普通とは違う見方で大阪城を見てみましょう

私は大阪城が好きです。

現在の大阪城天守閣は、昭和6年(1931年)に大阪夏の陣屏風に書かれた豊臣時代の天守を参考に作られた鉄筋コンクリート造で、豊臣秀吉が1585年に大阪築城したものから数えると「3代目」の建造物です。

2022.4月の大阪城天守閣

それが、戦争で焼け落ちなかったのは不思議で、天守閣の近くには、大日本帝国陸軍司令部の庁舎(現在の「ミライザ大阪」)や周囲には兵器工場の大阪砲兵工廠などの軍事関連施設がたくさんあったので、絶対に標的になったはずですが、どうも、アメリカ軍の思いやりがあったのでしょうか、天守閣や櫓(やぐら)などのいくつかは戦争に耐えました。




そして、平成7年(1995年)から2年間かけて行われた大改修で、天守閣はエレベーター付きの鉄筋コンクリート造りが、さらに補強されました。

ここでは紹介しませんが、天守閣の北側から極楽橋に抜ける道を行くと、爆撃で城壁が歪んだところや、砲弾痕がそのまま残っているところ(これらの場所には案内板あり)などの、きれいなところ以外の、ちょっと違うところを見みれば、それはそれで、ちがった楽しみ方が出来ますから、大阪城を訪れる際に、これを思い出して、少し寄り道していただきたいと思います。

ミライザ大阪 砲兵工廠跡

改修中の大阪城天守閣

大阪城の地図などは、こちらの記事(トイレの紹介記事)にもあります。また、GoogleMapでもみることができます。

エレベーターの賛否など気にしなくていい

エレベーターが無粋だという人がいます。例えば、2019年(H31年)にG20大阪サミットに来阪した当時のA首相が、「これはちょっと・・・」というようなコメントをしたようなのですが、エレベーターがつけられていることが、そんなに変なのでしょうか?

このエレベーターは、誰もが利用できるものではなく、足の不自由な方などへの少しの配慮のためのものですし、場内にも上りエレベーターがありますが、天守の最上階に行くにも、上から降りる場合にも、全て「徒歩」ですので、むしろ無粋なコメントのように思うのですが、どうでしょう。

利用者用のエレベーター

どのお城もそうなのですが、補強や改造をしないと、昔建てられたままでは、後世に伝えられませんから、見学者のことを考えてエレベーターをつけたり通路を大きくするのも「アリ」と思っていますし、この天守閣に入場するとわかるのですが、大阪城天守閣内は、城郭の内部構造などを見るものではなく、造られたときからすでに、展示場と展望が目的だったので、「外から全体を見て楽しむお城」と思えば、期待ハズレや違和感はないと思います。




下の写真は、西の丸庭園から見た天守閣ですが、エレベーターは見えていますが、それでも、景観を考慮してうまくつくられていると思えます。

それよりも、横のOBP(大阪ビジネスパーク)のビル群とマッチしているかと言われると、そっちのほうが別次元の話になるでしょう。(私はこの風景も好きです)

西の丸庭園から見た天守

ともかく、大阪城を楽しむには、余計なものを外して、いいところだけをイメージでトリミングして見るようにすると、結構、楽しめるお城です。

意外に大きくない天守閣

どっしりと中央に大きく高くそびえる天守閣で高さは約55mもあると聞くと、非常に大きいイメージを持ってしまいますが、周りには、OBP(大阪ビジネスパーク)の大きな建物がたくさんあるので、自分のイメージを勝手に膨らませすぎないようにしないと、イメージ倒れしてしまいます。

KKRホテル宴会場からの景色

これは、大阪城南側にあるKKRホテルの宴会場からとった写真です。

かっこよく写真を取ればそれでヨシ

しかし、何と言っても、大阪城天守閣は写真映えするお城で、そのどっしり感は群を抜いています。その中でも、大阪城天守閣の写真アングルの中でかっこいいと思う場面がこれです。

ライトアップされた天守閣

昼間の景色もいいのですが、夜は、公園を歩くと、ほとんど人通りがないので一人で訪れると不気味ですが、こんな感じで幻想的です。「夜の大阪城」を見る機会があれば、ぜひ足を伸ばして訪れてみてください。(23時に消灯)

ビュースポット

ここでは、少し離れて見る大阪城を紹介します。

1つ目は、桜のシーズンに、昼間とライトアップされる「夜の大阪城」を撮ったものです。お城から北側の大川(旧淀川)沿いの造幣局横にかかる、通称「銀橋」から桜ノ宮公園を眺めています。

