今日の星空を知るNo.1のおすすめサイト

星空を見るときにとっても役に立つサイトが国立天文台のサイトにあるので紹介します。

広告

どこにどんな星座があるのかを知るには

別に紹介している「星座早見盤」も簡単に使えるのですが、ここでは、星座の位置を知るためのサイトを紹介します。

 

国立天文台HP 今日のほしぞら

それがこのような、国立天文台の暦計算室のページです。

 

まずこのサイトにアクセスして、画面中の設定を変えて、「見たい場所の見たい時間の星や星座」を表示してみましょう。

 

設定を変えてみます

これは大阪府の2021年3月3日の20時の南の空の星座の様子です。

もちろん、過去や未来の星空も見ることができますし、場所も選べます。

 

実際には街の光のために、ここに示されている星も星座も見えませんが、このときのように、月明かりがないと、南の空には、オリオン座が見えますし、火星も肉眼ではっきり見えるでしょう。

 

都会では1・2等星程度しか見えないので、画面の設定を変えて見える星をさがして名前と対比できると少し物知りになった気がします。

星だけを見る

このような画面設定にすると、見えている明るい星が何という名前なのかがわかりますね。

 

春の季節は春霞や黄砂の影響でこんなにたくさんの星は見えないことが多いのですが、星が1つでも見えると、その星座を空にイメージするのも楽しいでしょう。

これと「星座早見盤」をあわせて見る癖をつけていると、徐々に星座やその位置がイメージできてきます。

 

このサイトは「お月様」や惑星が描かれているのが非常にうれしいです。

月や惑星は日を追うごとに移動しますので、このサイトで時間を進めると、いつ頃に宵の明星「金星」が夕方西の空に見えてくるのか・・・などが分かります。

 

星座全体の星は肉眼では見えなくても、星座の形や位置の「イメージの目」を養っておくと、あたかもそこに星があるように感じてきますし、うっすら見えてくることもあります。

私は「目の体操」と思って空を見上げています。

 

 

 

惑星はその日の位置を知っていると楽しいものです。

惑星が見えていると楽しいですね。

惑星のうちで、金星、火星、木星、土星はかなり明るいので、肉眼で分かります。そして、このような情報も役に立ちます。

惑星などの資料

 

未来の星空も過去の星空も楽しむことが出来ます

この時の空には火星以外の惑星は見えませんが、この火星もその他の惑星も、時間を進めていって、いつ姿を表すのかをシミュレートするのも面白いですよ。

 

どれくらい過去や未来が見れるのかは試したことはありませんが、私は、「宵の明星の金星」がいつ見ることができるのか・・・などで時間を進めてみることをよくやっています。

 

そして、めったに見ることもできない惑星の水星を見ようと頑張っているのですが、これは難しいです。

 

一番高くのぼる「最大離角」の状態が見やすいというので、それをこのサイトでシミュレートして夕方や朝方の空を見るのですが、地平線付近はいつも霞んでいて、未だに1回しか見ることができない、近くて遠い星ですがいつまでも楽しみを残してくれています。・・・・・。

 

このように、簡単に遊べるサイトですので、ぜひ、お気に入りに入れておいて、この国立天文台のサイトとお友達になってくださいね。

 

そして、手元に星座盤をおいておくと星座がイメージしやすいでしょう。こちらに、100円ショップ「ダイソー」のスグレモノ星座盤を紹介しています。

 

冬の星座オリオン座周辺冬の星座「オリオン座」や1等星シリウスが見えます

 

これだけ見えれば満足できる オリオン・北斗七星・カシオペア

 

冬に空を見上げるのは寒いけれど、「オリオン」が顔を出している季節は明るい星がたくさん見えるので好きです。 全天に見える20ぐらいの1等星のうち、この部分に5つもあるのですから、「すごい」といえます。

 

オリオン座の4つの四角形と真ん中の3つ星はみんな1等星と2等星ですので肉眼でも見つけるのは簡単です。

 

そして、少し見にくいかもしれませんが、北の空から天頂にかけて、北斗七星として知られるおおぐま座かWの形のとカシオペア座のどちらかが見えるとホッとします。

星座イメージWEBから

2等星の北極星も見えると嬉しいです。

都会の空では、結構見つけにくくて、「あれが北極星だ」と言える人も意外と少ないようですので、すっと説明できれば、ハナタカさんになれそうですね。

 

 

都会ではほとんど星が見えないのが残念ですが・・・

私は大阪の北部に住んでいます。大阪市内に比べると田舎なのですが、それでも、肉眼では、明るい星しか見えません。

 

私の視力0.6の裸眼では2等星が目いっぱいという感じですが、昔、小学校で「肉眼では6等星まで見えます」と習いました。 今はどのように教えられているのでしょうか。

 

北斗七星の柄の後ろから2番目の星のすぐ横に「6等星」がひっついていて、昔、役人の登用試験の視力検査に使われたという話を習ったように思うのですが、確かに、8倍の双眼鏡で見ると、北斗七星の2番めの星の横にひっついて、小さな星があるのが見えます。

 

このような小さな星は星座盤や国立天文台のサイトには示されていませんが、このサイトと星座盤があればそれはそれで楽しめるのですが、次には、一眼レフのカメラや双眼鏡、そして天体望遠鏡と、欲しくなってくると思います。

そんな欲しい物を探すのも楽しいことと思っています。

安価な天体望遠鏡を探す:楽天