているのではなく、繁盛期以外は1隻で往復するところが多いようです。

ほとんどの渡船場は両岸の様子が見えており、片道の乗船時間は3分以内程度ですので、どちらかの乗り場では、船が着くのを待って乗り込むことになります。

・・・と言っても、どちらかは時刻の「定刻」に出航しますので、「待ってくれ~」と大声を出しても、そこは「お役所仕事」なので、定刻に渡船場に待機していないと絶対に待ってくれませんので注意してください。

自転車は、そのまま乗り込めます。もちろん、料金はすべて無料です。バイクは乗船不可です。

GoogleMapで、およその経路を示しています。それでは、出発進行!

1.JR桜島駅~天保山(てんぽうざん)渡船場へ

天保山渡船場へ

 

JRゆめ咲線の終点の桜島駅から出発です。徒歩700m 図のように歩くと、10分程度で天保山渡船場につきます。ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)を右手に見て歩き出し、広い道で、案内も随所にあって、道なりに歩いて行けば迷わないでしょう。

天保山(桜島側)渡船場に到着 桜島側天保山渡船場

天保山渡船時刻表 通勤時間帯で、乗客も多い天保山渡船

桜島側から天保山側を望む

JR桜島駅やUSJのあるこちら側は「此花区」で、対岸の海遊館などは「港区」。天保山側の渡船場はこの写真のまだ左側の位置にあります。




港区側から桜島側の桟橋に到着した船からは、通勤時間帯だったこともあって、USJに勤めている外人さんがたくさん降りてきました。その船が折り返して天保山側の渡船場に向かいます。

天保山側の渡船場を出たところにある公園が「天保山公園」で、写真のモニュメントの横辺りに、「天保山(てんぽうざん)」があります。

天保山は盛り土の山で、2等三角点がある4.53mの 「日本一低い山」で有名でしたが、2014年4月に、国土地理院が仙台市の「日和山(標高3m)」を「山」と認定したことで、天保山は日本一低い山でなくなりました。 10分ほどの寄り道ですので、時間が許せば、記念に、天保山の二等三角点に登頂してみてください。

天保山渡船場 天保山側 天保山公園

次の、甚兵衛渡船場に向かって歩きます。甚兵衛渡船場までは、8か所を巡る距離の中でもっとも距離が長く、1時間ほど歩くのですが、歩き始めですので、問題なく歩くことが出来るはずです。

甚兵衛渡船場に向かいます

2.天保山から甚兵衛(じんべえ)渡し

天保山公園から高架道路を通り、天保山運河を越えて、その先で一般道に出て北東に進みます。適当に方向を決めて歩くようにすれば、右手のゴルフセンターが見えてくるので、それを目標に歩くといいでしょう。

絵が書かれたビル 甚兵衛渡船場まではすぐ

途中に、壁一面に魚やくじらを描いたビルが目を楽しませてくれます。
行く手に京セラドームの 特長ある屋根を眺めながら、ゴルフセンターの前を抜けて進むと、甚兵衛渡船場の案内板が見えてきます。ここでは、天保山公園を出てすぐの、高速の下あたりの道がわかりにくいことと、3km以上の距離があります。約50分かかりました。

1隻の船が往復します 自転車利用も多いですね

甚兵衛渡船でも、一隻の船が往復しています。時刻表は両方の渡船場が同じものですから、数分間、出航時間がずれますが、向こう岸が見えているので、数分の遅れは気になりません。自転車で乗船する人も多いようです。このときは、乗客は少なく、空いていました。

甚兵衛渡船時刻表 対岸に着きました

甚兵衛渡船は、尻無川の細くなったところを、港区から大正区につないでいます。

上の全体地図を見ていただくといいのですが、天保山渡船を除いて、右左岸のどちらかの渡船場は「大正区」にあります。そして、甚兵衛渡船と、8つある渡船の最終「落合上渡船場」へは、東南東に1.5kmほどしか離れていません(上の全体マップを参照ください)。しかし一筆書きでの帰りの交通の便を考えて、ここでは、甚兵衛渡船の下船後は、南に進んで、千歳渡船場に向かいます。

