OSAKA WHEELとNIFREL(大観覧車と体験型水族館)

大阪モノレールの万博公園駅から歩いてすぐのEXPO CITY(エクスポシティー)にある、123mの大観覧車や体験型水族館の「NIFREL(ニフレル)」などもあるショッピングスポットは結構楽しめます。

もちろん、大きな駐車場があり充分に駐車スペースがありますので、車でもOK

ただ、EXPO CITY自体が全体に混んでいるので、休日のお昼前などは駐車場に入れるのにかなり時間がかかるかもしれません。WEBで駐車場の混雑状況もわかります。

広告
広告
広告

OSAKA WHEEL レッドホース

OSAKA WHEEL観覧車乗り場

正式名は、Redhorse OSAKA WHEEL(レッドホース オオサカホイール)というようです。

開業(H29年7月)当時はしばらく混雑していたのですが、ほとんど待ち時間無しで乗車できます。この日も15人程度の人がならんでいましたが、普通に歩いていくとすぐに乗れました。

混んでいるようなら、「FAST10チケット」というのがあって、優先的に乗れますが、当日1人1000円が基本料金のところが、10分以内に乗車できて1500円/1人 です。しかし、開店当時のような混雑することはない状態なので、話しながら並ぶとすぐですので、あえてそれを考えることもないでしょう。

18分間の乗車時間です。H29年に「恋人の聖地」に認定されたということで、3本セット500円の「願掛けミサンガ」を購入するというのはどうでしょう。

回廊に1本を結び、残りをそれぞれが思いを込めて持ち帰るというものです。どのようにしても自由ですが・・・。

 

ちなみに、4名まで8000円のVIPチケット(2基が用意されています)があります。

今までに私はVIPゴンドラに乗っている人を見たことがありませんし、二人で行けば、定員6名であっても2人だけで載せてもらうことが出来ますので、難なく普通料金で2人VIPを楽しめます。

VIPゴンドラは全2ゴンドラあって、普通のゴンドラと少し色が違うので、わかります。周りの人から見られる優越感はあるかもしれませんが、それがいいのかどうか・・・。

中身の違いなども、見比べたことがないのでわかりませんが、4名定員で定額料金です。

観覧車ゴンドラ 観覧車の頂上付近

空いていれば、順番に詰めるのではなく、係員が気を配ってくれて、一つ飛びに乗せてくれます。粋な配慮です。

「シースルー」というのが「売り」ですが、ゴンドラの足元に厚い透明のビニールが敷いてあります。

どうもこれは、下から覗かれるという対策も兼ねているように思います。上から見えるということは、下から覗かれるということですね・・・。

 

外界の景色は、ホイールが1/4回転するまでに、透明ビニールを横にずらすと、真下が見えます。壮大な眺めです。

しかし、1/4回転したあとは、ゴンドラが前後に続いているのが見えるだけで、特に、シースルーという特別さは感じません。

ぜひ、乗りこんだら、すぐにビニールを外して下を見てください。こんな感じです。もちろん、最終の1/4回転時にも、真下が見えます。

足下がシースルー これから下ります

乗車した時は薄曇りでしたが、神戸方面の海や生駒山、金剛山方面など360度の展望できました。18分1000円は値打ちがあるといっていいでしょう。

双眼鏡があれば、絶対に持って行かれるといいですよ。

ライトアップされた観覧車 上から見る太陽の塔

夜はライトアップされているので、幻想的です。(私は昼しか乗っていませんが)

横にある太陽の塔を見下げるのも、ちょっとしたいい気分になりますよ。

生きているミュージアム ニフレル

ここは「感性にふれる」というのがコンセプトの動物などと触れ合える空間です。

色・動き・姿・水などに「触れる」ということで名付けられているようですが、天保山にある「海遊館」の姉妹施設です。

ニフレル外観 ニフレル入り口

ここも人気スポットで、昨年までは長時間待ちが続いていましたが、一巡したのでしょうか、少し余裕を持ってみることができるようになりました。

ニフレルは、夕方17時から2人で3500円のトワイライトチケットがおすすめです。

そして、ニフレルは(大人券だけですが)サービスチケットを用意しています。チェックしてみてはどうでしょう。

 

当初、体感できるミュージアム「Orbi(オービ)大阪」が、MARUMIE-Plazaという「地球大冒険」がテーマのどちらかというと子供向けのコンテンツに変わったあと、また、それも閉館になってしまいました。

変な言い方ですが、人の流れが悪い位置にあるため、認識されにくいのかもしれません。人の流れは、ニフレル前からOSAKA WHEELの前を通ってLOFTの方に流れていきます。人の習性を考えない設計の問題のように思っています。

人でごった返しているときも、意外と空いているEnglish Village横のCNN Cafeなどが狙い目です。

最近人気が出てきたのは、若い人に人気の「VS Park」。バンダイナムコのスポーツ遊戯スポットです。

通常料金が2時間2800円と、結構良い価格ですが、人気があるようです。

 

EXPOシティーはショップ・グルメ・アミューズメントなどの複合施設で、期間イベントなどもあって、隣接する万博記念公園と合わせると、1日は充分に遊んでいられます。(費用は別ですが)

オービー大阪とOSAKA WHEELの運営会社は同じ「レッドホース」の関連会社で、新しいマルミエプラザもレッドホスです。先に紹介しました「ニフレルと海遊館」は同じ海遊館の経営でが、EXPO CITYには人が多いのですが、その割には「施設が儲からない」という変な図式になりそうな雰囲気もありますが、そうならないように願いたいものです。

 


大阪咲洲庁舎 WTC 展望台 南港大阪咲洲庁舎の展望台から

いのちの塔 いのちの塔・・・気色悪い感じが漂う