千里中央の千里アートロード

北大阪急行と大阪モノレール駅のある千里中央周辺はなだらかな丘陵地で、1972年の大阪千里万国博覧会の開催を機に開発されて発展してきた街です。

ここでは、千里アートロードやそこに設置されたブロンズ像などを紹介しています。

千里中央付近が開発された当時には、このあたりは「一面が竹林」と言われるほど、自然が豊な場所でしたが、今では、「ビル群」が見える町並みとして、「近代都市」ということばが似合うほどに「千里中央」のイメージは変わっています。

こぼれび通りから見た景色千里東公園の池

この池は、新御堂筋線の東側にある遊歩道「こぼれび通り」から見える池で、奥に竹林が広がっています。 この写真の右手には、大阪みどりの百選に選ばれた「千里の竹林があります。

広告

千里八景 ビル群爽涼

新御堂筋の西側で、ビルの立ち並ぶ道に沿って、8つのブロンズ像が設置されています。ここが「千里アートロード」と名付けられた、スマートなビル群を縦断する通りです。

このあたりの風景が「千里八景 ビル群爽涼」に選ばれています。

千里アートロード千里中央駅付近(Google)

千里八景の標示千里八景の標示

ビル爽涼の標示に近い風景標示付近から南側の景色

両側に歩道があり、人通りもあまり多くはないので、ぶらっと散歩するのにちょうどいいロケーションです。

千里アートロードのブロンズ像のある景色

私はこの表示板の「現在地」の地点から、南から北に向かって歩きましたが、ここでは、①→⑧の番号順に像の外観を紹介します。

気に入れば、ぜひ実物を御覧ください。

千里アートロード案内板案内表示板

この表示板にあるように、像は道路の西側に6つ、東側に2つの像が配置されています。

どちらから歩いてもいいですが、①番付近にも、これと同じ表示板があります。

私は北から南下したのですが、③番像の手前に「けやき橋」という陸橋があるので、その近くの信号で反対側(西側)に渡って南下するといいでしょう。

これらを北から南へ、全部見て歩く時間は15分もかかりません。

1. 陽だまり

ブロンズ像 陽だまりブロンズ像 陽だまり

2. 2台の楽器のために

ブロンズ像 2台の楽器のためにブロンズ像 2台の楽器のために

3. HEAVEN’S WOMEN

ブロンズ像 HEAVEN'S WEMENブロンズ像 HEAVEN’S WEMEN

4. まほろば

ブロンズ像 まほろばブロンズ像 まほろば

5. 5月の蝶

ブロンズ像 まほろばブロンズ像 5月の蝶

6. 愛よ永遠に

ブロンズ像 愛よ永遠にブロンズ像 愛よ永遠に

7. にわか雨

ブロンズ像 にわか雨ブロンズ像 にわか雨

8. 語らい

ブロンズ像 語らいブロンズ像 語らい

アクセスなど

千里アートロードへは、大阪モノレールまたは北大阪急行の千里中央駅が便利です。

もちろん、北大阪急行の千里中央駅付近は、各地を結ぶ阪急バスの拠点になっていますので、バスを利用するのもいいでしょう。

大阪モノレールと北大阪急行の千里中央駅は隣接しています。

千里中央駅から千里アートロードに行くには、国道423号(新御堂筋からの延長の道路)を西に超えるのですが、歩道のある場所は限られています。

しかし、上の地図に示したように、適当に歩くと千里アートロードに出ますので、そのあたりを散策するつもりで歩かれるのがいいでしょう。

【参考】表示板にある「現在地」へ行く道を千里中央駅から案内するのは少し難しいために、YAMADA電気(LABI)の北側道路を西に進んで、⑧番から逆に進まれてご覧いただくのがいいかもしれません。

ただ、北側の①番から見ようとした場合に、そこにもここにある写真と同じ案内板があって、現在地の表記の位置が間違っています。気にすることはないでしょう。

この道路は、ツール・ド・大阪の「とよなかウォーキングコース」になっています。(→こちらに記事あり)。

また、駅の東側に位置する遊歩道や公園も、結構楽しめます(→こちらに記事)ので、ぜひ、気軽に、そして健康のために散策されたらいかがでしょうか。