寺社名が3駅続くめずらしい阪急宝塚線の駅

少し珍しいと思うのですが、阪急電車の宝塚線の宝塚駅の手前の3駅名が連続して社寺の名前の駅名になっています。中山観音駅 → 売布神社駅→ 清荒神駅の3駅です。

このあたりは、特に年末年始は非常に混み合うところですが、季節外れの時期にゆっくりと一人で歩いてみると、意外といいところですので、一度訪れてみるのはどうでしょう?

中山寺駅から売布神社清荒神を経て宝塚まで5km程度の距離ですので、散歩がてらに歩ける距離です。



中山寺(なかやまでら)

阪急宝塚線の中山観音駅で下車します。この駅名は以前は「中山」でした。

2013年に駅名が変更され、同時期に同じ宝塚線の寺社関係の服部駅も服部天神駅に変更されています。

阪急中山観音駅

私はそのころ東大阪市に住んでいて、近くには、野崎参りで有名な「野崎さん(野崎観音)」があったのですが、息子2人が生まれたときに、わざわざこの「中山さん」に腹帯を授かりに来たぐらい「安産祈願」では有名な観音様です。

家内に言わせると「ご利益」があると言います。ともかく、二人の息子も問題なく育ちましたし・・・。




駅前には、犬印妊婦帯の宣伝があります。

駅前に犬印妊婦帯のPR

この会社は一度つぶれたようですが、この会社の妊婦帯は家内も購入していましたので、懐かしく、そして、その頃は子供の数も多かったのか、簡単につぶれることはないように思っていたのですが、今は立ち直って頑張っているようで、ほっとしました。

息子の出産の頃は第2次ベビーブームに当たっていて、沿道には軒並みに「白い晒(さらし)」を販売する店が並んでいた記憶があります。

「中山さん」では、「白い晒(さらし:腹帯)」を購入してお参りすると、祈願済みの晒を授かる・・・というシステムになっていて、頂いた腹帯をお腹に巻いていると、安産が約束されるというものです。

晒は一種の御朱印のようなものですが、その晒には、達筆で呪文か経文のような文字が書かれていました。

これを順繰りに、新しい晒を持ってきて祈願済みの晒をいただくという、次々に受け継いでいくシステムなので、ずっと他の人と脈々とつながっていく、いいシステムになっているなぁ・・・と思いました。

妊娠中に、妻が犬印妊婦帯と授かった腹帯をしていて、「暑い暑い」といっていたのを、ここにきてこの看板と店先を見て、当時のことを思い出しました。

駅前にはいろんなお店が

少し早い時間であったので店が開いていませんが、今、その晒を売る店も少なくなっているようです。少子化の影響をもろに受けているのかもしれません。

考えてみると、息子が生まれた頃は「良き時代」だったのかもしれません。

朝が早かったのかしまっているお店

開店前の駅前商店前を少し歩くと、すぐにお寺に到着します。門をくぐると、本堂まではかなりの距離があり、そこへの階段が目に飛び込んできます。

中山寺門前 妊婦には階段がきつかった

腹帯を授かりにきた当時には「この階段は妊婦にはきつい・・・」と思っていたのですが、家内に言わせると、妊婦よりも同伴してくれた両親がここを登るのにきつかったようで、そういうことで設置されたと思う・・・と言っています。



本堂までの2か所の階段にエスカレーターが設置されてラクラク本堂まで直結できます。もちろん、歩いて登ります。

参道のエスカレータ

本堂でお賽銭をあげながら、息子たちの成長に「ありがとうございました」と心の中でお礼の言葉を唱えてから、次の目的地の「売布(めふ)神社」に向かいました。

売布神社(めふじんじゃ)

