天気予報が当たらないと思っている人、この指とまれ

WEBの検索窓に「天気予報」と打ち込むと、関連ワードには「天気予報 当たらない」が出て来ました。天気予報をそのように感じている人が多い証拠かもしれません。

私自身も、100%信用していませんが、結構自分でうまく使っていると思っていますし、天気予報が無いとやっぱり困りますので、当たらないと不満を持つより、自分が納得するようにするのがいいと思います。私の見方などを紹介しながら天気予報を見ていきます。

広告
広告
広告

降雨の適中率は平均で83%

その天気予報の確率についてですが、発表されている降雨について、「当たる確率は80%を超えている」と言われると、「え?」と思割れるかも知れませんが、そうなのです。

これは気象庁のHPにあった2つの図表です。

近畿の天気予報的中率

気象庁のHPには、これを含めていろいろなデータやその見方説明されています。

たいへん大きなサイトなので、データを探すのも大変ですが、それを読むのもわかりにくく大変なので、一部の紹介になりますが、このグラフは数字の魔術のような感じがします。

時系列の平均をとってしまうと、このような数字になるのです。しかし、どうも、自分の天気の感覚とは違うようです。

これをざっと見たところ、誤差は年々収束して、近年は精度が向上しているようです。

ここで「的中と適中」の違いですが、広辞苑によれば同じような意味ですが、的中の方は「マトに当たる」という意味があって、ここでは適中が使われているのでしょうが、何か「適当に当たる」というように読んでしまいそうです。

 

ここでは、月平均でこれだけの誤差があるのですから、毎日24時間の適中率は、ここに示せないぐらい変動しているはず・・・ということが、この裏には隠れています。

その変動(誤差)が、自分が感じている適中率とちがうと感じていて違和感があるのだと思います。別の見方をしたデータが欲しい感じがします。

 

1年の降雨日数のデータでは、たとえば大阪府の場合は105日となっています。雨が降ったのは、365日のうちで105日あったということです。

つまり、曇りの日を含めて、雨の降らない日は、晴れと曇りの日で年間で約71%とあった・・・ということになりますが、上のグラフでは、月平均のグラフがこの71%を下回っているところがあるので、週平均、1日平均となると、もっと精度が悪いところがでてくる・・・ということになります。

つまり、毎日「晴れ」の予報を出しておいても、遠からずの確度で「当たる」と言えることなのですから、これでは「毎日が晴れ」と予報してもそこそこの確率で当たっている・・・ということになります。

もうすこし、違ったデータがないと、これで83%が正しいということにはならないでしょう。

 

こう言ってしまうと天気予報はいらないことになるかというと、そう言うわけにはいきません。

ただ、同様のデータのとり方で、1960年頃まではこの降雨適中率は75%程度だったようですので、長期的には精度は上がっていると言えるのは確かです。

このデータで確度が上がっているというのは簡単に納得しにくいのですが、気象庁のHPには、もっと詳しい説明があるので、興味ある方は(見にくいですが)一度ご覧いただくといいでしょう。

雲の写真これは雨の雲?ただの雲?

WEBには、各社各様の天気予報が作られて公開されています

WEBサイトで「天気予報」で検索して、全国規模のものを順番にピックアップすると、

気象庁 | 天気予報 – 気象庁ホームページ  Yahoo!天気・災害 – 天気予報 / 防災情報  日本気象協会 tenki.jp【公式】   天気・地震・台風 全国の天気予報 – ウェザーニュース  NHK あなたの天気・防災|全国天気予報   天気予報 お天気.com   全国の天気予報 マピオン天気予報   ピンポイント天気、気温、週間天気 @nifty天気予報   天気予報:朝日新聞デジタル   GPV 気象予報   天気予報 – CBCテレビ   みんなの天気予報 BIGLOBE   天気予報: 天気予報 きょうの天気 エキサイト天気予報   今日・明日・週間天気予報 WeatherEye – お天気ポータルサイト - ・・・
・・・と、いろいろな会社がならんでいます。

