古市古墳群の7kmハイキング 最寄り駅:近鉄藤井寺駅・古市駅

世界遺産登録された、百舌鳥・古市古墳群と呼ばれる地域は、堺、羽曳野、藤井寺の各市にまたがっており、ここには、多くの古代墳が散在しています。

百舌鳥古墳群の代表は 仁徳天皇陵(大仙陵古墳)で、古市古墳群の代表は 応神天皇陵(誉田山古墳)ですが、仁徳天皇陵の近くには堺市博物館などの資料館があるのに対して、応神天皇陵の方は駐車場などの整備も遅れていますので、ある意味でこれから整備される段階ですが、飾らない「素の状態」を見ることができるチャンスと言えるかもしれません。

古市古墳群のさわりと藤井寺のエッセンスを感じることができるように、ここでは、仲哀天皇陵、葛井寺、辛国神社、アイセルシュラホール、野中寺、応神天皇陵などを巡るコースで、藤井寺駅から歩いて古市駅に着くコース(約7km 所要時間:約2時間)を案内します。(公式コースではなく、私がおすすめするものです)

このコースの道中は道案内や道標はほとんどありません。街中は細い道が多いのですが、グーグルの地図を印刷しておいて適当な方向に歩いていっても、ポイントと方角を抑えておけば、道に迷うことはないでしょう。

PR



自家用車利用では、駐車場は藤井寺駅南の辛國神社北側にあるコインパーキングがあります。ただ、車でこれらを巡るには、周辺の道が細く、駐車場所も整備されていないので、徒歩で巡ることをオススメします。

これが今回紹介する順路です。

全工程MAP  Googlemapを利用

古市古墳群の中では応神天皇陵がずば抜けて大きい

近鉄南大阪線藤井寺~古市駅周辺は、下の写真のように古墳がいっぱいです。
もちろん、下の地図以外にも、小さな古墳や遺跡が沢山点在しています。

古市古墳群 Googlemapを利用

堺市の百舌鳥古墳群の仁徳天皇陵(大仙陵古墳)がニュースなどで取り上げられて有名ですが、藤井寺・羽曳野市の古市古墳群にも、非常に大きい応神天皇陵(誉田山古墳)があります。

三大墳墓の比較表

このように、クフ王のピラミッド、秦の始皇帝陵、仁徳天皇陵が世界3大墳墓といわれるのですが、この古市古墳群の応神天皇陵もかなり大きいことがわかります。

最近は、最大の「仁徳天皇陵」でも「世界最大」という表現は控えられていて、「世界3大墳墓の一つ」や「日本の古墳では最大」という表現に変わっていますが、仁徳天皇陵はお堀部分を含めると長さは840mもある大きなお墓で、百舌鳥・古市古墳群には、長さや大きさ(面積)が世界1・2を占めるお墓があるというのはすごいことですね。

PR


この古市古墳群の応神天皇陵などのほとんどの御陵は、それが世界遺産であっても、宮内庁が管理する「お墓」ですから、見学者のための整備は充分ではありません。

墳墓の多くも、近づくと囲いがあるものは良い方で、こんもりと土が盛られていて、木々が茂る小山のようになっているだけのものも多く、注意していないとそれが何かもわかりにくいかもしれません。

下は、アイセルシュラホール駐車場横に移設された「藤の森円墳」で、ここで紹介するコースの途中で「古墳」を間近に見ることが出来ます。
移設された藤の森古墳
もちろん、ほとんど点在する古墳も、古墳見学用の専用駐車場などはありませんし、応神天皇陵付近も、小さな駐車スペースがあるだけで、充分に整備されていませんので注意ください。

世界遺産に関係する文化庁が、次第に関与することになってくるので、今後の周辺整備に期待したいのですが、今までの宮内庁の仕事ぶりから見ると、文化庁も手が出しにくいのか、多分、見学用の整備などには、当面は手を付けないように思います。

広告

近鉄藤井寺駅から出発です

おすすめの散策コースは、上の地図でルートを示したように、藤井寺駅から南へ進み、葛井寺→辛国神社→(地酒屋さん)→アイセルシュラホール→仲哀天皇陵→野中寺→応神天皇陵→古市駅を2時間ほどで約7kmを歩きます。

