白内障の方で手術を考えているなら、早いほうがいいですよ

白内障と診断されてから手術して安定するまでの私の経験談、医師から指示されること、かかった費用・・・などを紹介しています。

眼科医や専門家が書いた「白内障」についてや治療・手術などの記事はたくさんありますが、シロウトの一人の患者としての記事ですので、手術などの不安がある方には、何かの参考になれば・・・と思います。

私の場合は、急に視力が低下して眼科を受診したところ、「早く手術をすることを勧めます」といわれて、何も考えずに手術を受けたのですが、その結果は「神様からの贈り物」と思えるほどに快適です。

始めのうちは、白内障は徐々に進行していました

手術を受ける4年前に「飛蚊症」になって眼科を受診した時に、「少し白内障が出て来ていますね」と言われました。その時の矯正視力は右0.9 左1.2で、当時の年齢は64です。

白内障は紫外線の影響が大きいようで、若い頃はギンギンの太陽が好きだったのをいまさら悔やんでもどうにもなりません。

「まだ視力が出ているので、もう少したってから手術を考えたらいいでしょう」という眼科医の見立てで、「薬もあるけれど、治す薬でないので、気休めですよ・・・」と言われて、何もせずにそのままでしたが、急に片目(右目)が見えにくくなりました。

そして、急に白内障が進みました

気づいてからはかなり急速に、「右目がかすむ」ようになりました。

私は見えにくい側の右目が「効き目」だったので、右目が見えにくくても、自然に「左目」で物を見ていて、見えにくい感じはなかったのですが、雨の日の夜の運転が見えにくくて「怖く」なってきました。

医師の話では、見えていないところを避けて見ているので、目をきょろきょろさせていると、全体が見えるようになって、見えにくくなったのに気づきにくいようです。

片目ずつ凝視すると、明らかに見えにくくなっているのがわかります。

どの眼科がいいのかは迷いますが・・・

どこの眼科がいいのか・・・などの情報は、私自身、引っ越し後のために、近隣事情がわかりませんでしたので、薬局の薬剤師さんに「小さな声」で聞いてみました。

多分、そのような情報を医薬関係者は伝えてはいけないのでしょうが、薬局に行ったときに、愛想よく挨拶しているだけでも、変なところでプラスになります。

「小さな声」で囁いてくれた情報に従って眼科を受診したのですが、結果的に「○」でした。

眼科での一通りの検査

その眼科医院は「何で混んでいるのだろう」と思うほど、すごい患者さんの数でしたが、幸いなことに、初診の人は優先に呼ばれる仕組みになっていて、私も20分程度待つだけで視力などの検査が始まりました。

  視力測定 視力検査表

「あごを載せて、おでこをつけてください・・・」という機械での矯正視力検査や眼圧検査、視力検査をします。

視力が気になる方は、3m検査用がAmazonで販売されています。

一番よく見える眼鏡で矯正した視力は、右0.6 左1.0でしたので、運転基準の「両目で0.7以上」を満たしていますが、私の近視度数がきついこともあって、夜に自動車を運転すると、見え方が違って、かなり「怖い」という状態なのでしょう。

そのために、実は、内心、運転免許を返納することも考えていたくらいです。

これらの検査の後に先生の診察です

診察時に眼底検査や角膜検査をして、自分の水晶体の濁り具合の検査写真を見せていただくと、このように全体が濁っているのではなく、下の写真のように、縦スジのような濁りがあります。

全体が完全に見えないのではなく、見る対象物がそのスジにかかると見えなくなっていて、少し斜めから見ると見えることもある・・・という状態です。

正常な目 WEB より正常 白内障の目 WEBより 白内障の場合の例

「黒目」が濁るのが白内障で、先生は一言「白内障の手術をおすすめします」・・・でした。

白内障のイメージ 私の場合の黒目の状態

私の場合の両目は、上のような状態です。(この写真は、先生に見せていただいた写真をもとに、WEBの写真を加工して再現したものです)

