服部天神社と豊中えびす神社と初酉稲荷大明神が同居

スポンサーリンク

阪急電車の服部天神駅からすぐの服部天神社

阪急電車の服部天神駅は、駅名が2013年に「服部駅」から「服部天神駅」に改名されたのですが、この駅は、宝塚線の開業時には、服部天神社の境内にあって、そのときは「服部天神駅」だったようなのです。古巣に戻った感じですね。

梅田方面行のホームの屋根を突き破っている「木」があります。ホームから見ると太い幹が突っ立っていますが、上に大きく伸びている様子はホームからは見えません。これも、天神社の御神木といいます。

現在は、神社の周りを建物に囲まれていて、駅を降りてすぐのところに天神社の裏口があります。(GoogleMapより)

グーグル地図の服部天神

この裏通りは江戸時代の「能勢街道」で、そもそも歴史のある神社ですが、この神社は、いくつかのアンバランスさもあって親しみやすい神社なので、一度訪問されてはどうでしょうか。

ここでは、裏口から入っての紹介です。

裏通りの「能勢街道」 服部天神の裏口

えべっさん・お稲荷さんが同居

この神社は、菅原道真を祀る「天神さん」ですが、学問の神様よりも「足の神様」というのがまず、面白いところです。

さらに、何よりも、学問とは縁遠い「えびすさん(大阪では『えべっさん』といっています)」と同居しているのが面白い組み合わせですネ。

服部天神入り口の案内板

拝殿前に下のような由緒書きがありました。(もちろん無料です)

天神社の由緒

もとは医薬の神様スクナヒコノミコトをお祀りしていて、菅原道真が大宰府に行くときに脚気のために歩けなくなったので平癒祈願したところ治った・・・という由来などが書いてあります。

境内には服部天神宮、豊中えびす神社の他に、「初酉稲荷大明神」があります。

酉だけでなく、全干支の社がああるので、自分の干支の社にお参りするというのも親近感があります。

初酉稲荷の説明書き

その横に「わらじ堂」(履物が奉納されているところ)があります。やはり「足」に関係しているようです。

もちろんメインは天神社ですが、「えべっさん」の1/9・1/10・1/11の三が日は「商売繁盛」の掛け声で、沢山の人が訪れます。

えびす神社の由来は、

えびす神社由緒

「足=おあし(お金)」ということで、昭和25年(1925年)にサントリー創始者の屋敷内にあった社殿を譲り受けたと書いてあります。

足と金のご利益を一度にいただけるところですので、ぜひ訪れてください。

福娘さんが最高!

えべっさん 福娘さんと2ショットも可能

他の何箇所かのえびす神社に行きましたが、ここの「えべっさん」は「商売繁盛、金、金、金」という感じではなく、なんとなく敷居が低くて近づきやすいことと、何よりも、福娘さんの対応が「ピカイチ」と、太鼓判を押してもいいくらいです。

多くのえびす神社では、福娘さんや売り子さんは高いところから福笹や縁起物を販売していますが、しかしこの神社は写真のように平面販売ですし、福娘さんも境内で同目線で応対してくれます。(H31の宵えびすの午後の景色で、人が少ないところを撮っています)

写真のように、気軽に「2ショット」に応じてくれますし、何しろ、この「豊中えびす」福娘さんは笑顔が可愛く、選抜されたきれいな人ばかりなので、この笑顔に出会えるだけで「福を頂いた感じ」になるのは確実です。

1億円札が無料で授かります

一億円札

この1億円札は、結構有名なようで知る人ぞ知るサービスのようです。

えべっさんと天神さんの共通の社務所があって、そこで御札とお守りを買ったのですが、すると、壁に貼る「1億円札」が無料でもらえます。

これが結構有名なようで、幅は35cm程度もあります。「ポケットからお金が逃げないように、逆さま向けで、南または東向けで壁に飾ってください」と言われましたので、去年の1億円は東向きに、今年の1億円は南向けに貼りました。

次の年も、またその次の年も・・・と、もらいたくなるのは貧乏人の証拠なのですが・・・。

足のご利益が本命?

大阪天満宮や北野天満宮と異なり、(時期にもよるかもしれませんが)参拝する方は学業よりも「足」のご利益でおとづれる人が多い感じがします。

足の神様縁起 天神社の正面

雨風をしのぐために、神前や社務所周りは「テント張り」で、安っぽくて異質な感じがします。

最初はうっとうしい感じがしましたが、下に入ると、雨・風・雪・日照りなどに効果的で、結構「参拝者に優しい配慮」という感じがします。

もちろん、豊中えびす神社にも同様に屋根がかかっています。

足踏み石 天神社の裏側

裏側の入り口から入ったところに「足踏み石」というのがあります。

人が少ないとときにこの椅子に座って拝殿裏口を眺めて参拝すると、意外といい感じです。

靴を脱いで石の椅子に座って右の写真のお社の裏ぐちに向かって願掛けをするという、ちょっと変わったお参りをします。

えべっさんも、正面でお参りしたあとに社殿の裏に回って、後ろから「念押し」するための「たたき板」があります。H30年の改修で新しくなっています。

ぜひ裏側に回ってたたいてみてください。

えべっさんのたたき板

176号線側の入口 正面から入ったところ

国道176号線側の正面入口は、この鳥居ディスプレイがなければ見落としてしまいそうな街中にあります。

広い駐車場はありません

駐車場は、裏側に小さなコインパーキングが2か所あります。そのほかTimesの駐車場が随所にありますが、道が狭く、車で来るのは不便で、近々の駐車スペースも台数が限られていますので、電車利用をお勧めします。

えべっさんのときは、このコインパークは車が規制されて利用できません。臨時の自転車置き場になります。

ぜひ、電車を利用して、服部天神駅ホームにある、異様な「くすのき」を見たり、裏側から入って、「足踏み石」なども合わせてお参りくださいね。


(来歴)H31.1 記事作成  H31.3 1億円記事追加  R1.6 見直し 

スポンサーリンク