交野市の「源氏の滝」はどうでしょう

「源氏の滝(げんじのたき)」は、JR学研都市線の津田駅が最寄り駅です。

自動車では、第2京阪道路(愛称「緑立つ道」)の交野北ICが便利ですが、滝に近い駐車場や駐車スペースはありません。 車を利用する方は津田駅周辺に小さな駐車場がある程度ですので注意ください。



源氏の滝はパワースポットとして隠れた人気があるようですが、ここではそれには触れませんが、ひとけのないときに行けば、たしかにそれに納得します。

大阪府交野市=生駒山の麓の市

交野は「かたの」と読みます。

昭和38年に交野市制になっていて、交野市には、「星田(ほしだ)」や「天の川(天野川)」があり、 織姫伝説なども残っています。




洞窟めぐりで有名な磐船(いわふね)神社、広大な「府民の森」などの、ちょっとした見どころもあって、そして、夢のある市です。

夢がある「おりひめちゃん」が交野市のキャラクターになっています。おりひめちゃんのペットの「星のあまん」というのも、キャラクターに加わっているようですが、いずれも「きぐるみ」を見ていないのですが、動く姿はきっと可愛いのでしょう。

交野と枚方で協力して振興キャラに

さらに、隣の枚方市(ひらかたし)にも天の川(天野川)が流れていて、「ひこぼしくん」と協力して、交野・枚方の産業振興と、出会いとつながりのシンボルとして、盛り上げ役となっているようです。夢があっていいですね。

機物神社のおりひめちゃん 機物神社にある「おりひめちゃん」

機物(はたもの)神社におりひめちゃんが置いてあります。機物神社へは、津田駅から1km(徒歩20分)程度ですし、機物神社から源氏の滝までも2km(徒歩40分)程度で、いずれも、比較的に近いです。

津田駅周辺には昔の面影は見出せませんでした

現在のJR学研都市線は片町線と呼ばれていた頃は、四条畷駅から先は、非常に乗降客が少なく、非常に寂しいところだと記憶していたのですが、長い間訪れていなかった間に、道路も拡張されて、全く見違えてしまいました。(注:学研都市線は「木津-京橋」間の愛称 1988年に名前が設定)

その当時は津田駅を降りると細い草むらの道があるだけで、それに沿って、道行く人に聞きながら「源氏の滝」を探したほどでした。それが、このような舗装された道路になっています。

駅前の道路

時間がたっても昔のイメージがどこかに残っているものなのですが、このあたりは、開発が進んで一変しており、昔の田舎のイメージは完全に吹っ飛んで、静かな住宅街になっています。

滝に続く道

滝に続く道も3m幅程度の草や笹に囲まれた砂利道だったのに、今では交野カントリークラブ(ゴルフ場:1973年開場)ができていて、道は拡幅されて自動車が行き交う道に変貌しています。

交野カントリー倶楽部 源氏の滝の案内があります

道沿いにある家も、立派な家に代わっており、結局、当時の面影は見つかりませんでした。



源氏の滝への道

パワースポットと呼ばれているのは何となくわかります。

訪れたのはシーズンオフの6月の薄曇りの日で、道を山に向かって進むと、一人で歩くには心細い感じです。

夜泣き石 岩の上に不動明王が

「夜泣き石」というオカルトチックな伝説が書いてある立札や、その石自体も不気味ですし、巨岩の上には、「不動明王」が立っていたり・・・と、確かにこのあたりは、気味悪い感じの場所です。

パワースポットという言葉は最近の言葉のようで、「源氏の滝=行場」というイメージのところでした。

かつての映画俳優の東千代之介さんが時代劇映画のロケをしていたのに出会ったほどの場所ですから、当時でも、この風景は、昔の古い風景のイメージがそのまま残っていたのでしょう。

不動明王の岩をすぎて、日陰の道を少し進むと滝が見えてきます。

滝が見えた

滝は18mの落差・・・と説明されており、周りの景色と滝の水音に癒される感じになるのは確実です。

源氏の滝1 源氏の滝拡大

滝の上部には六角不動堂という修験神社があって、神社に上がっていって、滝口を見下ろすことも出来ますが、滝の景色は下から眺めているほうがいい感じです。

このあたりは「行場」ですので、源氏の滝とは別に「うたせ滝」もあります。

ここへは、真夏になると、涼を求めてたくさんの人が訪れます。
たしかに涼しいのです。

人の気配がないと、とにかく、さみしいということ以外は何も感じませんでしたが、ともかく話の種に、一度訪れてはいかがでしょうか。

道は分かりにくいかもしれません。この日は源氏の滝に直行で適当に歩いて結果オーライでしたが、グーグルマップを利用して歩くと確実でしょう。

津田駅-機物神社-源氏の滝 GoogleMap利用

交野市

かつて交野市は、「平成年代の初めまではパチンコ屋すらない」と言われているくらいに文化的で清閑な町でしたが、それが40年間の間に、人口が倍増していて、これからも住宅地として発展していくのでしょう。

この交野市には、「天野川」(あまのがわ:生駒山地に源流があり、枚方市で「淀川」に合流する川)が流れ、七夕伝説が残っています。

私は七夕ではなくて、「かぐや姫」を思い出したのですが、私にとっての源氏の滝は、ミステリースポットで有名・・・と言うよりも、夢とロマンの場所という感じです。

源氏の滝を見るために自動車で来ると、周辺に駐車スペースがないのが不便ですが、JR津田駅あたりのパーキングを探して、そこから滝までは片道約2km程度ですのて、是非、機物神社経由で、ロマンを感じるウォーキングをお楽しみください。

*****

この源氏の滝を知ったのにはきっかけになる、他愛もない思い出話があります。私は、東大阪市の前身の河内市に住んでいたのですが、中学時代の友達の一人が、「すごい美人がいる」という話を仕込んで来ました。

そこで、みんなで誘い合って、わざわざ電車(その当時は「片町線」)に乗って、その女性を見るために繰り出したのですが、その美女は、私よりお姉さんの感じで、よろず屋の店先に立ってお店を手伝われていました。

もちろん、お菓子を買った時の応対で胸が高鳴っていたと思うのですが、それから半世紀も経ちました。 きっとお互いが高齢者になっていますので、今はどうなのかは知らないほうがいいですよね。

そんな思い出をたどりながら、半世紀ぶりの「源氏の滝」の訪問でしたが、近くには、大阪府民の森・ほしだ園地があります。「京阪交野線の私市駅」が最寄りですので、それらを合わせて訪れるといいでしょう。

さらにさらに・・・交野市は乙姫伝説の地ですから、次のような語り話が残っていれば感動モノです・・・

『昔々、源氏の滝に続く山道に、お菓子などを売る小さな「よろず屋」がありました。
そこの娘さんはそのお店を手伝っていたのですが、それはそれは、 非常にきれいな方で、 遠くからあまたの男子が一目見たいと駆けつけるのでした。

彼女の美しさは大いに噂になり、時の帝からも求婚されましたが、ある時彼女は、月の都に帰らないといけないといいます ・・・・・』

そのような物語があれば、私もきっと、そこに駆けつけた男子の一人になっていて、面白い話の展開になっていくかもしれませんね。

すでに私も、美人だった彼女も多分、美男美女という言葉とは無縁になってしまう年齢になってしまいましたが、この交野市は、そんな夢物語をも空想させてくれるところです。


(来歴) R4.3に見直し  R4.5月サイト移転  最終R4.7月見直し