近くの古墳などに立ち寄っても、全距離的にはそんなにありませんので、近くの古墳に寄るなどで、自由に行動していただくといいでしょう。もちろん、古市駅から出発しても、問題ありません。

古墳といっても、「お墓」そのものです。

古墳の多くは3~7世紀頃に建造されたもので、1000年以上の長い年月を経ており、最近では、仁徳天皇陵が大仙古墳と言うようになっているように、伝承された内容も曖昧になっていて、誰の墓なのかもよくわからないものも多いようです。

さらに、管理している宮内庁が、内部調査を拒んできた経緯があるので、詳細も曖昧で、市や教育委員会などが作った立て札があればまだいい・・・と言える状況なので、正直言って、ほとんどは見どころもわからない感じですので、見学しても期待外れになるかもしれないことを頭に入れておきましょう。

世界遺産に登録されて、今まで宮内庁の管轄で閉鎖的だったのが、文化庁が関与することで、今後は、研究などが進んでいってくれることに期待しています。

ほとんどの古墳は盗掘されているようで、そういう状況でも学者さん等に調べさせない・・・というにはおかしいことなので、1国民としても、もったいない感じがするのですが、そうは言っても、当面はこれまでと同じでどうにもならないでしょうし、きっと、宮内庁は何も動かないでしょう。

私自身もここに点在する古墳の全部は巡っていませんし、正直なところ、古墳を近くで見ても、しょせん『お墓』ですので、グーグルマップやグーグルアースを使って、上から見るほうがいい・・・と思います。

しかし、「実際に行った」「この目で見た」ということも大切なことで、それによって記憶に残りますので、ぜひ、時間を見つけて計画・実行してみてください。

さあ、歩きだしましょう

近鉄藤井寺駅の南側の商店街を南下して、商店街がきれたところが葛井寺西門です。

藤井寺駅からは5分程度で、西門から入って境内を巡って、寺を出るときは南側の大変立派な「南大門」から出るといいでしょう。(逆を嫌う方は、南大門から入ってください)

7世紀頃の建立のお寺で、「藤井寺」という地名は、紫雲山葛井寺からとっている・・・と市の広報にありましたが、その葛井寺の修理に携わった「藤井さん」の名前が藤井寺の起源・・・という説が有力のようです。

これも現在は「説」であり、今後はいろいろな調査が進んで、もう少ししっかりした由来になっていくと思います。

そして、「藤井寺」と聞くと、年配の方は、近鉄バッファローズの本拠地だった「藤井寺球場」をイメージする方もおられるかもしれませんが、球場跡地(藤井寺駅の西側)は、全くその面影は残っていません。近くですので、足を運んで変貌を確認するのもいいでしょう。

藤井寺駅周辺 GoogleMapを利用

駐車場を探すのであれば、藤井寺駅南側にある辛国神社北側(地図に丸印をつけたあたり)のコインパーキング(20分100円か30分200円が相場)を利用するのがリーズナブルでしょう。

葛井寺から辛国神社

葛井寺の参拝後は、西門から出て南下すると、その南側すぐに右手に「辛國神社」の参道に出ます。(5分以内に到着します)

辛国神社参道

辛國神社は、神社格付けから言うと、「村社」なので、特にどうというものではない神社かもしれませんが、写真のように、緑に覆われた参道は「大阪みどりの百選」に選ばれた素晴らしい神社で、私はこの参道を歩くのが好きです。ぜひ、奥まで歩いて参拝ください。

神社の200mほど南に仲哀天皇陵のお堀があります

次は仲哀天皇陵の拝礼所方向に向かうのですが、礼拝所は南側にあるので、その前に、地酒屋さんとアイセルシュラホールに寄ります。

辛国神社から少し南下すると、古代船をイメージした「藤井寺市生涯学習センター アイセルシュラホール」(月曜休館・入場無料)があります。

辛国神社からアイセルシュラホールまでは約800mで、10分もかかりません。

アイセルシュラホール

入り口駐車場横に、上の写真の移設された「藤ノ森古墳」がありますし、さらに、歴史展示ゾーンでは考古資料などが展示されています。

アイセルシュラホールには10台程度の駐車場がありますが、藤井寺市役所出張所を兼ねていますので、ガードマンがいて利用者以外は駐車できませんので注意ください。

アイセルシュラホールの前から、仲哀天皇陵の墳丘が見えますので、それでOKとして野中寺に向かってもいいでしょう。

私は、少し戻って、お堀の北側から西側のお堀を巡る景色がいいので、遠回りですが、そちら側の道を南下すすのがオススメで、さらに、礼拝所を通らずに野中寺に向かってもいいと思います。 後の応神天皇陵もそうですが、礼拝所からの景色が特にいいということはありませんからパスしてもいいでしょう。