気づいておられると思うのですが、これは、この会社(サイト)が天気予報をしているのではなく、たくさんのWEBサイトがあっても、その内容(情報)の出どころは同じところのものもあります。

しかしそれでも、公表されている内容は微妙に違うので、やはり、各社は工夫していることがわかります。もちろん、情報会社が違えば、かなり表示内容も変わっています。

これらWEBの天気予報の多くは、気象庁の5時・11時・17時のデータに合わせて、それをもとに、6時・12時・18時の予報を掲載しています。

2~3のサイトを同時に見てみると、微妙に予報内容が違っているのがわかって面白いですよ。

天気予報はビジネス

多くの気象会社は、気象庁などのデータを加工して、各気象企業は目的に応じて各所にデータを売っています。それを使って放送やWEBなどで天気予報を出しています。

提供する会社側は、もしも予想が外れると、それが会社の評価や業績に関わりますので、そこが企業の力の見せ所になるとともに、かなりの見えない視聴者からの圧力がかかっているので、中途半端な予報ができないことは確かでしょう。

天気予報会社のウェザーニュース社は、「もっともよく当たる」というPRをしています。これは下手をすると、過大広告とみなされる表現ですが、でも、なにか頼もしさを感じます。そこまで言える会社なので、いい評価をしていますし、きっと、気象庁でも集計していない、独自のデータを持っているのでしょうから、そのデータを見せてほしいものです。

たくさんの気象従事者が頑張っています

気象庁のページを見ると、気象・予報の許可業者は70を超えていますし、気象予報士の人数はR1年8月には1万人を超えました。

その気象予報士を抱える「予報業務の許可業者(いわゆる民間気象会社や個人)」には「数値的根拠に基づいて天気予報を出す」ことが法律で義務付けられています。

これが気象予報業務の基本で、それに付帯した業務を含めると、気象関係従事者は膨大な人数になるでしょう。

だから、それらの人が関わる天気予報は決して「占い」などではなく正真正銘の「科学」ですし、この縦系列で気象庁のデータに基づいた情報が、気象庁の考え方に沿って発信されるのですから、当たっていなくても、それは法律的にもしっかりしたものであり、出される結果も許可された範囲で正しいやり方に基づいたものであるということがいえます。

天気予報で社会は動きます

そういう予想データであるので、これらの気象情報は、私達が知りたい気象予報にとどまらず、自治体の行動、日常に行われている商売などにも活用されています。

「来年の天候は雨の日が多くなり、気温も低めになるでしょう」と天気予報を出せば、傘屋さん(傘の販売者)は傘の仕入れ量を増やし、農家は雨対策や冷害対策を考え、商社は今年の穀物を多い目に手当する・・・といった行動に結びつくというように、天気予報(ここでは中長期予報)は非常に大事な意味を持っています。

たった一言の1年先の天気予報が、株や相場を動かし、それが世界経済や世界動向に波及していることにもなるのですから、私達が「天気予報は当たらない」というようなレベルでの話では収まらない内容を含んでいるといえるでしょう。

もちろん、気象庁の許可範囲は細かく制限されており、予報業務の制限もあリます。さらに、気象庁に許可されていない天気予報というのもありますし、その情報が高値で取引されている話もあります。これらの非公式天気予報は、公には出ることはありませんが、裏で世界を動かしているのです。

これらの気象データは一般人の生活範囲だけでなく、世界的な動きに至るまでの、すごい範囲で利用されていますので、日本だけでなく、各国もスーパーコンピュータのデータを含めて気象の基本情報は相互に公表されているのはご存知のことだと思います。

