大阪空港の駐輪場を紹介 2時間無料

伊丹空港(大阪国際空港)駐輪場を初めて利用する方のための情報です。これだけ知っていると、迷うことはありません。現地調査をした情報です。

1.大阪空港内の駐輪場(自転車・バイク)は2ヶ所です 24時間営業で年中無休。
2.最初の2時間は無料で、以降、自転車100円/日 バイク200円/日 です。
3.空港ターミナル前の通路は、自転車を降りて通行しなければなりません。

また、レンタサイクル(シェアサイクル)サービスが始まっています。→こちら

広告

自転車・バイクの駐輪は、南北エリアの2か所

空港の両端2ヶ所に駐輪場があります。 その他の駐輪場所はありません。

バイク・自転車の料金は最初の2時間は無料で、それ以降は有料です。

北エリア(赤色)はJAL側に近く、南エリア(青色)はANAカウンターに近いのですが、北エリアの利用者のほうが多いようです。

空港ターミナル前の通行は、自転車を降りて通行しなければなりませんので、注意ください。




駐輪料金

自転車バイク
2時間以内無料無料
2時間を超えて当日の夜中の0時まで100円200円
以降1日あたり(ただし7日以内)1日100円1日200円

例えば、自転車を1泊させると200円、2泊では300円になります。また、最長7日となっています。

24時間営業で、年中無休です。日付が変わる0時に料金が加算されます。

長期出張などで7日間以上の長期間駐車する場合には、管理会社の「パステルさん06-6253-8814」に相談すると便宜を図ってもらえるようです。また、ここでは説明しませんが、一般の方でも「南エリアの定期券」がパステルさんのHPから購入できます。

ラック式とゲート式

ラック式とは、スタンドに差し込む駐輪方法のもので、自転車専用です。太いタイヤはだめです。(後に使用説明あり)

ゲート式とは、入口の発券機を通って、駐輪場エリアに入れる方式のことです。

南のゲート式エリアは、バイク専用です。ゲート内には、自転車を置く場所も用意されていませんし、2時間を超えると自転車であっても、200円の料金になります。

北側のゲート式エリアは、自転車とバイクを判別する機械があり、どちらも利用できます。料金も自動分別されています。

北駐輪場は自転車用ラック式が100台しかありません。ラックは、隣の自転車との間隔も狭い感じで入れにくいので、重い自転車はゲート式の広い駐輪場を利用するのがいいでしょう。

このように、ここでは、ゲート式、ラック式という言い方で説明します。



北エリア「北駐輪場」(写真に赤で表示した場所)

自転車は、ラック式に100台駐輪できます。また、どなたでも、ゲート式駐輪場を利用できます。(価格はラック式と同様に2時間無料、以降1日100円 バイク200円)

子供を乗せる電動自転車は重くて大きいのでラックに入れにくいので、ゲート式(入口から駐輪ヤードに入る方法)のほうが簡単ですし、安全です。

また、太いタイヤも抜けなくなったりタイヤを傷つけるので、ラック式に入れないように注意書きがあります。

場内では、バイクと自転車置き場が区分されているので、表示を見て駐輪します。(絵で表示)

北ゲート式駐輪場入り口

入口手前に自転車かバイクかを自動判別する「検知板」があり、その上にタイヤを乗せると、自転車かバイクを判別して、駐車券が発行されます。

車輪の形状によっては誤動作する場合の注意書きがあります。 精算時に金額が誤表示した場合は、出口横にある電話を利用してコールセンターに連絡することで遠隔操作で対応してくれます。
(出口に異常時の出場方法の表示があります)

 

南エリア「南駐輪場」

南駐輪場

写真の右が自転車専用のラック式、左側がバイク専用のゲート式(ここはバイク専用なので注意)です。

太いタイヤの自転車をラックに入れないように注意書きされています。太いタイヤをラックに止めると、抜けなかったり、タイヤに傷がつくようで、太いタイヤは、北側のゲートエリアを利用してください・・・と表示されています。(南エリアのバイク専用のゲート式エリアは、自転車の駐輪場所が設定されていません。注意ください)

ゲート式エリア(駐輪券が発行されます)式はバイク専用です。 自転車を停めることもできますが、場所指定がないので、止めないほうがいいでしょう。
また、2時間無料ですが、それ以降はバイク料金となり、自転車であっても、200円/1日 になります。


関西エアポート(株)が空港運営するようになって、H29年9月から、無料駐輪場が廃止になり、その後、駐輪場が整備され、2ヶ所に集約されて全部有料化されました。(最初の2時間は無料です)

