大阪空港を1周回ったけれど飛行機のビュースポットは結局2ヶ所

大阪空港の正式名は大阪国際空港ですが大阪の人は「伊丹(いたみ)空港)」といいます。

着陸してくる飛行機を見るビュースポットはL32誘導路のすぐ横を流れる千里川の堤防から見るのが有名ですが、その他も含めて、大阪空港を一周りして飛行機がかっこよく見えるところを探してみました。

結果は意外でしたが、その「千里川土手」と、空港ターミナルビルの反対側にある「伊丹スカイパーク」とそれに続く「スカイランドHARADA」以外では、絶好のビュースポットはありませんでした。

 

これは私が豊中市に住んでいる地の利を生かして、どこにでも入っていける自転車に乗って大阪空港(伊丹空港)を一周りしたレポートです。

自動車で行くなら、周回道路には駐車場がありません。スカイランドHARADAの駐車場に車を止めて、最高のビュースポット2箇所に足を伸ばしてみるのをおすすめします。

ともかく、公共交通の便が悪いので、遠くからこられる方は自家用車を⑦か⑧の駐車場に止めて、⑦⑧⑨あたりで楽しまれるのが最もおすすめです。

大阪モノレールを利用する方は、蛍池駅でおりて、駅備え付けの「レンタサイクル」で⑨千里川土手 に行くのも一つの方法です。(注:レンタサイクルは、大阪空港駅にはなく、蛍池駅でも、2台ぐらいしかないときが多いので、駅に問い合わせてみてくださいね)

調査したビュースポット

この印の中で、公園や施設として整備されているのは ②エアフロントオアシス下河原 ⑤⑥⑦伊丹スカイパーク ⑧スカイランドHARADA ⑪⑫⑬空港内展望デッキ だけで、その他は道路上や私有地から柵越えで見ることになります。

駐車スペースがないと危険ですし、自転車であっても、写真を撮ろうとしていると、警備員に退去するように言われた場所もありました。(そこはこの図から削除しています)

整備されたところから見るのをおすすめします。

千里川土手は、見るだけなら退去を要求されたことはありませんが、コンビニもトイレも何もありません。

広告
広告
広告

①給油ステーション北側の駐車場

大阪空港の北ターミナル(JAL側)から北に行っても、大きな壁や建物があって、駐機している飛行機は見えません。どこまで行くと見えるのかなぁ・・・とたどり着いたのがここです。

飛行機燃料の給油ステーション入り口付近やレーダー設備北側の駐車場などでは囲いのフェンスまでしか行けません。そこから写真だけを撮らせていただきました。

給油ステーション入口付近 レーダー設備北側の駐車場から

この場所は、整備場や格納庫があるところで、展望は良いのですが、駐機している飛行機があるだけですし、ほとんど飛行機が動いていないので、面白味がありません

また、阪神高速11号池田線の高架下を北に進むと、そこは公道ですが途中で行き止まりになっていて、公園に整備されている「エアフロントオアシス下河原」には出ることが出来ません。

空港北側からは滑走路から離れているので、結論的には良いスポットはないと言えますが、G20サミットの時にエアフォースワンや政府専用機などはJALやANAの駐機場に止まっていますので、それらが見える場所なのですが、そういうときは係員や警官が張り込んでいて近寄れませんので、あまり期待できる場所ではありません。

自家用車で「エアフロントオアシス下河原」に行くには、北側に回って、国道171に出て、箕面川の左岸を入っていきます。

駐車場への標識などもありませんので、カーナビか、事前に地図で確認ください。

②③エアフロントオアシス下河原

下河原緑地の無料駐車場が利用できます。(小さいスペースのために、週末は混雑して駐車しにくかもしれません)