3.甚兵衛渡船場~千歳(ちとせ)渡船場へ

甚兵衛渡船場から千歳渡船場へ

甚兵衛渡船場からは、港湾関係や資材置き場などの殺風景な道を川筋にそって道なりに南に歩いていくと、青い大きな橋(千歳橋) が見えてきます。その下付近に千歳渡船場があります。

千歳渡船場へ 千歳橋の横から橋の下へ

千歳渡船場 千歳渡船場時刻表

甚兵衛渡船場からの距離は1km少しで、20分弱で千歳渡船場に到着しましたが、時刻に間に合わずに、次の便まで20分待機しました。事前に、時間表を頭に入れて歩くのが良いですね。

対岸に到着 鶴町側の千歳渡船場

渡船は千歳橋と平行に対岸の鶴町に向かって進みます。千歳橋の高さは、見上げると30mくらいあって、自転車道や歩道があって、橋を渡ることが出来ます。

千歳渡船場鶴町側からの展望

降りた大正区鶴町側の千歳渡船場からの展望は全渡船中で最も素晴らしいです。前方遠くの赤い橋は高速4号湾岸線の「南港大橋」、手前は「なみはや大橋」です。その右手は歩いてきた「港区」で、南港大橋をわたると左奥手は大阪南港で、そこは「住之江区」です。


この「千歳渡船」は、運河が広くなった「大正内港」を横切る、最も乗りごたえのある渡船です。しかしそれでも乗船時間は5分程度です。

4.千歳渡船場から船町(ふなまち)渡船場へ

千歳渡船場から木津川渡船場へ

千歳渡船場の鶴町側から船町渡船場へは、25分ぐらいで到着します。この写真左端に東京インテリアIKEA鶴浜の店舗があります。

船町渡船場 向こう岸まではすぐの距離

船町渡船時刻表船町渡船時刻表

この船町渡船は、木津川運河を渡る渡船で、ここで紹介する8つの渡しのうち、最も所要時間が短く、出航してから、約40秒間の乗船です。動画を取りました。 向こう岸で反転して着岸させる、爽快な「大阪市職員のプロの技」をご覧ください。

船町渡船の動画 YouTubeの船町渡船の動画はこちらから

5.船町渡船場から木津川(きづがわ)渡船場へ

船町渡船場から木津川渡船場へ

「船町渡船場」から「木津川渡船場」への歩く距離は約1Km程度で、埋め立てられた島の中を歩きます。もちろん、大きな工場がある地帯を歩くので、それが島の中だとは全く気づきません。

乗降する人が少ない木津川渡船は便数は少なく、特に、昼間は、12:00 12:45 13:30 14:15……のように、45分間隔ですので、ここだけは、家を出るときから発着時間を頭に入れて歩きました。

木津川渡船場 大きな船が行き交う木津川

大阪湾につながる木津川は、大きな船が行き交います。その川を小さな渡船が、大きな船を避けて直角に横切ります。これが結構スリリングで楽しい渡船です。

木津川渡船時刻表 昼間の本数が少ないので注意

木津川渡船の船町側は大正区で、渡船で渡ると住之江区です。

6.木津川渡船場から千本松(せんぼんまつ)渡船場へ

木津川渡船場から千本松渡船場へ

木津川渡船場を出て、まっすぐ南進して、南港通にかかる高架橋の下に出ます。
高架道路の下には階段があって、そこから高架橋の上に出られるようになっています。

この高架橋は「敷津運河」を越えるための橋で、 次に向かう千本松渡船場へは敷津運河を渡るのですが、方法はこの橋を渡る以外に他の道がありません。結構回り道ですが、これが最短コースのようです。