もちろん、各国の気象情報は、戦争などの非常時には「国の極秘情報」になるもので、現在で共有されているのはデータの一部なのかも知れません。

各社各様で工夫がいっぱいの天気予報

こういう事もあって、天気予報は工夫されて洗練され続けています。

現在では、1~5kmの格子で計算した結果で天気予報がWEBでみることができるようになっていますので、町村などの狭い範囲での天気予報も簡単に分かるので、非常に便利です。

私の住む大阪府の場合も「市域」ごとの1時間天気としてみることができるようになっていて、それに基づいて天気予報会社は色んな情報を加えて独自の予報を出しています。

しかし、下の例は、天気が安定していそうな、ある9月の大阪府豊中市の例を3社の画面ですが、微妙で内容が違うということを知っておく必要があります。

9月のある日の天気予報比較

完全に同じ項目での比較は無理だったのですが、概ね、ここでのこの日の予想は「晴れ」です。ただ、時間ごと天気、気温の最高値、風向風速などは各社で微妙に違っています。

これは、実際には「どうでもいい値」と言えるかも知れませんが、少し無責任な感じもします。

その他各社の表示画面を見てみましょう。(R2年4月のある日の午前の私の地域の天気予報です)

天気表示画面 tenko.jp NHK

天気表示画面 yahoo msn

天気表示画面 goo biglobe

天気表示画面 ウエザーニュース 気象庁

見やすさの違いや項目内容は各社の工夫が見られます。私は、tenki.jpとNHKのサイトを常用していますし、一番たくさん見られているのは、検索順位から言うと、yahooのサイトのようです。

これらは、以下の様な情報が掲載されています。

気象庁のものはいちばん簡素ですが、背景に非常に沢山の情報があり、それがいいのか悪いのかわかりませんが、それも特徴の一つでしょう。

今日の天気
明日の天気
3時間天気
1時間天気
週間天気
10日間天気
衛星写真画像
天気図
雨雲レーダー
アメダス
PM2.5
気温変化
体感温度
気圧
降水確率変化
降水量変化
湿度変化
風向・風速変化
視界
SNS気象参加
天気概況
生活指数(紫外線・洗濯)
警報・注意報
災害防災情報
花粉情報
露点
特に、ヤフーなどがSNSを通じて、地域の人からの天気状況をあわせて示していることはすごいと思います。

たとえば、概ね「晴れ」の天気予報であっても、SNSで送られた天気報告では、「雨」と報告されているのは、非常に注目すべきことです。

天気予報は計算による結果です

アメダスという言葉は、みんなが知るようになってきていますが、このシステムやその他の電子情報を用いることによって、きめ細かいコンピュータによる天気予報ができるようになっています。

現在では、1~5平方kmごとの予報ができるようになっていて、非常にたくさんのデータの数をスーパーコンピュータで処理をすることから、そのデータが多いほど「予報の計算」が正確迅速になってくる・・・という状況になっています。

大阪府の気象データ位置

大阪府の例では、これらの地点で自動的に収集する実測のデータに、物理学の法則、統計的な数値予報の結果、天気や気温の関係式・・・などを組み合わせてコンピュータの計算によって天気予報が出されていることになります。

しかしこんなに進歩した仕組みを用いても、「天気予報が当たらない」という感じが拭えないのは何かこれだけではない要素があるに違いありません。

現実的に、私の職場と住居は直線距離で3km程度しか離れていないのに、片方で雨が降っていても他方は降っていないということもあリますし、車に乗っていてワイパーを回すほどの雨が降っても、1mm以下の降水では「アメダス」のその場所の1時間状況は、「降雨ゼロ」となっていることがあります。

つまり、「雨が降っていても雨ではない」のは、1mm以上の雨でないと「降雨」と判定しないことが違和感を生む原因の一つですが、1mmの雨は「結構な量の」雨の降り方です。

(注)最近の天気予報では、従来の降雨基準が「1mm以上の降水」であったものが、「0.5mm以上の降水」と報道されているのを聞きます。さらに良くなってきている感じかなぁ・・・と評価しています。