以前に駐輪場だった大阪モノレール下や北貨物横の駐輪場はすでに廃止されています。




北駐輪場に比べて、南駐輪場はかなり空いています

比較的空いている南ラック式駐輪場

北・南駐輪場から中央ターミナルまでの距離は両方共、同じなのですが、南よりも北駐輪場側の人通りが多く、北駐輪場の駐輪ラックはすぐに満車になります。(ゲート式が利用できます)
北駐輪場(北駐輪場のゲート)

北エリアはバイク置き場に自転車も入れることができます。(置き場は区分されています)
ラックが一杯で停められない場合でも、ゲートの表示が緑の丸になっていれば、バイクも自転車もゲート式の駐輪が可能です。

入場ゲートで駐車券をとって入場します。(自転車は100円/1日:2時間まで無料)

出るときは、横の精算機の出口から出ます。

自転車のラックは北エリアに100台、南エリアに300台分あります。
いずれも2時間まで無料で、以降100円/日です。

ただし、北バイクエリアのゲート式エリアは自転車もOKです。(しかし、南のゲート式エリアは自転車も2時間を越えると200円です。太いタイヤの自転車は、北エリアを利用します)

バイクは全て、専用エリア(=ゲート式駐輪場)に入れます。(自転車用のラックには駐車不可です)

駐輪設備は、大手メーカー「アマノ」製ですので、各所にあるものとほぼ同じですので、誰でも知っていると思うのですが、わかりにくいのか、戸惑っている方がおられます。

・・・駅前などの駐輪と同じようですが、大阪空港の駐輪場は、案内や説明が親切ではありません。わかりにくいので、簡単に使い方などを次に紹介します。

 

ラック式に駐輪をしてみましょう

空いているところを探して、溝に入れるだけです

開いているラックに前輪を入れます

この駐輪機を『ラック式』と呼んで以降の説明をします。

空いているところを探して、この溝に入れるだけですが、電動自転車で子供を乗せるタイプは「重い」ので、高い溝でなく、低い方に止めるようにしましょう。太いタイヤは、トラブルのもとです。

できるだけ、南エリアではなく、北エリアの駐車券で中に入るゲート式の駐輪場を利用しましょう。

今回は、真ん中の低い方の、この「234番」に止めてみます。

両側に自転車があると止めにくいので、無理に入れようとして、怪我をしないように注意ください。精算機から離れると空きが多くありますので、混んだところを避けるか、北エリアのゲート式を利用しましょう。

南エリアには精算機が2ヶ所あって、どちらの精算機でも精算ができます。

入れると黄色い爪が出てきます

タイヤを正しく入れると、「黄色いツメ」がでてきます。
約5分間は「ロック」されていません。ランプが付いた状態で、出し入れ自由です。

ロックされるまでは、何度でも簡単に出し入れできますが、ロックされてランプが消えた状態では、精算機で精算しなければなりません。

最初の2時間は無料で、無料時間内であれば、精算するとロックが外れます

必ず鍵をかけましょう

鍵をかけるのを忘れないように。他人が精算すると、誰にでもロックを解除出来てしまいます。

機械側がロックしてくれていると思って、安心すると、盗難に会う可能性もあります。

暗証番号を使ってロックができます。その方法は黄色い精算機に方法が書かれていますので、それに従ってください。

きっちり溝に入れないと大変です

きっちり押し込まないでこの様にタイヤが挟まってしまうと大変です。この状態で自転車を動かすと、タイヤやリムを痛めてしまいます。5分間はロックされないので、最終確認を怠らないように注意ください。

このように正しく固定されていなくてロックされてし待った場合は、2時間以内は無料ですので、一度精算してロックを開放して、正しく入れ直すのが無難です。

精算前には絶対に無理に引っ張らないようにしましょう
2時間経っていないからと言って、精算機で精算せずに、無理に引き出す人がいますが、ロックがかかっているので、確実に自転車の車輪に傷がつきます。

これも自己責任ですので注意しましょう。

停めるときはこれだけでOKです。もう一度鍵をかけたことを確認します。(5分後ロックされてランプは消えます)

安全のために暗証番号を使ってロックしたい場合には、精算機で操作します。

5分たつと爪がロックされ、ランプが消えます。

ランプが消えているときにラックから出すときには、精算機で自分の番号を押して精算するだけです。

2時間無料です。目一杯、利用しましょう。そして、時間が過ぎても、夜中の12時まで100円と安いですし・・・。

5分ほどすると、下の写真のように、緑のランプが消えて、ロックされて「抜けなくなります」

ロックされるとランプが消えます

入れて(停めて)から2時間以内は無料ですが、ロックが掛かると、精算機(黄色いボックス)でロックを解除する操作が必要です。(必ず精算機のところで操作して、「精算」しないといけません)

