淀川38kmを河口に向かって歩きました

「淀川」は、大阪平野に暮らす人々の生活を支えている最も大切な川です。

琵琶湖から1ヶ所の出口の瀬田川から流れ出た川は 瀬田川 → 宇治川 → 淀川 と名前を変えて大阪湾にそそぎますが、京都府の八幡市付近で京都市の西側を流れる桂川と奈良県から流れてきた木津川が合流して淀川になります。

そこは「三川合流地域」と呼ばれています。

三川合流地域

淀川の源流は滋賀県の山奥とされ、そこから大阪湾までの距離は130kmあり、琵琶湖の出口(瀬田唐橋)からでも、75.1kmの距離を流れているということになります。




ここでは、「淀川」部分だけの 約38km程度の距離 を分割して歩いた写真などで紹介します。

淀川は大阪府での呼び名

淀川の恩恵を受けている大阪平野に住む人は、淀川が「琵琶湖」につながっていることや、上流は宇治川だということを知っている方も多いと思いますが、この「淀川」などの河川の名前は「その土地の呼び名」や行政管理上の理由などで変わります。

淀川の場合は、滋賀県=瀬田川 → 京都府=宇治川 → 大阪府=淀川 と行政区域で名前が変わっています。

また、一般的には、川の名前は最終の河川名で呼ぶ習わしから、琵琶湖からの川は「淀川」といいますが、厳密にいえば、桂川、木津川、宇治川が合流してからの約37-38km程度が「淀川」です。

この淀川の下流で、大阪市都島区の毛馬(毛馬の閘門)で新淀川(淀川)と旧淀川 に分かれて、それぞれが別々に大阪湾にそそいでいます。

この旧淀川も、大阪市内の行政区域で 大川 → 堂島川 → 安治川 と名前が変わっています。
今回は淀川の本流だけを歩きましたので、この「旧淀川」についてはここでは触れていません。

淀川は日本一支流数の多い川

上のGogleの写真を見ても、5本の川(桂川、宇治川、木津川、小泉川、大谷川)が合流しているように、淀川は支川(支流)の数が日本一の川で、日本一長い信濃川の880本をしのいで、 965本の川が合流している・・・という記事をWEBで見つけました。



この三川合流地域から河口までをざっと紹介しますが、まず、「淀川」の起点を探すことから始めます。(起点探しはこちらの記事でも紹介しています)

淀川の起点

淀川の起点の最寄り駅は石清水八幡宮駅 京阪本線の石清水八幡宮駅から歩きます。

基本的には、大阪府になる地点で川の名前が「淀川」に変わるはずですが、現地を調べてみると、どうも、それが単純ではありません。

それについてはこちらで「境界の謎」について紹介していますので、一読いただけると幸いです。



ここでは、わかりやすいように、桂川、宇治川、木津川がの3川が合流する地点付近を「淀川の起点」としています。

この3川の合流地点は、京阪電車の橋本駅か阪急電車の水無月駅が最寄り駅で、便利でわかりやすいのは、京阪電車の石清水八幡宮駅(八幡市駅が改名)で下車して、「木津川御幸橋(ごこうばし)」を渡ったところにある「さくらであい館の展望台」から見下ろすか、または、その下流に伸びる「背割堤(せわりつつみ)」を1.5kmほど歩いて、そこの表示された「0km地点」へ行くのがいいでしょう。(上のGoogle写真を参照)

さくらであい館 背割堤先端

「さくらであい館(写真左)」では、周辺の空撮ビデオや淀川の歴史なども紹介されていて、展望台から直接に現場を見る以上に、三川合流地点の様子がよくわかるように紹介されています。




さあ、河口向かって出発します

最寄りの石清水八幡宮駅の「石清水八幡宮」は、古文の時間に習った、吉田兼好の「徒然草52段 石清水」の話で有名で、「兼好の時代に、京都の仁和寺(にんなじ)からここまで歩いてきて、ふもとにある立派な神社(石清水八幡宮・頓宮)を見て、それが 「石清水八幡宮」と間違えてそのまま帰ってしまった・・・」という内容ですが、この頓宮を訪れると、たしかに非常に立派な社で、兼好が満足して帰ってしまったのがわかる感じがしますので、ぜひ機会があれば「男山」山頂の八幡宮社殿と合わせて、ぜひ立ち寄ってみてください。

社殿に行くには、駅を出た横にケーブルカーの乗り場があり、写真に見える「男山」の山上付近に石清水八幡宮の社殿があります。150m程度の高さなので、徒歩でも30分ぐらいで頂上に着きます。

そして、お参りしたあとで、麓の門前にある「走井餅老舗の走井餅(はしりいもち)」を食したり、また、飛行機好きの人の間で話題になる「飛行神社」も徒歩圏にありますので、ぜひ訪れてください。