だから、SNSで送られる天気報告には、実況天気が「晴れ」であっても「雨」の報告があがってくるのは、確実に、予報が「晴れ」であっても「雨の地域がある」ということですから、このように地域を絞って天気予報を出すだけでは、100%の満足は無理のような感じがします。

つまり、判定基準を見直すなどの予報する側の問題と、それを見る側の受け取り方を考え直す必要があるのではないでしょうか。

現状は、天気予報の精度を上げることの難しさと「気象のカオス」(1地域の些細な変化が順次にその後に影響を及ぼしてしまうもの)という特性での(今の方法での)限界と言ってもいいので、そうなると、自分が納得するような方法を体得するのが、この「天気予報が当たらない感」を軽減する方法といえるのかもしれません。

・・・ということもあるのですが、最近の天気予報は、コンピュータが支配する気象業務に傾きすぎる懸念もあります。予報が時々刻々に変わりすぎるのです。

予報がコロコロ変わりすぎ

試しに、夏の晴天が続く8月の3日間について、Yahoo天気、日本気象協会・ウェザーニュースの3つのサイトの3時間毎の予報をチェックして書き出してみました。

ちなみに、私の住所は大阪の北部ですが、この時の3日間は、暑い夏の日で、晴天ではなかったのですが、「黒い雲」が出ることもない「晴れの3日間」でした。

その状況の天気予報がどのように推移していたか・・・ですが、細かい内容は別にして、ここでは「前の出した予報と、次に出した予報が変わっているのかそうでないのか」を見てみました。

表のうすオレンジの部分は、前回の予報と「変わっていないところ」です。

これで見られるように、ここではほとんど3時間毎に予報が変わっているのがわかります。

(緑の部分がWEBをチェックした時の予報で、薄黄色の部分は、それ以前の時間のものであることを色分けしています。この淡黄色の部分は、予報をそのまま残しているのか、実情に合わせたのかはわかりませんが、WEBにある数字を書いています)

豊中のヤフー天気例

豊中の日本気象協会の天気予報

豊中のウエザーニュースの天気予報

わかりにくい表ですが、非常に安定した気候の時期であっても、各社それぞれの短時間の予報と週間予報が、ここに示しただけでも、「コロコロと変わっている」様子を見ていただくといいでしょう。

そして、完全に3社が一致していないところも注目しておいてください。

これは3時間天気を比較しましたが、1時間天気になると、1時間毎に内容が書き換わっているのに気づかれるでしょう。

これは人間の所作ではなく、コンピュータのしごとをそのまま出しているからでしょうが、これの是非はどうなのでしょうか?

これでは「予報」というより「天気のご紹介」や「お知らせ」・・・という感じです。

降水確率も便利なのですが・・・

降水確率はよく考えられていて、便利な指標だと思っています。

私の場合、事前準備が必要な行事(野外の行楽やイベント)は「午前7時の時点で40%の降水確率予報であれば見合わせる・・・」という「行動基準」が頭の中にあります。あなたはどうでしょうか?

ともかく私は、この数字で雨かそうでないかを判断して、行事の「やる・やらない」を決めます。

【ここで問題です】あなたは、この予報の日に、夕方から電車に乗って、19時に彼女と食事をする予定です。雨対策をしますか?しませんか?

天気判断のデータ例

「18時以降の降水確率10%」となっているので、傘の準備や雨の服装はしないという人と、「折りたたみ傘を持っていく」「念のために持っていく」など、様々だと思うのですが、「きっとまた予報が変更される」ということが頭をよぎると、雨対策をする人が多いと思います。

しかしこれも、最終は「何の根拠もない自分の決定」で行動するでしょう。

だから、この降水確率についても、問題があるのでしょうが、これが示されていると、自分で最終判断基準が作れるので、便利な指標だと思っています。

ただ、各社画面の例で見るように、降水確率を表示していないサイトがあります。これは、やはり降水確率の問題があるので掲載していない・・・ということかも知れません。

次に、各社の予報の出し方(傾向)もあるような感じがします。

予報が「雨」でも雨がふらない

「晴れ」と言って雨に降られるよりも、「雨」と言って降らないほうがお互いの不利益が少ないので、この事もあって、簡単に「雨マーク」が多めに出ているような気がするのは私だけでしょうか?

