赤く見える火星などの肉眼で見える惑星

私は、寝る前の数分間、夜風に当たり、夜空を見上げてから床につくようにしています。

私は大阪北部の箕面の山が見えるところに住んでいますが、「都市光害」のために、夜中でも空が白んでいる日が多く、周辺の街灯もLEDに切り替わってきているので明るく、お月さんがでていない晴れた空でも、肉眼では、ようやく2等星の恒星がみえる状態です。

星座を探すのにも苦労します。星座盤で確認しながらでも、ほとんどわかりません。

星座には3等星や4等星も含まれており、星座盤には3等星の星が示されていますが、(→こちらを参考に)2等星までしか見えないと、星座も確認できないので、寂しい限りです。

「北極星」は2等星ですが、これも見えないときのほうが多いのですが、そのために、お月さんや明るく輝く「惑星」は貴重で、星が見えるとホッと安心する感じがします。

下の表のように、「金火木土」の4惑星は、マイナス等級で、1等星よりもはるかに明るいし、見える位置も変わっていくので、惑星は見ていて楽しめます。(文章の最後に「見かけの等級」を簡単に説明しています)

【参考】肉眼で見える惑星の極大等級 参考:肉眼で見える惑星の極大等級

小学校で、「人間の目では6等星まで見える」と習ったのですが、大阪では、この表にある天王星はそれよりも明るい5.3等星ですが、私は双眼鏡を使っても、天王星を見たことがありません。

どうも、天王星が見えないのは、たえず位置を変えるので、よほど星空に詳しくないと、双眼鏡でも見つけるのが難しいから・・・という感じがしますが、天王星の毎日の位置は、こちらで紹介している 国立天文台のHP「今日のほしぞら」で確認できますので、興味があれば見つけてみてください。

「目で見える」という話題に、北斗七星のひしゃく側の2番めの2等星ミザールに、小さな星が近接しているのですが、中国の科挙(かきょ)の視力検査に使われたという星で、50年前は6等星と習ったようなのですが、最近の星座表では4等星となっていました。

大阪の空では、肉眼では見えませんが、双眼鏡でみると、2つの星が寄り添っている様子がはっきりと見えますので、一度機会があれば見てください。

山登りをしたときなどに見える満天の星空では、また、星座も探しにくいのですが、都会で、どんどん見える星が少なくなっているのは、寂しいですね。

大阪で見える惑星一覧

惑星は同じ位置に留まっていませんので、地球の自転と回転周期がうまく合う時期に当たれば、いくつかの惑星が同時に見えます。 しかし逆に、時期が悪ければ、1つも見えないときがあります。調べてみました。

大阪の宵に見える惑星

これは、肉眼で見える4つの惑星について、国立天文台の「今日のほしぞら」のサイトを利用して、大阪での20時~22時に見える惑星を図示したものです。

色付きの部分はその時間帯に見えている状態で、図の薄いグレー色の部分は、20時か22時のどちらかで見えて、もう一方の時間には見えなくなっていることを示しています。薄グレーの日には、お目当ての惑星は地平線近くにあって、見にくくなっている・・・ということですね。

この表にあるように、2022年の11月は明るい惑星が3つも見える非常にラッキーな季節ですが、逆に、2022年の2-6月は、この時間帯に見える惑星がないという、さみしい期間になります。

私の記憶でも、上の4つの惑星が同時に見えていたことは記憶にありません。でも、3つが見えると、すごい満足感があります。

2021年の9月の日没後しばらくは、金星が西の空にあるので、うまく行けば、金星、木星、土星が見えますね。

ここで簡単に、各惑星について簡単に紹介します。知っている人は読み飛ばしOKです。

ほとんど見るチャンスがない 水星

「水金地火木土天海冥」と覚えた「惑星」ですが、水星は地球の内側で太陽に近いところにあるので、日の出直前か日の入り直後しか見えません。

そして、極大光度は-2.5等級と結構明るいのですが、地平線から上にあがる高さも最高で20°以下(地平線から最も離れて見える角度を「最大離角」といいます)ですので、空も残光が残る薄明るい空の状態でしか見えないし、さらに、満ち欠けをして光度を減じている場合が多いので、見ることが難しい惑星です。 私も、1回しか水星を見ていません。

非常に明るい、明けの明星・宵の明星 金星

金星は、非常に明るく、日没後に見えていると、見る機会も多いでしょう。

数年前に、西はりま天文台で、「昼間の金星」を60cm望遠鏡で見せていただきました。晴天の昼間でも星が見えることに驚きましたし、その時の金星は、お月さんのように欠けていました。

赤い色の星 火星

平成30年(2018年)に大接近した「赤い星 火星」ですが、この次に、20時-22時の時間帯に見ることができるのは、2022年の初冬です。

大接近 藤井旭の天文年鑑より 藤井旭さんの天文年鑑より

このように、火星は地球の外側を公転周期は687日で回っています。地球(365日)とのズレが有るため、その会合周期(近づく周期)は約780日ですので、2年2ヶ月ごとに接近して大きく見えるようになるということのようです。

H30.7の火星 平成30年7月大接近の火星

でも、当分大接近はなさそうで、次は2050年とされています。 多分私はこの世にいないのですが、火星は、中国やアメリカが火星探査に力を入れ初めていますので、楽しみの惑星です。

最も大きな 木星 と、輪のある 土星 などを小さな望遠鏡で見ると・・・

「惑星」を広辞苑で引くと、恒星の周囲を公転する星。太陽系以外でも見つかっている。遊星、迷星などの言い方とともに、比喩的に実力が未知の有力者・・・とあります。

私は、「ワク」はワクワクのワクと思っています。

この小さな望遠鏡では、恒星を見ても「点」ですが、惑星は、大きくなって形が見えるのですから・・・

私の望遠鏡

5万円ほどで購入した望遠鏡ですが、公称150倍となっており、残念ながら写真装置はないのですが、それでも、惑星を見ると感動します。

PORTAで見える惑星の想像写真

これは実際に私が撮った写真ではありませんが、小さな望遠鏡でも、4つの惑星はこんな感じで見えます。(写真加工したものですので、あくまでイメージです。注意ください)

観察条件が良いときは、金星は「満ち欠け」が、火星は「赤い色と黒い色」が、木星は「シマシマ」が、土星は「輪」が見えます。

もちろん、小さな望遠鏡では、WEBにあるようには見えませんが、私の頭の中にきれいな姿をイメージしていると、望遠鏡の像がはっきり見えていなくても、見えているように感じます。

ともかく、惑星を望遠鏡で見ると楽しいものですので、お小遣いの余裕ができたら、是非購入して、自分の目で惑星を探して観察してください。


(参考)見かけの等級

1等級ちがえば約2.5倍の明るさの違いになります。2等級ちがえば2.5x2.5=6.25、1等級とマイナス1等級では、+1→0→-1 ですので、やはり6倍も明るさが違うことになります。

宵の明星などと言われる、非常に明るい金星は、-4.7等級で、「ピカッ」と夕空に輝く宇宙ステーションISSを見たことがある方もおられると思うのですが、それも同等の等級ということらしいです。

満月が約-13等級で、半月が-10等級といいます。

北極星が+2等級(いわゆる2等星)ですが、北極星を見つけられない人も増えてきているようです。都会では、2等星すらも見えにくくなってきていますから・・・。