飛行機を見るには、この緑地の展望台と滑走路の先に観覧スペースになります。そこが「エアフロントオアシス下河原」で、この間は、歩いてもすぐです。

下河原緑地 下河原緑地展望台

展望台からのビュー

通常はこちら側の滑走路は「離陸側」になっています。

たまに風向きに寄って離陸側と着陸側が入れ替わることがありますが、それに遭遇するチャンスはめったにありません。

ここは滑走路の端に位置しているので、ここから見える飛行機は、すでにかなり高くあがってしまっていて、いまひとつ迫力に欠けます

公園ですので子供の遊具などもあり、きれいに整備されていて、緑に囲まれて日陰も多いので、お子さん連れなどにはいいでしょう。

エアフロントオアシス下河原 エアフロント展望スペース

駐車禁止です 展望スペース遠望

ターミナルに近い、短いほうの滑走路(写真左手)に近いので、そこから離陸する飛行機はすこし見やすいものの、イマイチです。

④長い滑走路の延長上

滑走路の延長上

この場所は、エアフロントオアシス下河原から歩いてすぐです。道路(公道)上から見ることになります。

柵があるのが気になりますが、この真上を飛行機が飛びます。でも、100m近く上にあがっています。双眼鏡があれば、迫力満点ですし、私は見たことはありませんが、風向きが変わって着陸側になれば、迫力は倍増すると思います。

道路上ですので、駐停車厳禁です。この場所は伊丹市で兵庫県警の管轄ですが、土日には、しつこいくらいパトカーが巡回しています。

 

ここから次に紹介する「伊丹スカイパーク」までは、空港に沿って道路があります。飛行機も見えるのですが、車の通行が意外と多いので、脇見などせずに、安全に注意してください。道が細いところもあり、車を停車させての見学はやめたほうがいいでしょう。

⑤⑥⑦伊丹スカイパークと⑧スカイランドHARADA

ここは、防音や環境対策のために作られた公園で、広い範囲で飛行機を見ながら散歩などを楽しめるようになっています。古い昔の記憶では、土塁などはなかったので、丘を造成して整備したのでしょう。

少し高い目線から若干見下ろす感じで、飛行機がよく見えます。

⑤北 ⑥中央 ⑦南 と、広い駐車場があり、駐車料金は20分100円とリーズナブルで、売店などもありますので家族連れには最適でしょう。自転車は無料です。

北への離陸と南からの着陸が楽しめます。

飛び立つ瞬間は「北」寄りのゾーンが飛行機を真横から見えるのがいいですし、「南」寄りのゾーンでは、離陸時の全力噴射して滑走して浮上する瞬間や、着陸してた減速するための逆噴射音が楽しめます。

迫力のあるのは「南」寄りのゾーンです

このために、車でのおすすめは、「南駐車場」「HARADA駐車場」に駐車して、中央~南~HARADA の間を歩きながら、いろいろな場面で飛行機を見るのがいいのではないでしょうか。(もちろん、車をどこに止めても、ずっと南北を行き来して歩くことができます)

近年は騒音対策が進んだうえに、飛行機が小型になって、爆音が小さくなったので、過去のジャンボ機のような迫力はなくなりましたが、それでも、比較的大きな飛行機の離着陸音は迫力があります。

あとで紹介する、空港ターミナルにある展望デッキよりも離着陸する飛行機が近くに見えます。

伊丹スカイパーク 北ヤードの離陸シーン

北からの離陸シーン2 中央での着陸シーン

南での着陸シーン

最南端の「スカイランドHARADA」は、豊中市にある「原田下水処理場」の屋上に作られたスポーツ施設です。(そこからの眺望よりも、駐車場からのほうがいいです)

この下水処理場は、大阪府豊中市、池田市、箕面市、豊能町、兵庫県伊丹市、川西市、宝塚市、猪名川町の下水処理を担っているようで、誰でも、その駐車場が利用できます。

スカイランドHARADA 着陸シーン

飛行機を見るところ

この駐車場は、空港の滑走路と至近距離にあり、着陸してくる飛行機が間近に見えます。着地した時のタイヤの摩擦で出る煙や飛行機がバウンドする様子などは非常に迫力があります

