大阪市科学館のプラネタリウムを紹介します

スポンサーリンク

リニューアルしました。改装前の写真も残しています。(R1.5月)

大阪市の中之島にある大阪市科学館ですが、かつてはこの場所は大阪大学の敷地でした。関西電力の寄付を受けて開館していますが、竣工は1989年でした。H31.4月末にリニューアルオープンしましたが、主な改装では、プラネタリウムの装置が一新しています。

リニューアルされたプラネタリウム新しいプラネタリウムの主投影装置

設備としては、プラネタリウムと全天周映画、そして科学展示場などがあって家族連れで1日楽しむことができます。国立国際美術館に隣接しており、科学と芸術を簡単に楽しむことができます。

大人料金は、プラネタリウム・全天周映画は各600円、展示場は400円です。(改装後も変わりません)

全体的な内容やプログラムは大阪市科学館のHPをご覧いただくとして、ここでは、別の角度から紹介します。

国立国際美術館と隣合わせです

大阪市科学館 科学館入り口

この写真の楕円形の建物が科学館で、パイプのモニュメントのような建物が国立国際美術館です。美術館の展示場等は地下にあります。(外観は、リニューアル後も変わっていません)

私の記憶では、この辺りは大阪大学だったと思うのですが、この写真右手手前には、大阪大学中之島キャンパスの新しい校舎があり、平成33年にはこの近くに、新美術館もできる予定です。

R1.5月の様子

でも、近くで遺跡が発掘されてその調査も行われていますので、工事完了はR3年6月の予定ですが、少し時間がかかるかもしれません。

この国際美術館では、常設展示以外に特別展をやっていますので、いつ行っても、新しい芸術に触れられますので、この科学館とセットで楽しむと、1日コースになるでしょう。

美術館の常設展は430円(一般)ですし、プラネタリウム600円、展示場400円ですので、一般の映画館に行くよりも安いです。

(星空鑑賞とは別に、全天周映画オムニマックスの上映[別料金]もあります。全入れ替え制で、予約方式で券を購入するので、確実にゆっくり鑑賞できます。科学館のHPからも予約申込ができるようになっています)

前身は、四ツ橋の電気科学館

カールツアイス製投影機

地下から入るホール入り口を入ったところに、この科学館の前身の「電気科学館」で使用していた、カールツァイス製の投影機(プラネタリウム)が展示されています。

展示場などが少なかった大阪市内で、「四ツ橋=電気科学館」というほどでした。四ツ橋交差点の北東角に最上階にドームがあって、小学校の遠足で初めてこれで星空を見たのですが、今でも脳裏にあります。子供の頃のイメージでは、すごく大きな装置と思っていましたが、高さも4m程度で今の装置と比べると小さいですが、やはり懐かしいです。

平成元年(1989年)5月に四ツ橋の電気科学館が閉鎖されて、同年の10月にこの中之島の地にこの大阪市立科学館がオープンしました。

電気科学館の跡地に立つホテルヴィアイン現在、電気科学館の跡に立っているホテルヴィアイン

四ツ橋の跡地には、現在はホテルになっていますが、屋上のドームが面影を残しているのはにくいですね。

このような小さい頃の思い出は、いくつになっても覚えていますし、プラネタリウムがあれば行ってみたくなるのは私だけではないでしょう。

玄関前の写真撮影場

大阪市内の小学生が校外学習でたくさん訪れます。この場所で撮った写真が思い出になるかもしれませんね。

私は小学生で、すでに強度の近視だったので、星を見上げても、かすかに数個の星がうっすらと確認できる程度でしたが、このプラネタリウムでは、満天の星が見えました。

こういうことも、やはり、いつまでも覚えています。

地下からホールに入ります

プラネタリウム入り口 上層階は展示場

上の階は科学展示場になっていて、理科化学の展示物がたくさんあり、触れて楽しめるようになっています。(このあたりは、ほとんど変わっていませんので、リニューアル前の写真を残しておきます)

