突発性難聴の体験談 朝起きたら片耳が何も聞こえないんです

突発性難聴は全くの突然に、不安のどん底に落とされます。その体験や治療の様子を書き留めました。

突発性難聴は、患った人だけしかわからない、恐ろしい病気で、なった経験のある方もお少なくないように思います。

WEBを見ても、ほとんど、体験談や症状の詳細記事がないので、私のケースなので一般的ではないかもしれませんが、どんなことでも参考になれば・・・と記録しておきます。

聞こえがおかしくなったら、すぐに耳鼻科に

私は、50歳ごろに左耳が突発性難聴に罹患し、20年後に、反対側の、右耳の突発性難聴を罹患しました。

その症状は、いずれも、全く違い、回復や経過も、全く違いました。

いずれも、幸運にも、ほぼ、完治したのですが、そのためには、「異常を感じたら、すぐお医者さんに駆け込む!」・・・です。

治療法は、両耳ともに、ステロイドの処方でした。

いずれも、生活に支障ない程度まで回復したのですが、医師の話では「治療が3日遅れると、回復しなかったかも・・・」という病気のようです。

急に耳が聞こえにくくなり、突発性難聴を疑って、この文章にたどり着いた人もおられるかもしれませんが、何をおいても、耳鼻科医院に駆け込んでください。

土日の休診日であれば大変です。早く治療を受けるか受けないかで、治るか治らないかが決まります。

PR


朝起きると、片耳が何も聞こえない

20年前に発症した左耳は劇症的でした。

朝起きると、全く片耳の音が聞こえず、「ゴンゴン」という、耳の雑音があるだけで、外部からの音は聞こえずに、耳の中が押さえつけられる状態になってしまっています。

その当日に耳鼻科を受診しました。

ゆるいステロイド剤を処方され、様子を見よう・・・という治療でしたが、その3日目になっても回復傾向が見られないので、当日に大きな病院で本格的にステロイド剤の点滴を開始しました。

それから3ヶ月間は、全く、左耳の聴力がない状態で、普段の生活もママなりません。

音が聞こえず、大きな耳鳴りだけがあり、片耳だけでは、音の方向がわからないので、自動車の運転もできません。

結果は運良くて、3か月後になって聞こえ始めたのですが、その時の医師は、「すぐに治療を受けたことが良かったのだろう・・・」とおっしゃっていたので、まず、ともかく、異変を感じたら、耳鼻科に駆け込むことが第一です。

医師によると、ステロイドによる治療を行っても、普通の状態に回復する人は1/3で、全く回復しない人は1/3・・・という実績のようで、ともかく、すぐ耳鼻科で受診・・・が、治るか治らないかの分かれ目といえます。

PR


今回は、朝起きると、音の方向が一定しない異常でした

今回の右耳は、前回とは、全く違った状況でした。

朝起きると、音の聞こえてくる方向が定まらず、耳垢が溜まっているのでは・・・という程度の異変でした。

運悪く、日曜で、お医者さんは休診のために、月曜の朝一番に耳鼻科医院に駆け込んだのですが、聴力検査をすると、下のグラフのように、左右の耳の両方ともに異常がありました。

しかし、左右の耳は、音は聞こえています。

70歳を超えているので、太い水色で示すように、高音が聴こえにくいのは仕方がないのですが、左右の聴こえ方が周波数で異なると、ふらついた感じになり、かなり気分が悪くなります。

音の方向が定まらずに、音の位置が回っているように聞こえるのですが、医院では、様子を見るということで、血流を良くする薬を処方されただけでしたが、その3日後になって、はっきりと「聞こえの異変」が出ました。

そこで、再度聴力検査をすると、左耳がほぼ回復していて、逆に、右耳が全く聞こえない状況になっているので、その当日に大病院の予約を取ってもらって、すぐにステロイドによる治療を始め、10日後に、ほぼ回復した・・・という経過です。

下のグラフは、聴力検査結果と70歳の一般的な聞こえ方を示しています。 加齢で高音域が聞こえなくなるのは仕方がないのですが、中音域の聞こえ方で、異変を感じるようになるようです。

グラフでは「最終的な聞こえ方」ではありませんが、聞こえ方がなだらかに変化していると、左右の音量バランスは感じますが、異常な感じはありません。

ステレオ装置で音を聞くと、20cmほど、音の聞こえる位置が左によりました。

聴力検査の推移

「聴こえ方」の大まかな数字の目安の数字でいえば、40dBは「ほぼ聞こえない状態」、60dBでは、「全く聞こえない状態」の数値です。

PR


治療の方法は、担当医師に任せるのが賢明

20年前も現在も、ステロイドによる治療法をするのは変わっていないようです。なんでもが情報になると思うので、経過を書いておきます。

20年前の左耳の時は、ステロイド点滴を、通院で毎日、2週間続けたのですが、もちろん、入院を勧められたのですが、毎日通院しました。

今回の右耳難聴では、ステロイド漸減療法という方法で、3日間点滴をした後に、ステロイドの飲み薬に変えて、その量を減らして、合計9日間のステロイド治療でした。

さらに今回は、念のために、耳神経系に異常がないかを調べるために、頭部のMRI検査をしています。 MRIでは、神経や骨の異常はありませんでした。さらに、認知症の傾向などもわかるようですから、これも異常なく、無駄ではありません。