⑨千里川土手

千里川土手 着陸する飛行機

アップで着陸する飛行機を

いろいろなWEB記事に紹介されていますが、有名なビュースポットになるのはわかる感じがします。

ゆらゆらと揺れながら着陸体制に入った飛行機が、低い位置から迫ってきて、数十メートルの頭上を通ります。この迫力は抜群です。

風があると、斜めに車体を傾けて滑走路に向かう姿や、機体がローリングしている様子までがはっきりと見えますので、着地する瞬間まで、機内乗客の緊張感や不安感までもが感じられるような、最高のビュースポットと言えます。

この写真は千里川左岸からコンパクトカメラのズームで撮りましたが、狭い大阪にあって結構楽しめる場所ですが、歩いてこの場所に来るのは大変なのが残念です。

写真のように、昼前後の時間帯に、滑走路の誘導灯が全部点灯していることがあります。

⑩ANA側の駐機場

ANAの飛行機 はたらく車

空港の南端の駐輪場があるあたりから、ANAの駐機場が柵越しに見えます。この場所では、乗客がタラップを利用して乗り込んだり、いろいろな特殊な自動車も近くで見ることが出来ます。

空港ターミナルから数分ですので、子供さんを連れて、「働く車」などを近くで見せるのにはいい場所でしょう。

⑪⑫⑬空港ビルの展望デッキ

空港ビルの4階に、3箇所の展望デッキがあります。

この展望デッキはH30年4月に改装オープンされたのですが、駐車場や大阪モノレール駅からすぐで、無料です

滑走路は少し遠いので迫力には欠けますが、駐機している飛行機は近くに見ることが出来ます。

国際線が飛んでいたときには、乗り込むウイングの真上が送迎デッキになっていた時代がありました。現在は安全対策もあって、そこは閉鎖されています。

展望デッキには子供の遊び場(有料の「ボーネルンド」もあります)などもあって、沢山の人がおられます。

北側のデッキからはJALの飛行機が、南のデッキからはANAの飛行機が近くに見られます。中央のデッキもあるのですが、小さくて、少し奥まったところにあるので、普段はほとんど人がいません。

また、すべてに、安全ために細いロープが張ってあるのが少し気になります。

展望デッキ 展望デッキから

展望デッキからの飛行機 展望デッキから2

過去には、搭乗口につながる屋上が送迎デッキであったと思います。至近距離で飛行機に乗る人を見送ったというかすかな記憶があるのですが、それくらい昔のことです。

 

公共交通機関を利用するには

周辺地図

空港ターミナルへは、空港リムジンバス、大阪モノレール、自家用車利用が便利です。

ただし、これらを利用して飛行機を見ようとすると、ターミナルの展望デッキに行くしかありませんので、少し物足りない感じです。・・・と言って、迫力のある飛行機を見ることができる、空港ビルと反対側の「伊丹スカイパーク」や千里川土手に行くには歩いていくのは大変で不便です。

大阪モノレール各駅には、レンタル自転車が常備してあるのですが、大阪空港駅だけは、残念なことに、それが常備していませんので、隣駅の蛍池駅のものを利用するか、車で行く以外は、タクシー利用などを計画するなどになるので、かなり大変になってしまいます。

タクシーも、千里川近くの場所には駐停車ができませんので、時間を合わせて帰りの予約をしておくなどの準備も必要です。

 

最寄りの公共機関を調べたところ、唯一、千里川土手近くを通る「阪急バス」があります。

阪急バスの時刻表

曽根駅から出ているグリーンランド前行きを利用して、「原田中2丁目」で降りると、千里川土手まですぐです。この時刻表では、平日7便で、1時間に1本程度の便数ですが、土日祝は1日3便ですので、興味ある方は事前に調べてみる必要があります。

 


関連記事

おねーさん作業員 大阪空港で見つけたもの

ライトアップされた観覧車 OSAKA WHEELとNIFREL