海遊館+標高4.53mの天保山+α を楽しもう       

天保山は「てんぽうざん」と読みます。大阪市内で生まれ育った私は、「てんぽーざん」と教えられてきました。 それとも、もしかして、「てんぽおざん」だったかもしれません。

天保山(てんぽうざん)は「地図に示された2等三角点のある日本一低い山」として全国的に有名な名前でした。

それが、2014年に国土地理院が宮城県の「日和山(標高3m)」が日本一低い山だと認定したことで、天保山は日本一低い山の座から引きずり降ろされてしまい、天保山の三角点の話や場所すらも、忘れられつつありますが、みんなの記憶にある、話題性の高い山であるのですが、実際に立ち寄った方は少ないのではないでしょうか。



現在は、「てんぽうざん」というと、海遊館や天保山マーケットプレイスなどの代名詞として使われるようになっていますが、ここでは、これらのレジャースポットを楽しんだあとで、「天保山登頂」と「天保山渡船」で大阪市渡船のさわりを楽しんで頂きたいので、そのルートなどを紹介しています。

海遊館などに、この2つを加えることで、きっと、ずっと「天保山」が記憶に残るでしょう。

電車なら『大阪港駅』と『桜島駅』 車なら、天保山駐車場

海遊館や天保山マーケットプレイスの最寄り駅は大阪メトロ(大阪の地下鉄)の大阪港駅です。

駅から徒歩15分(約700m)程度の距離ですが、そのまま大阪港駅から帰るのではなく、「二等三角点のある天保山に登頂」して、その後、大阪市渡船(乗車:無料)を使って「安治川を渡る船旅」を楽しんで、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン入口前を通ってJR桜島駅から帰るコースで楽しみませんか・・・というオススメです。(歩く距離は変わりませんし、もちろん逆コースでもOKですね)

天保山周辺 GoogleEarth利用

自動車利用でもOKです

このルートを自家用車を利用して巡回するにはすこし不便ですが、海遊館駐車場(1000台、土日祝最大料金2000円)に車を止めて、徒歩で天保山登山と天保山渡船の往復利用でも可能ですので、ぜひ検討してみてください。

安い駐車場もありますので、WEBで検索ください。

PR



ともかく、多くの人で賑わう、海遊館などがある天保山マーケットプレースなどで思う存分遊んでから、プラスアルファで天保山登頂と大阪市渡船を加えると、1日を十二分に堪能できます。

まず、天保山に登頂から案内します。

天保山公園へは海遊館から徒歩10分600m

上のGoogleEarthの写真のように、天保山公園や海遊館は港区に位置し、安治川の河口にあります。その水をなめてみると、塩辛く、このあたりの水は、すでに「海水」です。

安治川は旧淀川で、毛馬の閘門から淀川と分かれて流れてきています。対岸にはユニバーサルスタジオジャパン(USJ)があり、そこは此花区です。

また、2025年に万博が開催される「夢洲(ゆめしま)」も3kmほど南沖合にあって、安治川の河口と言っても、天保山岸壁からの海のような広大な眺めは素晴らしいです。

多くの方の目的は海遊館などのあるエリアを訪れるのが第一目的だと思いますので、まず、十分に目的地で楽しんだあとに、2等三角点「天保山」のある天保山公園に行ってみましょう。

海遊館から天保山公園へは、大観覧車の横を通って、岸壁に平行に北西に進みます。

天保山公園に向かう 天保山公園

さて、天保山三角点ですが・・・

天保山公園内のこの先に見えるモニュメントのやや右後方に2等三角点があります。(公園内の、一番高いところにあるのではありません)

天保山公園のモニュメント

地図による高さでは、宮城県仙台市の日和山(標高3m)が日本一低いのですが、4.53mの天保山は、2等三角点のある山で最も低いと言う現状は、現在も変わっていません。もちろん、全体の第2位になれば、話題性はなくなってしまいますが、それでも、登頂すれば、思い出に残ります。

PR



ちなみに、WEBによれば、1等三角点のある山で一番低い山は、大阪府の堺市にある蘇鉄山(大浜公園)の6.97mが一番低く、これも人工の山で、人工でない自然の山で最も低いのは、徳島市にある6.1mの弁天山・・・だという記述があります。

現在は、この他にも、日本一低い山として名乗りを上げているところがあるようですが、(この天保山もそうですが)いずれも手を加えられている山なので、何をもって「日本一低い」とするのかは、国土地理院のさじ加減なのですが、2位転落になったことで、天保山愛好家は、かなり気落ちしたのでしょう。

いずれにしても、これらは、「富士は日本一の山」というのとは別の次元の、大人の遊びのようで滑稽ですが、ともかく話の種になりますよ!

登頂してみましょう!

もちろん、高い山に登った時のような爽快感は全くありませんが、でも、「登頂」した・・・といえば、それはそれで、話のタネにはなりますし、微妙な満足感もあります。

ここが2等三角点「天保山」

2等三角点 2等三角点の掲示

三角点は地図の測量のためのものですので、見通しの良いところに設置されます。この天保山の三角点も、高い場所に置かなかったのは、海から見やすいという理由や歴史的な背景などの事情があるようです。

PR


現在はGPSによる測量が普及して、三角点自体の重要性も以前とは変わっているかもしれませんし、これが「山」と言えるのかどうかは別にして、ぜひ天保山の三角点を踏みしめてください。

宮城県の日和山も、「住民運動や働きかけ」が効いた結果で日本一低い山の座にすわった・・・という記述などがWEBに見られますので、この天保山も、地域がイベントや地道な住民活動を続けていれば、いつか、日本一に返り咲く可能性もあるかもしれません。一度登頂しておけば、その時はまた、話のネタになるでしょう。

天保山では、現在でも「登山証明書をさしあげます」と山岳会の方が活動しておられます。興味ある方は現地の案内をご覧ください。

天保山登頂後は、無料の大阪市渡船に乗船して対岸へ!

桜島川から見た景色

この写真は対岸の桜島側(USJ側)の渡船乗り場からの写真です。大阪市渡船(無料)に乗って対岸に渡ると、このような感じで、天保山周辺が一望できます。

天保山側の渡船乗り場は、天保山公園のすぐ横にあり、このユニバーサルスタジオのある桜島側渡船場との間の安治川(あじがわ)に無料の大阪市渡船が運行しています。

天保山側乗り場

この渡船に乗船すると、阪神高速5号湾岸線の天保山大橋を下から眺めながら、約5分程度で対岸の桜島側につきます。

便数の少ない時間帯でも30分ごとに便が出ていますから、30分後の便で天保山側に戻るのも問題ありません。

この時刻表は両側の渡船場で同じで、時刻表右側に書いてあるのですが、どちらかの渡船場から折り返し運転しているので、どちらかは定刻に出向しますが、反対側は5分程度の遅れで出航します。

天保山渡船場時刻表

つまり、どちらかがこの時間に合わせて出航しますので、この時間には船着き場で待っているようにしてくださいね。 通勤時間は結構込みますが、9時以降の昼間時間帯は空いています。

桜島側の渡船場からUSJの入り口を通ってJR桜島駅までは徒歩で10分程度ですが、天保山側から乗って、次の30分後の便で帰ってくることもOKです。(もちろん無料です)

以上になります。

海遊館などに行かれるときには、ぜひ天保山登頂と大阪市渡船乗船を加えて検討していただく参考になればと思います。


(来歴) R3.10に見直し   R4.5サイト移転  最終R4.9月見直し