千里の天神さんは千里の守り神

スポンサーリンク

大阪モノレールの駅にある案内表示が気になっていたのですが、千里ニュータウンの開発されるはるか昔からこの地にある神社「上新田天神社」に行く機会を得ました。

車で行く人のための駐車場案内

上新田の地図

千里中央の南(徒歩約8分)のところにある天神さんです。千里中央駅(北大阪急行・大阪モノレール)から徒歩で行っても、すぐのところにあります。ただし、車を利用する場合は、ちょっと気をつけるところがあります。

随所に案内板があるので、近くまではたどり着けるでしょうが、ここは「村の鎮守様」という感じの神社のため、周りの道はかなり狭いところが多く、対向車がきたら、譲り合わないといけません。

駐車場は、神社の南側に門と参道の上にあり、横から坂を登っていきます。

天神社の参道入口

この上にお社があります。そして、左手に、駐車場に通じる道があります。

駐車場はあります

写真のような案内が左手に見えますので、そこを上っていくと、無料駐車場になっています。ただ・・・ここではありません。

神社の駐車場ではない駐車場

門に通じる道路脇に、大きな駐車場が2つあって、あたかも、天神社の駐車場のようですが、「ここは神社の駐車場ではありません」と書いた掲示があります。

確かに赤地に白い看板の後ろが天神社ですが、この立派な駐車場に、間違って入ってしまうほど、紛らわしいので注意くださいね。(そういえば、神社の駐車場案内はなかったようです)

無形民俗文化財のとんど祭

まず、見どころから紹介します。

とんど祭の案内板

お正月飾りなどを焼き上げる「とんど」ですが、大きな櫓(やぐら)を積み上げてそこに火をつける民族的な行事として、無形民族文化財に指定されています。

毎年1月14日の午後8時頃から1本の松を中心に立てて、竹や藁で直径3.5m高さ3.5mの櫓を作った櫓(やぐら)に火をつける、この土地の風習となっているものです。

神社の縁起はかなり古いようです

天神社の由緒

神社の縁起によると、1616年にこの地の開拓が命じられて1626年に創建されているとあることから、400年以上の歴史があることになります。

何しろ、この場所に神社ができたのは1686年ですので、いずれにしても、300年以上の間、地域の氏神様として崇められていると書かれているように、何しろ古い神社と言えますね。

天神社の階段

階段を登ると駐車場があり、その上に拝殿があります。

駐車場から拝殿を眺める

もちろん、「天神さん」ですので、藤原道真公をお祀りしていますが、宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)という神様もお祭りしているようで、その神様は女の神様で、伏見稲荷などの稲荷神社でお祀りされている農商工業の神様なので、お稲荷様のお社(千里稲荷神社)があるようです。

教育委員会の案内文

稲荷、牛、木 などもお祀りされています。

稲荷神社もあります御神木

年間祭事

トイレで、かわいい巫女さんに出会えました。

トイレの張り紙 巫女さん

千里ニュータウンの開発は1961年頃から始まったのですが、この上新田地区はそれ以前からあった集落です。

いわば、ニュータウンと共には開発されなかった地域で、ひっそりと、この神社が千里の歴史を見てきたということになります。

しかし、千里中央に近い地域ですので、あたりはマンションなどが林立しており、マンション周りや千里ニュータウン地区は、大きな道路が作られていますが、ともかくこのあたりは、昔ながらの地域で、丘で坂が多い上に、昔の道路しかないので、車で通るにはかなり苦労をします。


その他の記事

あほんだら獅子千里中央に近い公園「千里中央公園」「千里東町公園」

SENRITOよみうりの駐輪場千里中央の駐輪場でのおすすめはココ

スポンサーリンク