ここでは、もと来た中山観音駅方面に向かわずに、西側にある売布神社の方角に向って適当な方向を向いて歩きました。

適当な方向に歩きました

神社に通じる道が「巡礼街道」となっていますので、そのほかに社寺関係が軒を連ねているのかな? と思いつつ、約20分ほど歩くと、売布神社の麓にたどり着きました。

この地震対策をした鳥居を見ると、新調するのは問題なのか困難なのか、難しいことだなぁ・・・という感じもしますが、地元の神社そのもの・・・という趣で、この姿もいいものだと思いました。

売布神社 補強された石の鳥居

由緒ある神社のようで、この古い字体の点が加わった字のほうが、新字の「売布」よりもいい感じがします。

神社」の漢字にも余分な「点」が打ってあるので、なんとも言えない趣の字なのですが、きっと何かの由来があるのだと思うものの、それに対する説明書きなどもない簡素な神社で、人がいないことも手伝って、神社の神域全体もインパクトに欠けるのですが、非常に静かで良い神社で、地元の神社ですから、それはそれでいいのでしょう。

おごそかな売布神社 社務所はしまっていました

先ほどの「中山さん」は儲かっている・・・という「派手な」感じでしたが、この売布神社は、出会った人も少なく、社務所も閉まっていて、ひっそりとした佇まいです。

ご近所の守り神であり、しめやかに時を刻んでいる・・・という感じで、非常にいいところです。 階段を上るときの静けさは何とも言えません。

清荒神(きよしこうじん)

売布神社から清荒神までは、最短コースをとると15分ほどで到着する距離ですが、道を間違えたのか、30分以上かかりました。

清荒神へ

清荒神様は台所の神様で、ここへは、家屋を購入した時に、家内に引っ張られてここに来ています。

荒神さんのお祭りの仕方

このようにお祭りする「見本」があって、もちろん、毎年御札をいただくのが普通なのですが、自宅から遠すぎるので、その後ずっと、その他の神様のお札とともに冷蔵庫の上の神棚でご在宅です。

閑散期で、しまっているお店も多かった

初詣の新年3が日は非常に混むという話を聞いていました。しかし、この時期は、写真のように商店には「歯抜け」が目立ち、この日は土曜日でしたが人通りも閑散としていました。

拝殿

ここが拝殿で、お札を授かるところですが、その裏手に回ると、写真のような棒がありました。

何をするのか知らなかった棒

ご利益のある「榊」の木が植えてあって、棒の届くところに「5円」のお賽銭を供えて、それをこの棒で取り出すと「こずかいに不自由しない」・・・らしいということを、あとになって知りました。

この時には、この榊が植わっているのにも気づかず、この棒が何をするものかもわからずに、砂に「の」の字を書いて帰ってきただけですので、私のような失礼がないように、興味がある方は、HPなどを調べてからお参りしてくださいね。

以前に来たときは、これに気づかないほど混んでいたののかもしれませんし、今回も何も知らないで「の」を書いただけでしたので、これからの私の「こずかい」はどうなるのでしょうね。

本殿

これが本堂です。今まで、拝殿が「メイン」と思ってそこだけお参りをしていましたが、3回目にして初めて正式にお参りをしました。

この奥手に「鉄斎美術館」があります。今回は立ち寄りませんでしたが、本堂手前にある史料館で素晴らしい茶器などの展示品を無料で見させていただき、十分満足しました。

そして・・・阪急宝塚駅へ

阪急宝塚駅
清荒神から宝塚駅までの道も、かなり迷いながら歩いたので遠回りしてしまいましたが、歩く距離が少ないので、それも気になりません。15分程度のところを30分以上かかって駅に到着しました。

以上ですが、全工程路最短距離で順に巡ると5km程度ですので、適当に寄り道しながらゆっくり歩いても半日あれば十分ですので、一度、充分にご利益を得る手順を下調べしておいて「三社詣」でご利益を集めまわってみる・・・というのはいかがでしょうか。




(来歴)R4.3に見直し  R4年5月にサイト変更  最終R4年7月に誤字脱字見直し