折りたたみ自転車で楽しむ(2)輪行袋~携行

スポンサーリンク

輪行は無理ですが、移動と保管で輪行袋を購入しました

この折りたたみ自転車を12,800円でWEBで購入したのですが、(記事はこちら)結構小さいとはいうものの、車体重量は15kgあります。また、折りたたんでも結構さばっているので、置く場所も考えておかないといけません。(前カゴは使わないので付けていません)

組み立て完了の折りたたみ自転車

ベランダに「ミニ物置」をおいてそれに収納することを考えたのですが、自転車以上の高額出費になりますし、それを購入すると他の物を詰め込んでしまって、自転車を引き出すのも大変になるのは間違いありませんので、輪行キャリングバッグ(輪行袋)に入れて、玄関内のスペースにおくことにしました。

購入したのは廉価品ですが、すぐれものです

私は、好みのヨドバシネットで2,360円で購入しましたが、楽天やアマゾンでも販売されています。サイズを確認して、比較して気に入ったものを購入するといいでしょう。ここでは、安くても、結構使えるということを紹介しています。

輪行袋を探す(楽天) (価格もピンきりですが、参考に)

輪行キャリングバッグDB-6

品名:DOPPELGANGER 輪行キャリングバッグ DB-6 (メーカー:ビーズ株式会社)

本体は約1kgで、折りたたんだ状態では小さいサイズですが、収納可能サイズは90x64x39 (cm)となっています。

購入した自転車を折りたたんだ状態の概寸を実測すると、85x60x45 (cm) でした。

自転車が送られてきたときと同じように、片側ペダルを外せば指定寸法内に入るので問題ないのですが、そのままの状態で入れてみたところ、適当に膨れて収まるので、問題はありませんでした。様子を紹介します。

DB-6を広げたところ

収納サイズに比べて意外と大きいです

広げたところの写真です。

収納サイズは29x20x10(cm)でコンパクトですが、丈夫なポリエステル製ですので、一度広げると、最初の位置にきっちり折りたたむのはむずかしいようです。

(説明書には、送られてきたときと同じように、下側の写真のジッパー内に収める収納方法が書いてありますが・・・しかし、元通りに戻すのはむずかしいです)

自転車の収納は簡単です

胴部を折りたたみ、サドルを下まで下げた状態で、ハンドルを外して袋に入れます。

折りたたんで入れます

ハンドルもうまく入り込みます

ハンドルを車体の間に入れても余裕があります。

袋の内側

袋の内側も丈夫にできています。持ち上げても、しっかりしています。

自立します

収納には、5分もかかりません。特に難しいということはありませんでした。

自転車側で折りたたみ時に自立するように細工されていますので、この状態で倒れることはありません。そして、気になっていた「サドルの飛び出し」も、ほとんど目立ちませんし、問題はありません。

内側に工具や小物が入るポケットがあれば、BESTなのですが、でも、充分レベルで、安価でも結構うまく作られています。

私の場合は全く問題ありません。しかし・・・

私は、折りたたみ自転車を自家用車に積んで、目的地で組み立ててから乗る・・・ということでこの組み合わせを選びました。

折りたたみ自転車(税込み12,800円)+輪行袋(税込み2,360円)で揃えたのですが、両方とも、100%良い製品でしたので満足しています。(私が購入した自転車の楽天サイトですが、こちらの記事でサイトを紹介しています。商品の入れ替わりも多いので、価格等を参考にして選んでください)

しかし、これらを持って電車で移動するとなると、自転車の重量15kg+輪行袋と最少工具では17kg強になるので、移動はかなりハードです。また、上にも書きましたが、輪行袋をコンパクトに畳むのは、慣れないと至難の業です。そのあたりは事前に検討ください。

自転車は、重量と価格が反比例しています。「折りたたみ」と言っても、持ち運びやすいというものではありません。この価格帯では、輪行(電車で移動してサイクリングを楽しむ)ことは無理ですので、目的をしっかり考えて購入するのがいいでしょう。

価格だけは選択するのに悩ましいことなのですが、私はそのたのポイントよりも、「安い」を優先に選択しました。こちらのページでも取り上げています。

自家用車で行った先で自転車が利用できると、非常に行動半径が格段に広がります。

目的をしっかり考えて購入すると、新しい世界が広がるでしょう。この記事が何らかのお役に立てれば幸いです。


取り出したところ折りたたみ自転車で楽しむ(1)購入~組み立て


(来歴)R1.7 文章確認  R1.9 見直し

スポンサーリンク