木津川渡船場から千本松渡船場までの距離は約4km弱で、トラックの往来が多く、舗装道路を歩くので疲れてきましたが、頑張って千本松渡船場を目指します。

千本松渡船場は西成区にあり、千本松大橋(通称、めがね橋)の下に渡船場があります。

千本松渡船場への入り口 入り口はめがね橋の下

千本松渡船時刻表 千本松渡船

この渡船も、やはり木津川を渡るためのものですが、大きな船の通行を妨げないように、橋の両側で道路が2、3回転して、車はかなり川面から高いところを通るようにした自動車専用道路で、人が通れないために渡船の利用者も多く、15分間隔で運行されています。

向こう岸の渡船場は大正区で、そこから北に歩いて「落合下渡船場」に向かいます。

7.千本松渡船場から落合下(おちあいしも)渡船場へ

千本松渡船場から落合下渡船場へ

木津川を渡る千本松渡船を降りれば、ふたたび大正区です。

千本松渡船場

千本松渡船場から、次の落合下渡船場へは約1km少しです。

車も少なく、工場が並ぶ道を歩いていくとまもなく渡船場の案内が見えてきます。

落合下渡船場 木津川を渡る落合下渡船

落合下渡船時刻表

乗船したときは昼下がりの、人の往来が少ない時間帯で、渡船に4名が乗船しました。3歳ぐらいの小さな子供を連れたお母さんは、対岸に着いても下船せずに同じ船で引き返していましたので、渡船は子供を連れて遊ばせる「遊び場」になっているのでしょう。

辺りは静かで、終始、のどかな時間が流れている・・・ という感じです。

落合下渡船にのって、もう一度、対岸の西成区に渡ります。

8.落合下渡船場から落合上(おちあいかみ)渡船場へ

落合下渡船場から落合上渡船場へ

落合下渡船を下船して、北へ歩くと、最後の8番目の渡船場「落合上渡船場」への距離は1kmもなく、10分ほど歩くと到着しますが、埃っぽい道の端をただ歩くだけで景色もよくありませんので、すぐに落合上渡船場に到着したのが救いでした。

落合上渡船場 木津川水門

対岸の渡船場 落合上渡船時刻表

最終の落合上渡船場

乗る側は西成区で、このローカル感のある渡船場は大正区です。

大正区は、8か所の渡船のうち、天保山渡船場を除く7つの渡船場が関係しています。そして、以上で、現存する大阪市営の8箇所の渡船に乗船したことになります。

9.落合上渡船場からバスの最寄り駅へ

落合上渡船場から最寄りのバス停へ

帰りはバスを利用します。バスの行き先は大正区役所前か千島公園前から大阪駅前、なんば、あべの橋行き等があります。バスの停留所の位置と行き先は、事前に考えておいて、大阪シティーバスのHPで調べておくといいでしょう。

千島公園から渡船場の方角を振り向くと、西成区の向こうの阿倍野区にある、西日本一の高さを誇る「あべのハルカス」がそそり立っています。

あべのハルカスがすぐそこに 逆のルートでもOK

以上、全行程は約15kmで、8つの渡船を一筆書きするプランは他にも考えられますが、最短でなおかつ、交通の便の問題もあるので、このプランをもとに検討いただくといいでしょう。

渡船時刻表を見ながら時間を調整して歩くと、5時間以内で歩けそうですので、ぜひ、天気のいい日に、ご夫婦や友達と、まわりの景色を楽しみながら1日を過ごしていただきたいと思います。(折り畳み自転車などで寄り道を楽しみながらの渡船めぐりもいいかもしれません)

長い文章でしたが、お付き合いいただき、ありがとうございます。

GoogleMapの写真を使わせていただき、R4年5月にリメークしましたが、Google地図自体も、ルート検索も私が渡船めぐりをしたときよりも進化しています。Googleさんに感謝するとともに、渡船めぐりの際は、GoogleMapを利用して効率よく歩いていただくといいでしょう。


【記事の更新】R4.5月見直し、写真変更、サイト移転 最終見直しR4.7月