クリーニング利用状況を調べてみました(2/4)

スポンサーリンク

このページは2ページ目です。 → 最初のページへ

  1. クリーニング店は苦戦中
  2. お客さんから見たクリーニングは?(このページ)
  3. 新しいサービスの模索と客数の確保
  4. これからのクリーニングは?

2. お客さんはクリーニングをどう見ている?

【利用割合は依然高いけれど、出す金額は減っています】

H25年の調査では、1年間に80%の人は何らかをクリーニングに出しています。逆に言えば、全くクリーニング店を利用しない人(家族)は20%いるということです。(下左のグラフ)

利用者で1年に1回以上クリーニングを利用する人は52%で、月1回以上利用する人(ヘビーユーザー)は全体の33%となっています。(下右のグラフ)

このようにクリーニングはかなり生活に密着したサービスと言えます。

ビジネス用の服類を週1回以上出す男性が14%もいることに驚きました。
仕事で着るワイシャツやスーツをクリーニングに出す人は、ヘビーユーザーになっているのですが、私の周囲にも、「比較的安価できれいな感覚になる」と言って、定期的にワイシャツを通勤途中のクリーニング店に出す方がおられるので、この数字はなるほど・・・とイメージできます。

支出額(クリーニング代)を見ると、H5年(MAX)に1世帯当たり年間平均1.9万円使っていたものが、H22年のデータでは0.8万円まで半減しています。

これは2014年の統計で(グラフなし)、その後も減少傾向があるので、近年ではもっと減っているのでしょう。

世帯数は20%増えているものの総需要規模は4200億円でH5年の8200億円から見ると半減しています。つまり、年々「クリーニングに出さなくなってきている」と言えます。

クリーニングの年間利用者 クリーニングの利用頻度

【満足度は高い。そして、有料であっても付加サービスは利用されている】

利用者の80%がクリーニングに満足しており、あわせて、汗抜き(21%)、撥水(20%)、デラックス加工(11%)、折り目加工(9%)の付加加工を利用しています。特に折り目加工の満足度が高いという結果になっています。

反対に4%前後の人が何らかの不満を持っており、先の調査では顧客側の原因を含めて、クリーニング店では30%の店舗で1店舗当たり毎月2.1件のクレームが、また、取次店では70%の店舗で毎月5.0件のクレームが発生していることを見ると、この数字からはトラブルが少ないとは言えないようです。

有料・無料のシミ抜きや修繕サービスに対する好感度が高く、40%程度の人が利用していますし、その80%近い人が満足しているという結果が出ています。皆さんはどうでしょうか?

【クリーニング店を利用してよかったこと・悪かったこと】

項目をピックアップすると、

よかったこと:誕生日特典、革靴のクリーニング、保管時のアドバイス、保管サービス、接客・・・

不快に感じたこと:接客、料金、染み抜きが不完全、追加サービスをすすめられること、サービス内容や料金がわかりにくい

・・・などが記述項目として上がっています。

確かに、この不快の項目については、クレームまでは行かないものもあるはずなので、まだまだ改善の余地があるということでしょう。

【併設業務】 クリーニング店は下のようなサービスを併設しているようです。

私の近所にもいくつかを併設しているところがあります。何かあるほうが便利ですね。

クリーニング店が行うサービス

【クリーニングに出さなくなってきた理由】

クリーニングを出さない人にその理由を聞くと、

①家庭での洗濯が容易になったこと(洗剤、ノーアイロンなどの素材の高機能化)
②低価格カジュアルファッション化したこと
節約や衣替え習慣がなくなってきたこと

などをあげています。

これについて、クリーニングに出す人の調査統計はありませんでしたので、なんとも言えませんが、私の家庭でもクリーニングに出す回数が減ってきていますので、上記の傾向は十分考えられます。

今の洗濯機の性能は向上していますし、衣替えがなくなったことやクールビズなどでクリーニングに出すほどの「最上級仕上げ」をしなくてもよいスタイルになってきていますので、皆さんもおおむね同じ考えではないでしょうか。

【1回の利用金額は?】

統計数字では、衣替えの時期は5千円以上の品物を出すことが多く、通常時期は1500円までという人が多いようです。

この支出額は前年も今後も変わらないと答えた人が最多ですが、前年に比べて金額が増えた人に限ってその理由をみると、

スーツや礼服を着る機会が増えたこと
クリーニングの良さを知ったこと
ダニに敏感になったこと
宅配サービスが便利なので

・・・などがあり、宅配が上位に上がっていることに驚きます。

この宅配は、出来上がったクリーニング品を家に運んでくれる、従来のお届サービスですが、たしかに、私の場合は、取次店に出した品物の引取をおっくうに思いますので、昔からのスタイルを好む人を大切にしないといけないということでしょうか。

生活様式の変化があっても、求められるサービスが支出額に反映する内容のように読み取れます。

反対に支出金額が減った人についての理由は、

①消費を抑えるため
②洗濯機を変えたため
③生地を変えて自分で洗ようにした…

などがあります。今どきの洗濯機は、確かにすごい性能ですから、クリーニング店にとってはますます脅威になってくるのでしょうね。

次のページでは、新しいクリーニングサービスについて紹介します。

→ 次のページへ


宅配クリーニング これから伸びるか? ネット宅配クリーニング(1/3)

ゲイシャのラベル パナマ・ドンパチ・ゲイシャ 飲みました

スポンサーリンク