今回は淀川の起点探しですので、京阪電車の踏切を渡って北側に位置する淀川の起点に向かいます。

木津川 淀川 桂川

木津川、淀川、桂川 それぞれの川面の様子で、この日は、雨のあとなのか、水が濁っていますが、普段はいずれも、きれいな川です。

淀川左岸を歩いていきます

左岸(河口に向かって左側)のほうが、堤防が整備されていそうなので、川の左岸の堤防の道や河川敷を歩きます。

樟葉(くずは)、牧野の河川敷のゴルフ場の間を抜け、枚方を通り、寝屋川、守口などでは、河川敷はきれいな公園として整備されています。

河川敷は広いので運動場やゴルフ場などが作られ、大阪府民の憩いの場として整備されていますが、すこしの大雨で河川敷が水浸しになります。

河川敷が広くなっているところには、ワンドと呼ばれる水たまりがあります。

整備された河川敷

小学生低学年の頃にこの辺りに住んでいて、この河川敷で遊んでいたのですが、当時はこのような整備はされておらず、河川敷が広がっているだけの、子供にとって最高の遊び場で、ワンドでの魚釣りや土手や芦原で遊んでいたのですが、人けも少なく、人目につきにくいことで、今なら「危険だから近づかないように」というような掲示のありそうな場所でした。

『芦原の中で人が死んでいた』『アベック(今では死語になりつつある言い方ですね)がひと目に隠れて葦原に入っていく・・・』という話題も多くあったほど、このあたりは、一般の人が寄り付かない場所でした。

しかし現在は整備が進み、たくさんの人の集まる憩いの場になっています。

毛馬の閘門(けまのこうもん)から新淀川に

毛馬の閘門

毛馬の閘門(こうもん)に近づくと、各所に警戒用の看板や「接近禁止」などがみられます。

「こうもん」とひらがなで書くとお尻の穴か水戸のご老公さまを連想しますが、この「閘」の字はあまり見ることのない難しい字ですが、目的をイメージできる字になっており、閘門は扉を利用して水位の違うところに船などを通す装置です。

毛馬の閘門付近は危険防止のために一般船舶の航行が禁止されています。

このような設備は、「パナマ運河」が有名で、この毛馬の閘門も同じように、水位の違う川に船を渡すためのものです。

今回は旧淀川方向へは行きませんが、水門(閘門)では、淀川の水を 「新淀川」と旧淀川「大川」に分水しています。地図上では新淀川と言わずに「淀川」となっています。

河川敷の公園を抜けてしばらく歩くと、左手に空中庭園のあるビル「新梅田シティー」が見えてきます。このあたりの川幅は、河川敷を入れると700m近くあります。

大阪駅近くのビル群 葦原が広がる景色

川にそってどんどん進みます。

河口0.0km距離標の地点に来ましたが、まだ、淀川は続いています

淀川距離標 左岸0.0km 淀川0.0km地点

ついに淀川の河口 0.0km地点に来ました。

ここでの川幅は1km近くありそうで、対岸の工場がかすかに見えるぐらいに大きな河口です。

グーグルアースで見た0km地点(グーグルアースでみた左岸0km)

現在は、この写真のように、道路表示があり、遠くからでもわかります。Lは左岸を表していて、1の棒は、その位置を示しています。

大阪府が表示しているもののようですが、色んな所でこのような表示を見ることがあります。

写真の奥に見えているのは阪神高速の湾岸線の橋で、その向こう側には、さらに500m以上も埋立地が続いており、淀川の最終点はまだまだ先のようです。

そして、この川の先には、大阪南港、舞洲などの他に、2025年に万博開催が開催される「夢洲」などの人工島があり、淀川が純粋に大阪湾に流れていくのは、この0.0km地点から、さらに3kmほど先になるのですが、数十年後には、もっと0km地点から河口までの距離が長くなっていくのでしょう。

大阪湾の埋め立てが進んで陸地が増えて、大阪府の面積が香川県を抜いてしまったのですが、下から3番目は東京都なので、数十年後どうなっているのでしょうか?

どこまで先まで歩いていけるのか

0km地点よりもさらに 真の河口に向かって歩いて進んでみます。
ともかく進めるところまで先に進むと、大阪北港のヨットハーバーにたどり着きます。

淀川の河口1 淀川の河口2

そしてさらに、歩いて行き着いた先がこの場所です。常吉西臨港緑地の先の大阪北港マリーナの海に突き出た先端で、ここが歩いていける最終地点のようです。

右写真の先端は防潮堤防の灯台で、海上に作られた波よけなので、歩いては行けませんから、ここが「歩いて辿れる、実質的な淀川の最果て=河口」・・・ということになります。

ちなみに、向こう岸に見える塔のような派手な建物は舞洲にある清掃工場で、とても奇抜で目立つデザインなので、USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)と間違う人が多いことで話題になる建物です。USJはずっと左の奥手にあって、ここからは見えません。

そしてこの右側の防潮堤の奥に万国博覧会が予定される「夢洲(ゆめしま)」の人工島があるのですが、やはりこの位置からは見えません。GoogleMapをお借りして、位置関係をしめします。

淀川河口付近 GoogleMap利用

歩くことができる最先端まで来ました。特に「なに?」というものもありませんが、お読みいただき、ありがとうございます。


(来歴)R4.3に見直し  R4.5サイト移転  最終R4.7月見直し