ステロイド治療を行う前に、医師から、「回復を確約するものではないこと」「治療過程での副作用について」の説明 をうけ、治療同意書にサインします。

そして、当日すぐに、糖尿病などのステロイド治療に対する懸念がないことの確認で、検尿・血液検査をし、その問題がない事を確認して、当日から点滴を受けます。

さらに、毎食後の「メチコバール+アデホス」の飲用を、2週間後の診察まで続けます。

今回の右耳の場合は、ステロイド治療を始めて、早くも、2日目から回復の感じがありました。

回復の過程では、2日後から、まず、「ボコボコ」という音が聞こえ始めます。

そして、治療開始3日目にMRI検査をして、4日目に再診察を受けるまでに、右耳の圧迫感が低減してきます。

しかし、治療開始後1週間は、全く右耳の音は聞こえませんでした。その後、少しずつ、音が聞こえ始めます。

1週間目ぐらいから、低温側の特定の音だけが、少し聞こえ始めてきますが、逆に、大きな音を聞くのが不快で、突然、大きなビビリ音になって聞こえるのですが、それがかえって不快で、右耳に「耳せん」をして過ごしました。

もちろん、片耳しか聞こえないので、音の来る方向がわかりませんので、自転車や自動車の運転は、治療終了まで控えました。

10日目くらいから、ごく小さな音量で「音楽」を聞けるようになってきました。 ボリュームを絞って、音楽を聞くと、聞こえる音は変な音ですが、かなりリラックスできるようになります。

最終的には、2週間後の聴力検査と診察を受けて、年齢並みに聴力が回復していたことから、治療は終了となりました。

ステロイドによる副作用等はあります

ステロイド薬は強力に作用してくれるものの副作用があります。 人によって違うようですが、私の場合を紹介しておきます。

1)血圧が上昇します。 ステロイド治療を初めてから、平均で、20mmHg程度上昇し、1ヶ月間続き、それ以降に、徐々に回復していきます。 血圧上昇による、ふらつきや動悸などの異常はありませんでした。

2)体重が急激に変動しました。 ステロイド治療を始めると、5日間で2kg増えました。そして、徐々に減少していって、約3週間で3kg減少し、その後に1kgふえた結果、約1ヶ月で、元の体重に戻りました。

特に、食事の調整はやっていません。 そして、便秘になりやすいです

普段は、便秘になることはほとんどなかったのですが、市販の「ビオフェルミン」を飲んで、便通を助けました。 体重と便通は、すごく関係深いことに気づきました。

3)そして、風邪をひきました。これは、ステロイドの影響かどうかわかりませんが、風邪はほとんどひきませんので、これも、副作用かなぁ・・・と思っています。

でも、いろいろ気にはなったのですが、最終的には、治った喜びのほうが大きいです。

 

普段から音の確認をしておくといいかも・・・

周波数テスト用のCDの例

こんなテストCDを持っています。 今回気づいたのですが、病院での聴力検査の数値と、このCDで聴こえている音の数値は、結構合致していますから、適当なCDなどを探して、自分の「聞こえ方」を知っておくのもいいかもしれません。

残念ながら、このCDは廃盤になっていますが、Amazonや楽天に、同様の商品が販売されています。いずれも、無味な音ですので、聞いていて楽しくはありませんし、いい再生装置がいりますが、興味ある方は探してみてください。

オーディオ・チェックHQCD

新品価格
¥2,777から
(2023/3/12 14:00時点)


 →楽天で、テスト用CDの一覧を見る

私の妻も、「低音性突発性難聴」になりました

意外に「難聴」経験者は多いのかもしれません。

妻の場合は、低い音が突然聞こえなくなるもので、昼間に、歩いていて突然、聴こえ方がおかしくなって、当日に耳鼻科を受診したことで、これも完治しています。

また、私がステロイドの点滴をしているときに、付き添いで病院に来られた婦人と話していたところ、その方も突発性難聴になったとのことで、発症して1週間たってから耳鼻科で治療したようですが、残念ながら、片耳の聴力は回復せず、全く聞こえないままで、現在も、不自由にしている・・・とのことでした。

これらについても、やはり、すぐに受診することは、重要・・・というのを、身にしみて感じますし、今は、お世話になったお医者さんにも、感謝しています。


(来歴)R5年9月に誤字脱字を見直し  R6年2月の確認

error: Content is protected !!