大阪には同様の科学的な展示や紹介をやっている「キッズプラザ」が天満にあります。特に科学は、本で学ぶだけでなく、手で触れたり体感すると、大人になっても忘れませんので、ぜひこれらの施設に小さなお子さんを連れてきてほしいと思います。(展示場は中学生以下は無料です)

入場券の購入、プラネタリウムや全天映画のホール入り口、展示場への入り口などは地下にあります。

新しいプラネタリウム新しいプラネタリウム

投影機1世代前の装置

プラネタリウム(全天映画「オムニマックス」も同様)は45分間の上映で、総入れ替え制です。

リクライニングの座席が300席程度あり、このフランス製の特注椅子がウリのようです。

投影中は投影機が目の前にあっても気になりませんし、吸音性が高いのか、座席に座ると非常に落ち着いた感じになるのが不思議です。

座席

見やすいのは、上部の席です。この投影機の真上は最高の場所だと勝手に思っています。前座席ほど深くリクライニングするようになっており、最上段はリクライニングしない席になっています。ペアで行くなら、後ろの席がいいでしょう。

開設初期の頃は、職員の女性が前方舞台に立ってオープニングトークがあり、「ショーが始まる」という演出感があったのですが、現在は自動音声案内に変わっています。

でも、プラネタリウムの解説者さん(学芸員さん)の声は落ち着いた音で明瞭に聞こえるし、新しい装置では、リモートコントロールができるようになっており、超新星爆発のシミュレーション装置なども加わっています。

適度に温度調節されているので、約45分間をゆったりと過ごせます。

補修された天頂部現在の天頂部のシミの様子

ドーム天井のシミリニューアル前のシミ

ドームは26.5mの世界最大級とPR記事に紹介されています。

この写真は、投影の始まりに説明される「天頂」です。南の空を見るように座席が配置されていますが、この部分がドームの真上です。

内面を球にするために、タイル状のものを積み上げていって、このように集合しているところですが、少しシミのようなものが出てきていたのですが、リニューアルで色を塗ったのか、少し軽減されています。(投影中は全く気になることはありません)

リニューアルされましたが、建物は30年経っています。しかし、そんな感じは全くなく、清潔感は高いですので、機会があればぜひ鑑賞してください。

番外編

科学館の地上入り口の左側に、変わった絵が展示されています。最後に、その中から2つを紹介します。ぜひ、探してご覧ください。

モザイク絵

モザイク絵1/3 モザイク絵2/3

モザイク絵3/3

この絵は、遠くから見ると、宇宙から見た地球ですが、近づいていくと、何やら「モザイク画」のようです。

ぐっと近づいて(コンパクトカメラの望遠で)撮影すると、すべてが異なる写真で構成されているのがわかります。

すごいです。双眼鏡などで、一つ一つの写真を見ると、何か物語も見えてくるかもしれません。

見る場所で形が変わる絵

立体画1/2 立体画2/2

絵の前を、左側から右側(逆でも問題ありませんが)に進んで行くと、キャンバスの中の建物の模型のようなものが、動きに連れて、その見え方が変わる不思議な絵です。

ガラスに顔を近づけてみるとそのからくりがわかるのですが、これは平面の絵ではなく、それぞれの立体的な構造物を画面の中に貼り付けてあるために、見る場所によって、当然、違った形に見えるのですが、こういうことを考える芸術家は、すごい頭を持っているんだなぁ・・・と感心させられます。

そのほかにも何点かの作品があります。季節のいい時に、「中之島散策」のついでに、この科学館によってみられるといいですよ。

私もリニューアル後の様子を見に行こうと思っています。

(来歴)H30.9 文章見直し H31.5 リニューアル後の文章に変更


その他の記事

ANAの飛行機 大阪空港のビュースポットはここ!

ガリレオ温度計3 割れたガリレオ温度計をなおしてみた

スポンサーリンク