永谷園の東海道53次カード・・・ゲット!

広告

毎月1000人に当たる地味な景品 でも大満足

「永谷園」といえば「お茶づけ海苔」、「お茶づけ海苔」と言えば「広重の東海道53次カード」をイメージしてしまうほどの長い間にわたってキャンペーン(プレゼント)されているノベルティーですが、景品が欲しかったので、8袋入り3セットを一度に購入して応募したところ、たまたまうまく当選しました。

小さなものなので、豪華賞品に思っていない方も多いかもしれませんが、結構、楽しめる景品です。

お茶づけ好きならいいのですが、応募券3枚といっても、3枚貯めるのが大変で、応募するまでいかなかったのですが、一度に3袋を購入すると一気に応募できます。

お茶づけパックの中には常時1枚の「東海道53次カード」が入っていますね。

1枚だけあっても、見てしまえばほとんどの方は捨ててしまっている方がほとんどでしょう。

でも、この作品(広重の東海道53次の版画)の全部のカードの図柄を一挙に眺めると、その素晴らしさに驚かされます。

もう少し大きいのが欲しくなるくらい小さなカードであるのが少し残念なところですが、それでも、価値ある1セットと言えますので、(抽選ですが)応募してゲットしてください。

トランプ大のカード55枚が1セットになっています

初代の歌川広重(安藤広重)の「東海道53次」が55枚入っています。

最も有名な「保永堂版」とよばれるもののセットですが、起点の東京の日本橋と終点の京都三条大橋があるので、53宿にそれを加えた55枚が1セットになっています。

歌川広重「東海道53次カード」外装箱当選したカードセット外観

表面は、お茶づけ海苔の袋に必ず毎回1枚づつ入っているカードと同じものですが、セットのカードの裏は簡単な解説文があり、1~55までの追番がつけられています。

当選したカードセット55枚

53宿プラス日本橋と三条大橋

 

裏面に書かれた簡潔な解説文がいい・・・

商品についているカードと当選セットのカードとの違い

景品と商品に入っているカードとの裏面の違い

写真ではわかりにくいのですが、商品に封入されているカード(右側)の裏面はプレゼントキャンペーンの応募内容等が書いてあるのですが、当選したカードセットでは、それぞれの作品の説明が書かれています。

作品の見どころなどが簡潔に紹介されていて、作品をより楽しめるようになっています。

次に、私が気に入っている点や面白いところを紹介します。

 

簡単な紹介と見どころ

作品について、ここで説明するよりも、ウィキペディアの記事にうまくまとめられているので、そちらをご覧いただくのがいいでしょう。 ここでは、いくつか気づいたところを紹介します。

 

作者と作品が頭の中でごっちゃになっていませんか?

私自身、広重の東海道53次のすべてを一挙に見たことがなかったし、広重の北斎の区別もできていませんでした。

広重 名所江戸八景の一部引用 北斎の富嶽36景の一部引用

この左は、同じ「広重」が書いた「名所江戸八景 大はしあたけの夕立」で、右は葛飾北斎の「冨嶽三十六景」の一部ですが、これらは「広重の東海道53次」のものではないのですが、私の頭の中では何がなんだかわからなくなっています。

こんなイメージの混乱をなくするためにも、1セット揃っているものが手元にあって「東海道53次」を頭の中にインプットできれば、その他の浮世絵作品も深く楽しむことができる感じがします。

 

「五十三次」には雨と雪の場面は各3つ

 

53次の雨の場面は2つ

「広重」といえば「雨」・・・のイメージがあリませんか?

