大阪の360度が一望できる南港コスモタワー最上階展望台

さきしまコスモタワー」は、高さ256mの、大阪南港にある超高層ビルで、その最上階に「さきしまCOSMO TOWER展望台」があります。

大阪万博会場やUSJなど、360度展望

このビルは、38階までが大阪府咲州庁舎になっていますが、55階(最上階)にある、この展望台には、庁舎とは別の専用エレベーターで登るようになっています。

下のグーグルマップで見るように、あたりを見ても、飛び抜けた高さですし、展望台は、ガラス張りで作られているので、近くのUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)や2025年万博開催地の夢洲(ゆめしま)、海遊館・・・などが360度で展望できます。

天気が良ければ、遠く淡路島や明石海峡大橋も望めます。

南港俯瞰GoogleMapよりGoogleMapより

展望台の名称は、さきしまCOSMO TOWER展望台

この、高さ250mを、真下から見上げたこの写真からは、展望階部分の全貌は見えていませんが、右側の登り専用のシースルーエレベーターを使って、最上階まで直通します。

大阪咲洲庁舎 WTC 展望台

大阪府庁がここに入居する前には、このビルはWTC(ダブリュー・ティー・シー:ワールドトレードセンター)と呼ばれていました。

PR


最寄り駅は大阪メトロ南港ポートタウン線の「中ふ頭駅」か「トレードセンター駅」で、駅から歩いて数分ですが、その他を含めて見学するなら、自家用車が便利でしょう。

自家用車で回る、その他の見どころとしては、展望台の裏手の「ミズノスポートロジーギャラリー」(無料、ただし会社施設なので土日祝は定休 10:00~17:30)や 野鳥園、フェリーターミナルなどがあり、それらは無料です。

ベタな言い方ですが、結構いいところですので、ぜひ、グルっと回って立ち寄って見てください。そしてまた、IKEA鶴浜も近いので、自家用車を利用して、家族連れでも丸一日楽しめますので、計画してみてください。

最寄り駐車場と駐車料金

コスモタワー周辺駐車場Googleより

地下駐車場 30分300円(平日最大1000円、土日祝1500円)
ATC駐車場 30分200円(平日最大800円、土日祝1000円)
タイムズコスモスクエア第3駐車場(平日最大500円、土日祝700円、特定日900円要注意)

その他の立ち寄りも予定に入れましょう

乗用車であれば、野鳥園(駐車無料で展望塔から季節の鳥たちを見ることができます)、ミズノスポートロジーギャラリー(裏手のMizunoビル1Fの無料ギャラリー)、ATC(駐車場が安い。食事や買物が楽しいところです)、夢洲(万博会場です。自家用車で島内の通行OKで、話のタネになりますよ)、IKEA鶴浜(話題の多い店舗で、年中無休、駐車無料です) などをあわせて予定を立てるのはどうでしょうか。

コスモタワー地下駐車場よりも、ATC駐車場のほうが駐車料金が安いので、ATCで食事して、歩いてコスモタワーに行くもアリですね。

また、付近のタイムズの駐車料金は、普段は安いのですが、特定日には注意が必要です。つまり、インテックス大阪などの、近辺施設で、何らかのイベントが有る日には、勝手に、金額の上限設定がなくなリますので注意が必要で、もしも、タイムズを利用するのなら、事前のHPチェックをしておきましょう。

PR


夜景もまたいい・・・22:00まで

コスモタワーの係員さんの話では、昼に展望して、もう一度、夜に再入場して、夜景を楽しむカップルも多いとか・・・。(1回だけ再入場ができます

また、こちらのAkippaサイト でいい所があれば、事前の駐車予約をしておくのも得策です。(無料会員登録が必要ですが使い慣れると結構便利ですので、時間がある時にチェックを)

コスモタワー展望台は大阪府庁とは完全に分離

大阪府の庁舎が入居していますので、少し前までは、この展望台の正式名称は、大阪府咲洲庁舎展望台でしたが、現在は、さきしまCOSMO TOWER展望台 という名称になりました。

