信楽のたぬきと芸術とローカル鉄道

「たぬきのやきもの」で有名な信楽焼ですが、その信楽(しがらき)は、琵琶湖の南に位置していて、忍者で有名な甲賀と伊賀の間に位置した、行くのには結構不便なところです。

信楽の位置は忍者の里の近く

信楽に電車で行こうとすると、信楽高原鉄道の信楽駅が最寄り駅ですが、地図に見るように、電車を利用して観光するにはかなり不便なので、ここでは、自家用車での楽しみ方を案内します。

信楽周辺には、伊賀甲賀の忍者の里や幻想的なトンネルで有名なMIHO MUSEUMなどがあり、自家用車で行けば丸1日楽しめるいいところですので、ここでは信楽駅周辺だけですが、サラッと紹介しています。

信楽駅周辺にも、特に何もないところですが、 ①陶芸の森 ②信楽高原鐵道に乗ること ③たぬきの焼き物を買うこと・・・・を計画すれば、結構充分楽しめますし、「いいところ!」と気に入ってもらえると思います。



信楽は一昔前に比べて余計に寂れてしまった感じです

信楽駅前の閑散とした風景

昔(昭和55年頃でしたが)私の父親が「狸の置物を買いたい」というので、自家用車で信楽に来たときには、観光客も結構多かったのですが、今回はシーズンオフだったこともあってか、道を歩く人の姿もほとんどなく、駅前に1件だけ、昼間の数時間だけ営業している美味しいうどん屋さんがあり、たぬきのお土産さんも営業していてるのですが、ともかく町全体が寂れてしまった感じがしました。

でも、それがまた観光するにはいいところ・・・といえるところもあります。

広告

陶芸の森

陶芸の森は、国道307号線から少し入ったところにある、滋賀県県営の陶芸の奨励施設です。

パンフレットの案内には、「信楽駅から徒歩で20分・・・」とありましたが、信楽駅から車では5分もかかりません。

広々とした駐車場があり、園内入場も駐車場も無料です。(園芸館は有料で、催し物によって入館料は500-750円程度)

陶芸の森のHPより

オススメは「星の広場」の屋外展示です。(見学無料)

陶芸の森屋外展示1

陶芸の森屋外展示2

このような作品がある広場ですが、結構いい感じで芸術に浸ることができた感じがします。 陶芸館(美術館:有料)にも入りましたが、こちらの屋外展示のある景色のほうが記憶に残っています。

これはお勧め、ぜひ、信楽高原鐵道に乗ってみましょう

信楽駅

信楽高原鐵道は、甲賀市の貴生川と信楽を結ぶ 14.7kmの鉄道線です。

何よりも、そのローカル感はたまりませんので、2駅だけでしたが、体験乗車をしました。

駅の構内には、平成3年に起きた列車事故の痛ましい様子などが展示されています。事故当時は陶芸展が開催されていて、お客さんが多かったので余計に大きな事故になったようですが、今は「のどかに時が流れている」・・・という感じです。




私は、車を駅前に駐車して(無料です)、信楽から2つ向こうの駅「勅使」まできっぷを買って乗車して(210円)、帰りは約3km弱を徒歩で信楽駅まで帰って来ました。

帰りは歩かずに、意外と本数があるので、電車利用がいいかもしれません。無人駅で電車を待つのにも、感激するでしょう。

信楽高原鐵道

信楽駅のたぬき 信楽高原鐵道のHPより

単線の折返しで、1両の電車です。このようなラッピングカーでなかったのですが、外装に可愛い絵が描いてある、内部もきれいな清潔感のある車両です。

勅旨駅の様子 信楽高原鉄道2

信楽駅で合計で4人が乗車しただけで、勅旨駅では、私と家内だけしか降りませんでした。

信楽ー玉桂寺ー勅使 の乗車で、徒歩で信楽駅まで帰ったのですが、きちんとした線路に沿った道が通っていないので、結構回り道をしないといけません。

玉桂寺駅まで線路沿いの道を歩き、そこから山を越えて国道307号に出て信楽駅まで帰ったのですが、適当な散歩になって良かったのですが、歩いて帰るよりも、10分程度ごとにダイヤが組まれているので、電車で信楽駅まで引き返すほうが便利かもしれません。

わたしのように電車と徒歩なら、所要時間は約2時間程度を予定するといいでしょうし、電車往復利用であれば1時間程度でローカル感のある鉄道乗車体験ができます。

歩いて帰る途中で、私はたぬきの焼き物を買ったのですが、興味ある方は、散在する窯元を巡って、あたりを散策されるのもいいでしょう。(もちろん、車で行くこともOKです)

窯元散策路

たぬきの置物

なんと言っても、信楽のシンボルは「たぬき」です。花器などの「信楽焼」もいいのですが、信楽焼のたぬきは可愛くて、値段も手頃で、私は、自分へのおみやげとして購入しました。

これは、型にはめて成形して、それに絵付けをした焼き物ですが、擬人化しているタヌキは微妙に顔の表情が変わっているので、自分の気に入った可愛らしい物を選ぶといいでしょう。

信楽に来たシルシとして永く残るお土産です。 3500円のものを購入しました。

信楽焼 たぬき 購入した信楽焼のたぬき

女の子のようなおっぱいのある、高さが30cmくらいのタヌキですが、よく見るとちゃんとたまたまチャンがついています。男の子でした。

変わり種たぬき

変わり種のたぬきもあるので、いろいろなお店をめぐるのも面白いでしょう。

家に帰ると、毎日、玄関でたぬきちゃんが微笑んでくれているのが愛らしいのですが、amazonにも売っているのにびっくりしました。

現地を訪れる観光客が少ないと、店売りでは食べていけないのでネット販売に力を入れているのかもしれませんね。(下にリンクを張っておきました)

→Amazonにもあるのにビックリ! 現地で購入したよりも、価格が若干高い感じがしますが・・・。


(来歴)H29.11月に記事作成 R3.11月記事を更新。URL変更。最終R4.7月誤字脱字見直し