宮山つつじ園

大阪府豊中市の北部の宮山地区に、豊中春日神社さんが管理されているつつじ園があります。

毎年4月の桜の時期と同じ頃のツツジの開花時期にあわせて、期間限定で無料開放されています。ツツジの多くは「コバノミツバツツジ」という小ぶりの花がメインです。

 

宮山つつじ園入り口 宮山つつじ園のツツジ

交通

阪急豊中駅と千里中央バスターミナル間を走る『40番』の阪急バス宮山バス停で下車するのが便利です。

自家用車では、開場期間中はつつじ園の前あたりに、4台ほどが駐車できる駐車スペースが用意されていますが、つつじ園を管理されている豊中春日神社はいい感じの神社ですので、神社の駐車場(無料:約20台程度駐車可)に止めて、参拝とツツジ見学をあわせてされることをオススメします。

豊中春日神社へは、中央環状の桜の町北交差点から豊中亀岡線を約800m北上したところですが、専用駐車スペースは、豊中春日神社をすぎた北側すぐの交差点の坂を登ります。

こんな感じの少しきつい坂道です。左が春日神社で、この先100mにつつじ園があり、その手前右側に専用駐車スペースがあります。(駐車スペースは、開場時期以外は使用できません)

つつじ園に通じる道

H31年の次期遅れのツツジ見学(つつじ園の入り口付近から撮影)

このような遊歩道を散策するようになっています。

裏山一帯は、2018年の台風被害の爪痕がまだ残っていて、完全に山が回復するのに時間が掛かりそうですが、保存会の方が尽力されているので、しだいに回復してきています。

つつじ園の裏山の倒木処理(裏山では、倒木の整理作業中)

 

宮山つつじ園のツツジ

このつつじ園のコバノミツバツツジは枝の先に小さい葉が3枚ずつ輪生していることからこの名前があり、落葉の低木で、葉の出る前に花が咲きます。

豊中市の北部はなだらかな丘陵地帯がおおく、この宮山もこんもりとした山になっており、このツツジは、江戸時代に阿部摂津守という人が植栽したもので、全山花盛りで花見客ににぎわった・・・という記事が「宮山つつじ保存会」の案内にあります。

コバノミツバツツジつつじ園のツツジ

難しい「躑躅」という字

「つつじ」は漢字で「躑躅」と書くのですが、漢字辞典によれば「花は行く人の足を引き留める」ほど美しいという意味があるようです。

しかし、この字は難しすぎて好きになれない感じなので「つつじ」「ツツジ」と書いていますが、やや小ぶりのツツジの花はきれいです。

毎年4月はじめの桜の咲く頃と同時期に、9:30~16:00と昼間だけですが、保存会の方がお世話してくださって「つつじ園」が無料開放されますので、時期になればこのHPで案内するようにしたいと思っています。

時期的には、桜の開花時期と同じ頃です。
つつじ園臨時駐車場