大人800円:11:00~22:00 月曜定休:HPで要確認。

大阪府の庁舎として利用される前からあったものですので、もちろん、大阪府庁舎とは完全に隔離されています。

地階にある専用ゲートを通って入場して、高速のシースルーエレベーターと長いエスカレーターを乗り継ぐと、一気に大阪湾が一望できる展望台に着きます。

外の景色を眺めながら一気に上昇しますので、上りは非常に爽快です。

帰りはシースルーエレベーターには乗らないで、51Fから、別のエレベーターを使うようになっています。

大阪周辺では、第3位を誇る高さ

大阪では、ビルの高さで言えば あべのハルカス が300mと最も背が高く、この庁舎のビルの高さは256mで、大阪第3位(R5年1月現在)です。

あべのハルカスができるまでは関西国際空港に近い「りんくうゲートタワービル」が1位でした。りんくうゲートタワーは、256.1mで、この建物が256mと10cm低い3位になっています。

1位のあべのハルカスも「横浜みなとみらい」にあるランドマークタワー(296m)を意識して300mにしたらしいですし、りんくうゲートタワーもこの庁舎ビル(以前はWTCビル)よりも10cm高くしたという、大阪人特有のケチ臭い感じがプンプンしますが、これを「単なるネタ」にするためのものだったのかもしれません。

PR

800円の値打ち・・・あり!

「週末の夜はカップルでにぎわう」・・・と、展望台の中にある、ティールームで働く女性が話していましたが、当日は1回の料金で1回再入場できますので、時間があれば、昼間の展望を楽しんだ後に、すぐ横にある「ATC」などで食事や買い物を楽しんで、その後、再度夜景を見に来ることができます。(営業は11:00~22:00 :HPを事前に確認ください)

晴れておれば、昼間は素晴らしい展望ですし、夜はまた違った雰囲気が楽しめます。

南港大橋方面の展望

展望台からは、近くの施設が眼下に広がります。 何よりも、2025年に予定されている関西万博の会場が俯瞰できます。 また、360度で大阪平野が一望できますし、目を凝らすと、かすかに西方向に明石海峡大橋や淡路島も見えます。

北には六甲山系が、東には生駒山地が、そして、南には葛城金剛山系などが眺められ、ぐるっと展望台を一周すると、大阪平野の先までが一望できる素晴らしい景観です。

空気の澄んだ季節で、天気の良い日を狙って来るのが最高で、デートコースにも絶対のおすすめです。双眼鏡を持っていくと、楽しさが倍増します。

展望台からの景色

大阪は人工島によって広くなった

この南港自体の、この辺りの陸地のすべては人工島です。

埋め立てによって土地が広くなったおかげで、大阪府の面積が香川県を抜いて下から2番目になったのですが、下から3番目に面積が小さいのが東京都で、下から4番目は沖縄県・・・ということも知っておけば話題性がありますね。

展望台からの景色展望台からの景色

この写真は展望台から見た「夢洲(ゆめしま)」です。後ろには六甲山系、左奥には、淡路島方面が見えています。(万博開催決定前に何となく撮影した写真です。写真にはうまく写っていませんが、肉眼では明石海峡大橋が見えています)

南港の地図(Google)GoogleMapより

このグーグルの地図では、夢洲の詳細は表記されていませんが、道路はあって、私も島内を通過したことがあります。南港側からは海底トンネルでつながっていますが、万博開催に当たって、アクセスは変わっていくでしょうから、最新情報を確認して訪問ください。

先にも紹介しましたが、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンも近いですし、付近では、野鳥園、IKEA鶴浜、おおきにアリーナ・・・等もあります。 ぐるっと廻ると1日楽しめそうですので、計画して、咲洲庁舎の展望台を含めて、南港を回ってみてはいかがでしょうか。

双眼鏡をお持ちの方は必携です。手軽なサイズの8倍程度のもので十分ですので、チェックしておくといいでしょう。結構楽しめますよ!

 →Amazonでコンパクトな双眼鏡を探してみませんか!


(来歴)2017年9月記事作成  R3.5月表題変更  最終R5.9月に見直し

error: Content is protected !!