私は最低でも、NHK(ウエザーニュースの情報)とtenki.jp(日本気象協会)の天気予報を見比べることにしているのですが、NHKの予報は「雨傾向」、tenki.jpは「晴れ傾向」の予報傾向があると見ています。

これを含めて、自分で「傘がいるか」「自転車通勤するか」を決めています。それで結構当たる・・・と思っています。

このような見方で予報を見ると、結構当たっている感じがしますし、外れてもあまり気にならないので、ぜひ、2つのサイトを見てその特徴を捉えるということをやってみてください。

雲の写真2あなたは曇り予想のこの空で、傘はどうしますか?

一昔前までは、気象庁や気象台の天気予報士は、全国数カ所から送られる気象データで「天気図」を作り、それをもとに、各地の過去の傾向や特徴を含めて天気予報を出していました。

その頃は、(WEBが不十分だったときで、予報業務も解禁されていなかったこともあって)TV各社は同じ内容の天気予報が放送されていました。

それが現在では、少しの気象の変化があれば、アメダスなどの自動計測のデータが、ほぼ自動的にスーパーコンピュータに放り込まれ、ほぼ自動的に、過去のデーターやパターンに基づいて計算されて、どんどんデータを吐き出してくれますので、予報精度は上がっていると言えるかも知れませんが、好き勝手に予報が出されている感じでどうも納得できません。

昔の天気予報が懐かしい・・・

日本では、1884年6月1日に初めての天気予報が発表されました。

このときの「予報」は、「全国一般、風の向きは定まりなし、天気は代わり易し、ただし雨天勝ち」というものだったようです。

それが100年以上たった今日の全国の天気概況は「全国的には、晴れ時々くもり、ところにより一時にわか雨。日本海側は・・・」ですので、100年以上たっているのに、スーパーコンピュータでお金を使っている割には、結果の予測も素人から見ると大した向上感はないのも寂しい感じもします。

しかし、進化していないのではなく、今の天気予報のすごいことは、多くの人手を介さずに「細かい分布と時系列の『定量的』予報」ができるようになっていることはそれなりに評価していいでしょう。そうでないと、現在のような細かい「地方天気予報」などはないのですから・・・。

しょせんは予報・・・は失礼な言い方?

英語では「予報」は forecast  prediction  outlook などで、予想・予言・見通し という感じの言葉で、どうも「きっちりと当てる」というニュアンスは感じられません。

昔から天気予報といえば、TVニュースの終わりと時報の前の数分間、台本に書かれた内容をアナウンサーが読み上げていたのですが、天気図を作るのもすごいことのように思っていましたので、「一生懸命予想しているのだから、はずれてもいい・・・」と、かなり寛容でした。

しかしいまでは、「日本で有数のスーパーコンピュータを使って気象に携わる人が増えている割には、細かい予報を出しているだけで、満足感が乏しい」ということになってしまっています。

気象庁のHPには、非常にたくさんの情報がかなりタイムリーに提供されていますが、素人には解析できるものではないので、TVなどでは、タレント化した気象予報士さんもおられて、それを噛み砕いて説明してもらうと、非常によく分かるようになってきています。

外れたことを話題にするなど、天気予報番組も一つのショウのようになって、十分な持ち時間が与えられていて、天気予報番組はなくてはならないものになってきています。

変に当たらない情報ばかりいっているような気象予報士さんも、いるようなのですが、それでも、しっかりした基本データの沿って、許可された内容のものしか発言していないのですから、現在の状態は「良い状態」と言えます。

そう思って天気予報番組を見れば、「当たらぬも八卦」ではなく、当たらなかったのは、予想される意外の要因が加わったため・・・と思うようになるということでしょうか?

