初めての電子工作ではなにをすればいい 1/4

電子工作をやってみたいと思っている人も多いと思います。これは、私の勤める機械加工の会社で、電気電子に無関係な業務の若い機械作業者に「電子工作に興味を持ってほしい」と電子工作実習をやってもらった話です。これから電子工作を始めたい方にも参考にしていただけるのではないかと思います。

企業は、業務の作業効率を優先される昨今ですから、このように、業務と直接関係ないことに会社の費用と時間を使うことに同意しない管理者もいる中で実施する問題もあったのですが、賛否や成果の度合いなどはともかく、イチから電子工作をした場合はどんなことをしたらいいのだろう・・・とい興味がある方は読んでみてください。

また、これから電子工作をやりたい方は、これらを自分でやっていただくと、闇雲に雑誌の内容をやっていくよりもいいと思っています。

手を動かしたくない人が多くなってきているようなので・・・

最近の工作機械類には電子武装した機械が多くなり、機械の不調や故障があれば、機械の中も見ずに、すぐに業者に修理依頼を出してしまうことが多くなる傾向があります。

もしも何かの機械や設備に異常が出たときに、もしも、すべての作業者がテスター片手に機械の内部を覗いて、故障箇所を探したり、異常の状態を切り分けて修理業者と打ち合わせできるようなら、時間ロスが軽減して、復帰のための計画なども立てやすくなることは確かなので、電気電子を敬遠しない気持ちを持ってもらいたいという希望も含めて、電子工作の実習を計画しました。

私自身は金属学が専門で、電気電子は専門外ですが、中学生当時に電子工作の経験があったので、実習を計画したのですが、1時間程度を6回(計6時間)しか時間が取れなかったのですが、やってみると、初心者が1から始めるのは難しかったのですが、やってよかった・・・という感想です。

全く電子や工作を知らない人がはんだ付けしたりテスターで測定するのは初めてで、もっといろんなことがやりたいようですが、社内教育として定着させていくのはまだまだ先の話になります。

若い人の多くは意欲もあり、積極的で、前向きですが、経験がないことをするには、それなりの手順と知識がいるのですが、それにつぎ込む時間的余裕はないので、まず、電子工作の「さわり」だけを体験してもらうことを実習してもらうことにしました。

このような企画や計画を考えておられる方や、実際に自分で電子工作をやってみたい・・・という方の参考になれば幸いです。

実習の内容は、数時間の実習なので、大したことも出来ませんが、いろいろ検討した結果、以下をすることで落ち着きました。

1)1・2時間目 電子工作に必要な道具やパーツを購入する体験をする
2)3時間目 電子工作キットを使ってはんだ付けの実習をするLEDを点灯させる実習をする
3)4時間目 電子工作キットを使って、テスターで測定する実習をする
4)5時間目 LEDを使って点灯させる実習をする
5)6時間目 自己保持回路組み立てて動作させてみる

さて、まず、会社(企業)で新しいことを始めようとするのは大変だ・・・という話から始めます。

会社で業務外のことをするのには反対意見も多い

企業ですから、人・時間・金の制限がありますし、与えられた業務に加えて余分なことをするのですから、問題も批判も出てきます。

私の務める会社は70人程度の小さな会社ですが、何か新しいことをしようとすると当然に、根回しをして、実施ができそうな気配なら、きっちりした計画を示して同意を取らなければなりません。

社内の通常の会議では、「社内教育と人材育成が絶対必要だ」という話はしばしば出るものの、それをやることは簡単ではありません。 作業意外のことに人を取られるのですから問題も多いし、「それをやって何になる」というような、具体的な成果を求められますので、きっちりと計画書を明示して同意を得ておくことも必要です。

1時間を6回の合計6時間で実習する

結局、職場選抜で、若い人を中心に毎回1時間計6時間で、私を入れて7人が電子工作の実習をする・・・ということでOKが得られたのですが、基礎知識のための座学も必要なのですが、若い人は基礎理論や計算を嫌がりますし、宿題は無理ですから、①部品購入をする経験する ②はんだ付けを経験する ③LEDを使ってみる ④回路図を見て配線する ・・・ などを考えたのですが、ただ単に、組み立てキットの組み付け作業とはちがうことをしようというのが根底にありました。

 

まず、使えそうな電子工作キットを探してみました

適当な工作キットがあれば、それを使うのが簡単ですから、WEBで探してみました。「電子工作」と検索すると、たくさんの既製のキットが紹介されていて、いろいろなキットが販売されています。

秋月電子通商 協立エレショップ 若松通商 さんなどのHPを検索しても、面白そうなものがたくさん販売されていますし、もちろん、Amazonや楽天などでもいろいろと販売されています。

キットの内容を見てみると、入門キット 学習キット 時計キット ゲームキット ラジオキット リモコンキット 真空管キット デジタルオーディオキット ギターアンプキット 音響効果キット 照明効果キット インバータ 電源キット 計測/測定器キット 制御キット センサキット サーボモータメカトロキット モータアクセサリ ・・・ という文字がならんでいます。

いずれも、比較的安価でうまく考えられているのですが、説明書に沿ってはんだ付けする物が多く、プラモデルを組み立てるような感覚で面白いことは面白いのですが、全く電気や電子を知らない人では、はんだ付けの練習からやる必要があるし、キットの組付けでは、「何も考えないままに組み立てるだけ」で終わってしまいそうなので、既成のキットはPASSして、最終的には、ADOWINさんが発売している「キットで遊ぼう電子回路」を使おうと思って、Vol.1の一部だけを利用することにしました。

ADWIN電子回路Vol.1 このときに使った電子工作キット

このキットのパッケージは新しいもの変わっています。Amazonで販売されているので、チェックされるといいでしょう。(下の画像にリンクあり)

キットで遊ぼう電子回路 基本編vol.1

新品価格
¥3,740から
(2022/2/12 19:04時点)

私はこの実習に先立って、Vol.1とVol.2の両方の内容をさっと通しでやってみたのですが、かなり内容もうまく解説されており、電子回路の基本が一通り体験できる内容になっています。

しかし、すべてを実習する時間がないので、Vol.1のほんの一部だけを取り上げて実習することにしました。(これは、後で順次に説明します)

Vol.1だけでも、ハンダ付け、基本パーツや回路のテスターの使い方、オームの法則の理解、ダイオードを使った論理回路、CR回路・・・などのイメージが掴めるようになっています。

*****

楽天やアマゾンでも面白そうな電子工作キットが販売されています。自分でやってみると面白そうなので、目を通しておくと、いいものが見つかるかもしれません。

→電子工作キットなどを楽天で探してみる

結局は、全然違った独自のやり方を考えました

WEBで探すと、教育用の本格的なキットも販売されています。油圧ユニットやシーケンサー、パソコンを用いたプログラミング・・・などの教育用キットがあって、本格的でいいものもあるのですが、高価ですし、何よりも数時間で完結するのは難しいしもったいないので、今回はパスしました。

 

実習内容は、最終的には、①部品購入を体験する ②はんだ付けを体験する ③テスターを使う ④LED点灯でオームの法則にふれる ⑤回路図を機械動作に関係深い自己保持回路を組む というものに絞り込みました。

********

次のページは、第一課題の、電子工作に必要な道具類と最小限の電子パーツをみんなで購入する・・・を紹介しています。→次のページへ