ランプが付いておれば自由に引き出せます。しかし、いったんロックがかかれば、引っ張っても抜けません

盗難防止は「暗証番号登録」よりも、まず施錠

他人が精算機で番号入力すると、誰でも開けることが出来てしまいます。

鍵をかけていないと、誰でも簡単に開場できるので、持ち去られてしまうかもしれません。

誰も補償してくれませんので、鍵をかけることを忘れないように

精算機で暗証番号の入力操作をするとさらに安心です。

(ほとんどの人は、この操作をしていないようですので、この説明はしませんが、精算機に番号登録方法が書いてあります。それに沿って操作します)

無料時間内でも、出すときは必ず「精算」操作が必要です

たまに、2時間以内で無料時間内だからと思って、無理に引き抜く人がいますが、ロックが掛かっていますので、引き抜くことはできません。

精算するとランプが点灯して、ロックが外れます。もちろん、2時間以内は無料です。

精算機

これが「精算機」です。前に立つと、音声で案内してくれます。

精算

「車室番号を入力して精算キーを押してください」と自動音声案内があります。 「車室番号」とは停めたNoで、今回は234でしたので「2・3・4→精算キー」を押すと、金額が表示されます。2時間以内は無料です。お金を入れて精算すると、ラックのロックが開放されますので、自分の番号の自転車を引き出します。

5分放置すると、再ロックされます。この場合は、もう一度精算機に言って操作が必要になりますが、2時間以内ですので。料金は無料です。

領収書が必要なら、緑の領収書ボタンを押します。

丸印は駐輪できるサインです

緑の丸は駐車可のサイン

このような「マル」が見えておれば、どこかのラックが空いていることを示しています。空いたところに入れることが出来ます。

北エリアでは、ラック式駐車場が赤い「バツ」印になっていても、ゲートエリアは余裕がありますので、そちらに入れましょう。

重い「電動のママチャリ」や、少し太いタイヤの自転車は、はじめからそちらに停めるほうが安全・安心です。

 

たった駐輪するだけですが・・・わかりにくいようです

説明書きが見やすいところにないので「わかりにくい」と思います。精算機に説明が書いてありますが、わざわざ精算機のところに行って読むこともないでしょうから、もう少し表示がほしいのですが、・・・。

読んでも分かりにくい案内板

こんな看板もあります。読まれた方も少ないと思いますが、実にショウムない内容で小さな字ですし、さらに書いてある内容は、全くお客様に役立つ内容ではありません。ここに、見やすいイラストのような「利用手順」を書いてくれたらいいと思います。お役所仕事の感じがします。

大阪空港の駐輪場の管理は、関西エアポート(株)がオリックスパーキングに依頼して、実際の管理は「パステル」という会社が担当しています。

現在、(南駐輪場使用に限り)一般の定期利用をホームページで取り扱っています。一般の方は定期は必要ないと思いますが、詳しく知りたい方は、パステルさんのHPを御覧ください。

昼間は駐輪担当者がおられるので、わからないことがあれば、聞くと丁寧に教えていただけます。

夜間や担当不在の場合は、精算機の横の「電話」でやり取りします。24時間対応しているとのことでした。

大阪空港のシェア(レンタ)サイクルのサービスを簡単に紹介します

豊中市もバックアップして、試験的に実施している電動自転車の時間貸しです。扱い箇所(ステーション)がたくさん増えてきています。大阪空港ではステーションが南駐輪場南端に1箇所あります。

【駐輪場所】大阪空港の南駐輪場の南端(バイク駐輪場入口付近)です。

【利用】こちらのHELLO CYCLINGのHPからダウンロードしたアプリなどで事前会員登録が必要です。事前登録済みのICカードでもOK

ハローサイクリングのシェアサイクル

利用は「事前登録」が必要で、スマホで検索予約が基本ですので、スマホが必携です。ICカードを登録すれば、予約・スマホ無しで利用できる便利さもあリます。

WEBやアプリで会員登録→豊中では75ヶ所もある「ステーション(駐輪場所)」を検索して予約→貸し出し→提携ステーションのどこでも返却

空港周辺のサイクルステーション

空港周辺のステーションの位置(ハローサイクルのHPより R4.4月)ですが、たくさんあって便利になってきました。

スマホアプリがあれば、最寄りのステーションが簡単に探せます。

(ハローサイクリングを利用する場合は、こちらのハローサイクリングのHPを御覧ください。)


(来歴) H31.1 文章作成  R4.3に見直し R4.5月サイト移転 最終R4.7月に見直し