銀橋から見た夜の大阪城 夜の景色

銀橋から見た昼間の大阪城 昼の景色

もうひとつは、やはり桜のシーズン限定ですが、大阪の川を巡る水上バス「アクアライナー」に乗ると、この場所で船のエンジンをしばし止めて、この景色を観賞させてくれるサービスをしてくれます。桜の季節は短いですが、チャンスが有れば、川面からの大阪城の絶景を楽しんでください。

アクアライナー推奨の絶景地

コロナによる来園者数の激減

大阪城天守閣入場者は、大阪の有料施設では、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)、海遊館に継ぐ、3番目という統計があります。

2019年(H31年)の統計では、お金を払って天守閣に入場した人は218万人で、お城入館者では日本一となっています。(新しい統計は2-3年遅れに公表されます)

無料の城郭を含めると、トップは金沢城の233万人で、大阪城が3位というのもすごいのですが、2017年度が最高人数だったようで、その後は若干減少気味になっているらしい上に、2020年2月頃からはコロナの影響で観光者(特に外国人観光者)は激減しているのですが、来訪するとはっきりとそれが感じられます。

コロナによる数字の変化は正式な公表を待たないといけませんが、推計統計などでみると、H29年度の天守閣入場者は275万人(実数)で、それに対して、本丸エリアの来園者推計は578万人(約2倍)、大阪城公園への来場者推計は1339万人(入館者の約5倍:1日平均3.8万人)のたくさんの人が大阪城公園に来園しています。

しかし、それがコロナの影響で外国人が来日しない上に、日本国内も外出自粛要請などのために、来園者数は激減しています。その減少の感じを統計から試算をしてみましょう。

コロナ流行前の2019年の外国人来日者数は3190万人であったのが、2020年には410万人、2021年には25万人とほとんどゼロにまで激減しています。 また、日本人の大阪府の旅行者数をみると、2019年1億3332万人がコロナ蔓延が始まった2020年には、4762万人と65%も減少しています。

そして、外人についての平均的な統計によると、来日した外人の24-28%が来阪するといいますから、大阪城の来場者の50-60%が外人観光客と公表されていますので、単純計算では、全来日外人3190万x0.25≒800万人の外国人が大阪府に来なくなり、残りの日本人の推定減少数65%を勘案すると、大阪城公園の年間来園者数は、(1339-800)x0.35≒190万人 となってしまい、来阪する外人すべてが大阪城に来るとしても、コロナ前の15%程度の人しか大阪城に来なくなったことになってしまっている計算になります。

これは実に適当な試算数字ですが、実際に公園内を歩くと、感覚的には、多いときに比べて10%以下に減ってしまっている感じがします。(これが日本全国の観光地も同様の惨状とすると大変です)

以前から撮りためた人が写っている写真を引っ張り出して、その感じを見ると、下のような感じです。(プライバシー配慮で小さい写真にしています)

人の多さ比較

私自身も、コロナで2年以上訪ずれていなかったのですが、ようやく外出を解禁して、園内を約2周、15000歩を歩いたのですが、声を張り上げる中国系の外人がいなくて、聞こえるのは日本語だけなので、非常に落ち着いた感じがしました。 上の2022年の写真は一部分の場所ですが、1/10以下に人が減った状況を感じていただけると思います。



ビルに映る大阪城

次は、ちょっと変わった見方で大阪城を見てみましょう。

大阪城の北側でビジネスパーク(OBP)の西端に、壁が総ガラス張りのクリスタルタワーというビルがあります。全面ガラス張りですので、そこに大阪城が写る場所があります。

他愛ない事かもしれませんが、これがうまく見えると、結構、感動します。

クリスタルタワーに写る大阪城が見える位置

ガラスに写って鎮座する大阪城を見ることができるポジションはガラスの反射面に対してお城の位置と等角度になる位置しかありませんし、上下角度を含めると見えるところは限られています。

私の推奨するベストな位置はオレンジボタンで示していますが、ビルと大阪城を眺めながら公園内を歩き回って、BESTポジションを探すのも面白いでしょう。

ビルに写る大阪城1/3 うまく写っている天守閣

ビルに写る大阪城2/3 少し歪んでい見える天守閣

ビルに写る大阪城3/3

私が探したGOODポジションで天守閣が見える最遠位置は、大阪城野球場グラウンド(太陽の広場)ですが、双眼鏡を持って移動すると、もっと見える範囲が増えるかもしれません。