でも、この「東海道53次」には、雨の図版は「大磯 虎ケ雨」(左)と「庄野 白雨」と、土山 春の雨・・・よいう3つの宿場の場面しかありません。

また、同様に、雪景色も3場面しか描かれていません。・・・こういうところを見ていくと楽しいかもしれません。

その他のところでも、カードを順に眺めていると、いろいろなところで「???」という疑問や驚きに出会います。

例えば、「川・橋・舟」がたくさん描かれています。これらのいずれかが登場する場面を数えてみると、55枚中31枚で、実に56%もあります。

また、ほとんどの場面は、景色とともに、人が描かれています。

少し大きく描かれているものでは、その動作や表情も感じ取ることができますし、描かれる人数が多いものが多く、反対に、5人以下しか登場しない宿場の場面は20%しかないことも面白いところです。

 

人が描かれていない「江尻 三保遠望」

江尻 三保遠望には人の描写がない?

55景のほとんどに描かれている「人の様子や表情」は見ていて楽しいポイントですが、この19番目の「江尻 三保遠景」にははっきりとした「人」が描かれていないのも面白いところです。

人の気配はするのですが・・・人が描かれている気配

ルーペで探してみて、1部分のそれらしく見えるところを拡大してみると、矢印のように人が描かれているのですが、他の宿場の図では明らかに人の表情や動きまでがわかるように描かれているのに対して、これには外形すらはっきりとは描かれていません。これは注目できる「謎」かもしれません。

こうなると、もう少し大きな写真や実際の版画で詳細に見てみたい・・・という気持ちになるところですが、この小さなカードでも、ルーペで眺めるとまた違った見え方がします。

100均で買った10cm径の大きなルーペが視野も広くて最高です。

100均のルーペ

 

富士山・広重の自己満足・・・などを追うのも面白い

起点の日本橋を「1番目」とすると、富士山が確認できるのは 3-8-11-14-15-17-19-31 に富士山が描かれています。

富士山の出現は、19(江尻 三保遠望)のあとは 31(舞坂 今切真景)に飛んでいるのですが、反対方向の京都から東京方面に進んでいくと、実際には、浜名湖の手前の 33の「白須賀」あたりから富士山が見え始めるらしいので、これらの情景る広重の気持ちや構想などを、日本地図を見ながら比べて想像していくのも面白いかもしれませんね。

川がたくさん描かれているのは、日本に川が多いということですが、橋のない川を大勢の人が渡る場面(歩行渡りと呼ぶようですが・・・)が5つあります。

10小田原 酒匂川 / 18興津 興津川 / 20府中 安部川 / 24大井川 大井川寸駿岸 / 25金谷 大井川遠岸 の5場面ですが、川を渡っている様子が興味深く描かれています。

私が幼少の頃に、母から、「昔は川に橋がなく、人に背負われるなどで川を越えるときに、途中で渡し賃を値上げするクモスケとよばれる悪いやつがいて、・・・・」などの話をよく聞かされていたのですが、そんなことまでを思い出すほどに物語性がある作品です。(私の息子にはこんな話はしないままに息子は大きくなってしまいましたが)

その他の面白いところでは、(説明文にも書いてありますが)「ヒロ」というロゴを書き入れて自分をアピールしている・・・と解説されているものがいくつかあります。

このように、裏面の説明文は楽しみを倍加させてくれます。それを読みながら各宿場場面を見ていくと、結構面白く、広重の気持ちやたくらみが感じられるところなども楽しめるでしょう。

広重の自己満足か?

このカードセットは、サイズが小さすぎるのが残念なところですが、ルーペを片手に、人々の格好や細かい表情などを見ていっても結構楽しめます。

 

広重は、東海道をすべて歩いてこれらの図版を描いたのではない・・・という説があるようなのですが、それにしても、世界の画家からも注目されていたという日本の浮世絵の、小さい画面にいろいろな人の表情や大きな風景などを落とし込む技術などの素晴らしさを、この小さいセットで十分に感じられますので、ぜひ、「永谷園のお茶づけ海苔」を食べるだけで終わらずに、この機会にぜひ応募して、うまくこの景品の1セットを手に入れていただければ・・・と思います。

永谷園さんにも感謝です。キャンペーン期間の延長もあって、この作品に触れることができました。ありがとうございます。