PR



野中寺~応仁天皇陵~南大阪線古市駅へ

仲哀天皇陵礼拝所から600m(約10分)ほど南下すると「野中寺(やちゅうじ)」につきます。

道は少しわかりにくいですが、南下して、太い道路(堺羽曳野線)沿いにあるので、迷うことはないでしょう。

野中寺は聖徳太子が建立した48寺院の一つで、戦火で消失して1600年代に再建されていますが、「旧伽藍」が国の指定史跡で、毎月18日には重文の飛鳥時代に作られた「弥勒菩薩半跏像」が開帳されるのですが、日が合わなかったら、伽藍にたたずんで昔に思いを馳せるだけで充分でしょう。

野中寺の前の堺羽曳野線を東にとり、応神天皇陵に向かいます

応神天皇陵は非常に大きな御陵ですが、墳墓の高さはそんなに高くないので、近くに行かないとわかりにくいのですが、歩いていて、林に囲まれて見える場所が御陵です。

応神天皇陵も、誉田御廟山古墳(こんだごびょうやまこふん)または誉田山古墳(こんだやまこふん)と呼ばれています。

野中寺からは2km程度あり、歩く時間は30分程度みておきましょう。

御陵に近づく道はわかりにくくて、さらに、拝礼所は北側、古市駅は南側になるので、拝礼所には寄らずに、ひとまず御陵に近い道に出てから、あぜ道のような細い道がお堀の近くにあるので、そこを歩いて、古墳を遠目で見ることにして、詳細はグーグルマップで上空からの様子を見ることで十分と思いますので、礼拝所には寄らずに古市駅に向かうのもアリでしょう。

応神天皇陵拝礼所

以上で、予定のコースは終了です。

応神天皇陵から南に進みます。御陵から近鉄南大阪線古市駅へは、2km30分程度です。

全工程でも約7km程度ですので、約2時間で歩くことが出来ますが、少しゆっくり見学を入れると、3時間程度を予定しておくといいでしょう。

以上、古市古墳群と藤井寺周辺を簡単に紹介しましたが、季節のいいときにウォーキングをお楽しみください。

お読みいただき、ありがとうございます。

 

【付録】藤井寺共同墓地の駐車場利用案内

この場を借りて、私の先祖を祀る藤井寺共同墓地の駐車場案内を忘備録を兼ねて掲載しておきます。

このお墓は、近鉄藤井寺駅に近い仲哀天皇陵に隣接しており、遠方からの墓参の方も多いために、毎年の一定時期に、自家用車利用の墓参者のための無料駐車場が開設されます。

臨時駐車場は、お墓の北側に100m進んだところですが、周辺は道路は狭くて駐車できませんし、アイセルシュラホールの駐車場を利用しようとすると、ホールの係員が駐車目的を確認をされ、ホール利用以外の駐車場利用はできませんので注意ください。

自家用車での墓参は、以下の、お彼岸、お盆、年末の下記の日に臨時の無料駐車場が開場されますので、それをうまく利用しましょう。無料駐車場の開設時期は以下のとおりです。

臨時駐車場開設案内

一時期は、簡易トイレも置かれていましたが、現在はトイレがありません。

トイレについては、私は、シュラホールの入り口を入ってすぐの左側にあるトイレを借りています。(敷地内ですが、館外にあって、休館日でも利用できます)

墓参用臨時駐車場ですが、ここに示されたお彼岸、お盆、お正月前以外の時期は、駐車場入口が閉鎖されていますのでご注意ください。

いつでも駐車できる一般有料駐車場は「辛国神社」北側にあるコインパーキングが最寄りとなります。上の写真に位置を表示しています。参考にしてください。以上です。