淀川の起点の謎を探りに、三川合流地点へ

淀川は、滋賀県の琵琶湖から「瀬田川」となって流れ出し、京都府で「宇治川」となり、京都方面からきた「桂川」と奈良方面からきた「木津川」が合流して、「淀川」となって大阪湾まで流れています。

一般的に、河川法によって、終点(河口)での河川名を採用することから、淀川は、瀬田川+宇治川+淀川の75.1kmが「淀川」ということですが、それなら、「淀川の部分」は、どこから始まって、その長さ(距離)がどのくらいなのかが気になります。



令和元年のGoogleMapでは、合流地点付近は、下のように河川名が重複して書いてあって、川の境界がよくわかりません。

さらに、瀬田川、宇治川、淀川の単独距離数を示した数字が見当たらないのも不思議です。木津川については流路延長99km、桂川については、幹川流路延長114kmという表現になっていて、宇治川や、木津川、桂川だけの単独の流路距離は見当たりません。

2019年頃のGoogleMap参照 複雑な川名の表記

河川名のところを○で囲んだ文字で色分けすると、この合流地域では、4つの川名が重複して書き込まれて分かりにくい状態です。(R4年5月時点のグーグルマップの表示はシンプルになっています)




そして、現地を歩いて調査したところ、河川名の管轄や表記は入り組んでいます。

三川合流域

この3つの川(宇治川・木津川・桂川)が合流するところを「三川(さんせん)合流域(または三川合流地点)」と呼ばれます。

この三川合流域の3つの河川を管理する国土交通省の管理区域図をみても、担当部署がかなり入り組んでいますし、県境(この場合は京都府と大阪府)も段違いになって、宇治川の中央で区分けされているので、当然、右岸と左岸で川の名前が違うということが起こることは予想されます。

そうなると、どこから淀川が始まっているのかということを確認するのはさらに大変そうな感じですが、「どこから淀川が始まっているのか」を徒歩で調べてみました。

淀川の水系管理部署

淀川は、「1級水系・1級河川」で、桂川、宇治川、木津川、淀川などは国土交通省の管轄です。

国土交通省 近畿地方整備局 淀川河川事務所が所轄で、その管理地域は、枚方出張所が大阪側境界左岸高槻出張所が同右岸伏見出張所が京都川境界から木津川左岸京阪橋梁までと宇治川合流点から木津川京阪橋梁まで・・・が基本の管理区域のようです。

そして、右左岸で分担が異なっているところもあります。

出張所の組織も、用地第1課(淀川、宇治川、木津川の土地)、用地第2課(桂川の土地)、工務第1課・第2課(改修、土木営繕)、沿川整備課、河川環境課、河川公園課、施設管理課などがあって、それぞれに独自に関係業務を担当していますので、一般の人から見ると、どこが何を管理しているのかわかりません。(もちろん、業務面ではきっちり決まっているはずですが)

詳しくは、国土交通省や淀川河川事務所のHPの資料でもわかりにくいし、歩いてみて道標などを調べてもわかりにくい状態でしたが、それを紹介しましょう。

管理区域 淀川河川事務所のHPを加工

三川合流域に行くには

淀川三川合流域へは、電車では、京阪「石清水八幡宮駅か橋本駅」または、阪急京都線「大山崎駅」が最寄り駅です。

自動車利用なら、木津川と宇治川にかかる御幸橋(ごこうばし)中間付近から河原にある駐車場に止めるのが便利です。

さくらであい館に近い駐車場 御幸橋の途中から駐車場に入る

ここには、三川合流域を紹介する「さくらであい館」の展望台があり、360°の景観もおすすめですし、館内では、三川合流域をうまく紹介するビデオも放映されています。

河川土手には「京奈和自転車道」などが整備されていて、自転車愛好家(ローダー)さんたちがたくさん利用している、いいところです。

さくらであい館 さくらであい館展望塔

私は、広範囲に歩いて調査しようと思ったので、最寄り駅ではなく、手前下流側の阪急京都線水無瀬駅で下車して、桂川右岸を上流に歩いて、県境をこえて淀川の変わり目を調査したあと、宇治川と淀川、木津川と淀川それぞれの右左岸の変わり目を調査し、さらに、淀川左岸の京都府と大阪府の境界まで歩いたあとに、少し引き返して、京阪電車の橋本駅で電車を利用して帰宅しました。