左目も、よく見るところに目の中央に白濁がないだけで、先生は「両方を手術したほうがいい」となって、すぐさま看護師さんと手術の段取りを打ち合わせに入ります。

白内障だけれども、受診をためらう人もおられるかもしれませんが、見えにくいことを我慢し続けるよりも、思い切りが必要です。費用も時間もかかりますが、それ以上に、プラス要素は大きいです。

私の手術までの段取りと手順

看護師さんとマニュアルに沿って打合わせしますので不安もありません。 個々の医院によってやり方は異なるでしょうが、参考に、私の場合を紹介しておきます。

 

数日間、お風呂に入れないという条件を聞いたので、真夏を避けて2か月後に手術日の予約をしました。

片目を手術した2週間後に反対の目の手術をします。

手術日までに、①散瞳検査(瞳孔を開かせての精密検査) ②血液検査などの適応性検査 ③手術説明 ・・・と3回受診する必要があります。

手術後は医師の許可が出るまで1週間以上、洗顔・洗髪・運動ができません。

私の医院の場合は、手術日が毎週火曜で、その週は毎日通院しなければならないこと、仕事や運転は指示があるまでできないこと、そして、両目を合わせると、約1か月間は不自由な生活になること、手術日には誰かの付き添いがあるほうがいいといわれたこと……などの説明で予定の日時が組まれていきます。

サプリメントのコマーシャルが頭に浮かびますが・・・

「ピレノキシン(固有名:カリーユニ)」という白内障の進行を抑える目薬が処方されました。

WEBには、「あまり効果がない」という記事もあるものの、ともかく、先生の言葉に忠実に従います。もちろん、それで見えやすくなリませんでしたが、言われたとおりに実行します。

 

「目を大切に…」という意識は誰もの頭に常時ありますが、つい、①紫外線が目の老化を早めるとか、②「ブルーベリー」「ルテイン」などの目に効果的・・・などという言葉でサプリメントの宣伝が気になってしまいます。

視力が落ちてくると、視力関連のPRが気になります。 しかし白内障だという原因がわかってしまえば、手術を考えるほうが得策と考えて、私は、あえてブルーベリーやビタミンAなども意識しませんでしたし、サプリメント類も試していません。



続けると結構高価なものですが、見えにくいままでいるのは不快感が伴いますので、サプリメントを試してみることは精神的、気分的にはいいと思います。

こちらの楽天のページでは、いろいろな目のサプリメントが紹介されています。

ただ、何回も書いていますが、受診と手術を優先するのが先決だと思います。

手術前には市販の目薬をたえず使用していたのですが、手術後には市販の目薬もほとんど不要になりましたので、「原因をもとから断つ」ことが先決と考えるほうが得策でしょう。

手術日までの準備

初診後に3回の来院を指示があり、①視力や眼底の検査、 ②採血による検査、 ③手術の説明や同意書へのサインなどと並行して、会社への休暇届や近い友人への連絡なども済ませました。

火曜日が手術日で、その1週後の月曜日に視力検査をして、それで問題なければ、1回目の手術から2週間遅れで反対側の目を手術しますので、少なくとも3週間ほどは会社に出社できない可能性があります。

実際に片目を手術してわかったのですが、片目だけでは何の仕事もできませんでしたので、事前に仕事の段取りなども調整して、片付けるものは片付けておかないと会社に迷惑をかけます。

私は、会社の仕事の都合もあって休めなかったのですが、片目ではかなり目が疲れますし、遠近感がないので、かなり危険です。できれば計画して休むようにしたほうが無難です。

手術までの準備

手術日までに、保護メガネの購入、目の周りを拭くための清浄綿、当日洗顔するのでタオルの持参の指示がありました。

保護メガネは1ヶ月程度しか使いませんので、安いもので問題ありません。これはお医者さん指定の眼鏡店で購入した花粉防止用のもので、価格は1500円でした。簡易防塵用にも使えますので、無駄ではないでしょう。

保護メガネ 防塵メガネ拡大

Amazonにも、安くてかっこいいものがたくさんあります。こちらも参考に!