クリスタルタワーは、ビル全面のガラスに周りの景色が写るように設計されているスマートなビルですが、日によって、クリスタルタワーの窓の状態なのでしょうか、見え方はずいぶん変わるところもまた面白いです。

ビルに写る大阪城 おまけ

これは、ビルの西面に映る大阪城(上の白線とは別の位置)ですが、1枚のガラスには、このようにきれいな大阪城が写っています。

このように、本来、高層ビルと大阪城は似合いそうにないものですが、OBP(大阪ビジネスパーク)が整備されたのは1986年頃と結構古く、私の頭の中では、これらがミスマッチだというような違和感はすでに消えてしまっていますし、OBP自体も整然としたビルが並ぶ、いいところです。

梅林と桃園

大阪城公園には、年中、何かの花が咲いています。

その中でも、個別のゾーンとして、梅(2月下旬見頃)=梅林、桜(3月下旬見頃)=西の丸庭園、桃(4月上旬見頃)=桃園 が整備された見どころといえます。

しかし、1-2月の梅と3月末の桜はニュースで報じられますが、特に、桜と同時期に見頃になる桃の開花については、あまり報じられません。

もちろん、梅林と桃園は、その開花時期には「花を知る人」で賑わうのですが、季節を外れると、梅林や桃園の場所を知る人は多いものの、ほとんど人が中に入って立ち寄ることのない場所になっています。

ちょっと天邪鬼かもしれませんが、ここでは、「梅花時期でない梅林」と「花が咲いていても不人気な梅園」の写真を紹介します。

花のない時期の梅林

不人気な桃園

余談ですがもう一つ・・・梅の話を

梅林入り口に、このような、梅林の説明があり、その中に、百人一首の競技の序歌(試合のはじめに読まれる歌:難波津に咲くやこの花冬ごもり・・・)の説明があります。

梅林の説明書き

この説明では、「今春べ」となっています。元歌は、「今春べ」なのですが、競技かるた(人気漫画「ちはやふる」や広瀬すずさん主演の映画も有名)に合わせて、「今を春べ」としているのでしょうか。この案内板に書かれた内容を知っていると、ちょっと「ハナタカ」さんになった感じになりますね。

大阪城の抜け穴~三光神社

大阪城には、豊臣家が滅びるときに金銀財宝を濠に埋めた・・・ などという噂を、今でも、まことしやかに話す人もいます。

それがまんざら嘘ではなさそうな内容の話しぶりですし、金銀財宝ではなく、抜け穴にまつわる話などもしばしば話題にのぼります。

それはそれで、色々想像できて、楽しめます。

例えば、城壁の周りに目を凝らすと、排水口のようなものが何箇所か見えます。もちろん、これは抜け穴ではありませんし、豊臣時代の大阪城は、落城のときにことごとく破壊されて埋められたというのですから、財宝や抜け穴は「ほぼ無い」というのですが、ここでは、『真田の抜け穴』として知られる、大阪城外の三光神社を簡単に紹介します。

城壁に見える排水溝1?石垣の排水溝

「三光神社」は、大阪城の600mほど南あって、「真田の抜け穴跡」があることで有名です。

三光神社

抜け穴入り口

入り口から撮影した内部

普段は写真のように、鉄扉が閉まっています。この入り口をはいると、すぐに行き止まりになっているようですが、この抜け穴伝説は、絶対に深入りしてしまいそうな楽しさが満載です。

また、抜け穴に関連した、2011年に放映された映画「プリンセストヨトミ」がありました。

三光神社の北西側の空堀(からほり)商店街の一角で「大阪国」への入り口が撮影され、今でもその場所が特定できます。(実は私は、撮影場所の近くに本籍を置いていますから)

「大阪国」は豊臣家の末裔が大阪城の地下に作った寄り合い所ということでしたが、上の写真の白壁の部分がCGで改変されて、大阪城地下の大阪国に通じる事務所になっていましたし、お好み焼き屋さんは完全に位置が変わっていました。

大阪国入り口へ

この壁がCGで入り口に

こういうこともあって、「抜け穴」「お宝」というのは、大阪人の頭の片隅に今でも残っているようですから、「お濠を掘ったら何かがきっと出てくる・・・」と思っているのは私だけではないと思います。

・・・ということで、まだまだ話題はありますが、長くなったので、今回は終わりにします。お読みいただき、ありがとうございました。


(来歴)最終R4.7月誤字脱字の見直し