工程では、車道しかなかったり、道のないところを歩いたり・・・と、無駄歩きも多かったので、私の場合は、全工程19kmを5時間半かけて歩いていますので、これは、あまりオススメするようなウォーキングコースとはいえませんが、調査しながらのウォーキングは退屈しなかったことは確かです。

調べた結果は・・・やはり複雑でした

黄色のところに、河川名や河口からの距離などが書いてあり、それを表示しています。

宇治川と淀川の境界がわかりにくくかったのですが、ともかく、私が考える「境界と考えても良さそうな位置」を黄色の点線で書き入れています。(最終は、もう少し絞り込みましたが、いずれも、独断で仮定した境界位置です)

三川合流域の調査結果

そうなると・・・

淀川部分はどこからか・・・という答えは

国土交通省が流域全域を統括していて、桂川、宇治川、木津川、淀川はすべて「淀川」ですから、国土交通省に、「桂川、宇治川、木津川でない淀川はどこですか?」と聞いても、多分、答えが出てこない感じがします。

もしも国土交通省がそれを必要とするなら、もっとシンプルに線引したり、矛盾の無いように道標や表示を管理するはずですが、そうなっていないのは、ある意味で、そのような管理をする必要がないということなのでしょう。

例えば、宇治川と木津川の間にある「背割堤(せわりつつみ)」の先端に、三川合流点を決めている道標があるので、それを基準に管理地域を分割するとか、または、淀川河口0.0kmを基準にして、「**kmまでを淀川とする」などのように決めれば管理が簡単なはずですが、そうなっていないことから、淀川部分の境界を決める合理性・必要性がないということでしょう。

淀川0.0km地点 淀川左岸0.0kmの距離標(こちらの記事を参照)

そのようにして、実際に調べたのが上記の写真に書き込んだ内容ですが、その道標や看板や道路表示を下の写真に対比させています。(小さい写真ですが、イメージとして見てください)

実地調査した写真

それらから、境界になりうるのは、次の2つの見方ができます。

1)三川合流点を統一の境界とする見方
2)各河川ごとの道標などの表示を境界とする見方

これらが実際にどうなのかを見ていきます。




「三川合流点」の道標 = 淀川の起点?

宇治川と木津川の間には、「背割堤」と呼ばれる土手があり、その突端付近の木津川右岸に「三川合流点から0.0km」の道標があります。

三川合流点の道標 木津川距離標0.0km

そこには、「三川合流点から0.0km」+「木津川距離標0.0km」と書いた道標があるので、「変動しやすい河川の地形であっても、とにかくここを基準にしましょう」・・・ということのようですから、ここが「淀川」の起点とするのが一つの見方と言えるでしょう。

もちろん、ここより下流の砂地を歩いていけますので、実際の合流点というものではない「仮の基準点」ということですね。

次に、もう一つの、それぞれの川ごとの境界を探していきます。

淀川と宇治川の境界

背割堤の途中には、下の写真のように、宇治川と淀川の道標があります。つまり、淀川(河口から36.0kmと表示)の上流に宇治川(河口から37.0kmと表示)があるので、(ややこしいことは別にして)この2つの道標の間に河川の境界があると考えてもいいでしょう。

上の写真では、わかりやすいように、この2つの道標の中間点に点線を引きました。

淀川 河口から36.0kmの道標 宇治川 河口から37.0kmの道標

淀川と桂川の境界

桂川右岸は、大阪府と京都府の県境より大阪側(下流)でも、GoogleMapには「桂川」と表示されています。

すなわち、Google地図も、下の、桂川右岸にある「淀川と桂川の境」の表示を「桂川と淀川の境界」と考えているようです。

これとは別に国土交通省が桂川上流の道路に IR0.0(すなわち桂川の起点)を表示しているのですが、一応ここでは、歴史的な意味も含めて、この位置が桂川と淀川の境界だということにしておきましょう。

「これより桂川」の道標

以上で、ともかく、それらしい3つの川の名前が変わるところの位置を推定できました。

淀川75.1kmのうち、瀬田川→宇治川→淀川 での淀川部分は、背割堤の先端の「三川合流点」とすると、河口からおよそ36km程度の位置で、桂川、宇治川、木津川が淀川になっているといえます。

それぞれの川と淀川の合流境界は、わかりにくかったのですが、決めることが出来ましたので、正式なものではありませんが、自分なりには「やった」という感じですが、もしも近くへ行かれる機会があれば、思い出したください。

お読みいただき、ありがとうございます。

→ こちらに、淀川左岸を河口まで歩いた記事を書いています


(来歴)R4.3に見直し  R4.5にサイト分離 最終見直しR4年7月