自分の天気予報をしよう

天気予報は100%当たらないと思えば、結局は自分で天気を予想するしかないのです。

80%以上の確率で正しいのですから、残りを自分で補えばいいということになります。

「観天望気(かんてんぼうき)」と言う言葉があります。

自然の現象や生物などの行動から天気を予想することですが、「カエルが鳴くから雨になる」「ツバメが低く飛んだら雨が近い」「リウマチが痛むと雨」「夕焼けは晴れ、朝焼けは雨」などの気象を判断する俚諺ですが、聞いたことがあると思います。

これと天気予報の情報をうまく取り込んで、朝や外出するときには、空を見上げて、雲の感じを見て、天気予報の内容を知って、そして、「傘を持つか持たないか」などを判断すれば、天気予報の精度はあまり気にならなくなるはずです。(みなさんが日常されていることですが・・・)

雲3いつの季節の何時頃でしょう?

人は、他人が言ったことに従って、それがうまく行かないと腹が立ちますが、自分が決断した場合は納得できるので、天気予報をもとに、自分が感じたことで決断するようにすれば、天気予報が少々外れようとも、それはそれでいいと納得できるはずです。

もしも、1時間天気で「13時からの1時間に1mm以上の雨が降る」となっている場合と、「午後の降水確率30%でところにより1時少しの降雨があります」・・・となっている天気予報で、もしもあなたが14時に帰宅する予定であると、あなたはどういう行動を取るでしょうか。

傘を持ちますか? 洗濯物を外に出しますか? 防水の靴を履いてでかけますか・・・。

ここで結局は、自分の判断で行動するのですから、「天気予報が「雨」と言っていたので傘を持ってきた・・・」ではなく、「雨が降りそうなので傘を持ってきた・・・」というように心がけるだけでも自分主体になリますし、外れたときのストレスもすくないでしょう。

結局は、天気予報ってなんでしょう?

「1週間以内に震度6の地震が起こるでしょう」などと予報されると、それは、自分の行動や判断範囲を超えてしまうので困りますが、それでも、現在の火山情報や災害情報体制は大変素晴らしく、自分の身を守るために役立っていると感じています。

それに対して、行動や判断程度が少ない気象予報が、「しょうむない」情報を出しすぎているという感じを持っているのは考えものです。

例えば予報で、午後2時の気温が「31℃でも32℃でも」「風向が北であっても、北西であっても」「湿度が60%であっても63%であっても」・・・これらは普通に行動する上では、どうでもいいことですが、気温が35℃であったり、風速が15m/sであれば大変ですので、通り一遍のフォームにするのではなく、これらは工夫すべきところがありそうですね。

一番大切なことは「気温が季節外れのものでないのか」「降るのか降らないのか」「風が強くて対策が必要かそうでないのか」という程度のことが自分で判断できたり、注意喚起されればいいということで、そういう情報を自分の判断材料に取り込めるような天気予報であることがMUSTでしょう。

ちょっと空を見上げて、「今日は傘はいらない」「布団は外に干さないようにしよう」「長袖にしよう」「植木鉢を下におろしておこう」・・・と「自分の感覚100%で」行動しているとすれば、天気予報はいらないのですが、天気予報を見聞きして、晴れる予報で「パラッと雨にふられる」と、不信感がMAXになってしまうのですが、それは短絡すぎるかも知れませんが、やはり、今の天気予報では満足できないところです。

まとまりの悪い内容になりましたが、天気予報に頼るのではなく、天気予報をうまく利用する方法を自分で見つけると「ハズレ」も気にならないということを言いたかったのですが、どうでしょうか。長い文章をお読みいただき、ありがとうございます。