手術日になりました ここを少し詳しく紹介します

手術日には、手術の約2時間前に来院の指示があり、手術の準備にかかります。帰りは片目になるので、妻に付き添ってもらいました。誰かに付き添ってもらうほうが安全です。

受付を済ますと、必要な薬の購入と消毒のための点眼が始まり、付添の妻が薬を取りに行ってくれている間に、殺菌用に処方されていた点眼を2回繰り返します。

まず、購入した抗生剤を飲んで、3回の殺菌剤の点眼後、処置室に入り、洗顔→殺菌剤の点眼2回→麻酔薬の点眼をして手術室への入室を待つという手順です。

手術室に入ります

手術は一人づつ順送りの流れ作業で行われますので、手術室から、先の方の説明もかすかに聞こえており、なんとなく自分のすることが理解できるので、なにか、自然に行程が進んでいくという感じです。

手術室に入ると、看護師さんが誘導してくれたまま、先生の指示に従って手術台に上がり、目の周りの消毒→ 目の洗顔 →手術 と進みます。

消毒後、手術する側の眼に、片目の開いた手術マスクをかけられると、周りが何も見えなくなります。

先生が穏やかに指示を出す声と、それにこたえる看護師さんの声を無意識に聞きながら、指示されるように明るく光る1つの光を追っていると、目に水を流したり、目の周りを押さえつける感じやチクッとする痛みを感じます。

そこそこ麻酔がきいており、眼を突き刺されているのですが、見えないので、何をされているのか全く分かりません。

しかし、心配していた、飛び上がるような痛みは感じません。点眼の麻酔だけでも優れたものです。

機械から聞こえる電子音楽のような音に気をとられていると、約10分ぐらいで手術完了です。

手術後は?

眼帯をして帰宅 カッペという保護具 固定用のカッペ

このように眼帯をされた状態で手術室から出てきます。ガーゼの上から「カッペ」という保護板で固定されています。

このまま、翌日早朝の診察で外して手術の状態を確認してもらうまで固定したままです。

とにかく、見えにくいので、当日は大変です・・・

妻に付き添ってもらって帰り着いたのですが、手術した反対側の「見えるほうの目」の視力は近視の0.01程度しか見えないので、メガネがないと部屋の移動も大変です。

下のように古い眼鏡を片目用レンズを加工して使ったものの、結論的には、半日間おとなしくしているのがいい・・・と思いましたので、何も余分なことをせずに、早めにベッドに潜り込みましょう。

古い眼鏡を改造 古い眼鏡を改造2

翌日にも診察があります

翌日は朝一番からの診察です。やはり片目ですので、付添者があったほうが助かります。

手術した目のテープを医師にはがしてもらうと、目の前の世界が光り輝いて見えます。

手術をした皆さん全員が同様のようで、水晶体の濁りで暗かった世界が明るくなり、視力は安定しませんが、35cmぐらいの手元から遠くまでがきれいに見えます。

片目視力としては0.7~0.8程度です。

でも、反対の目は(元々が近眼で)霞んでいて0.01程度の視力なので、手術した目のほうだけがよく見えて変な感じですが、私のように、視力が極端に異なっていても、一人で歩けます。

 

そして「**してはいけない」「**してください」という何点かの説明を受けて、すぐに保護メガネを着用して帰宅します。手術した片目は見える状態なので、遠近感だけ注意すれば歩行も問題ありません。

 

目薬の定期的な点眼を指示されます。1日4回の点眼は結構手間ですが、着実に行うようにします。

私の場合は、手術日当日は、目と頭が混乱していて、うまくものが見えませんでしたが、極端に生活に支障があるのは、手術当日だけですので、おとなしく室内でじっとしていればいいだけですから、ジタバタせずに自然に任せておけば、1日経てばよく見える「手術した方の目で見る」ことになれてきます。

寝るときには、再び保護用のカッペを絆創膏で張り付けて寝るように指示されますが、カッペには穴が空いていて向こうが見えるので、特に違和感もなく、つけていてもそこそこ見えるので問題ありません。

ともかく、医師は最初の状態で、目に細菌が最近が入ったり、圧力が加わったりするとよくない・・・といいます。これは絶対に守らないといけません。

そして、手術の1週間後に視力検査をして問題なければ、入浴なども普通になり、翌週には反対の目の手術になります。

視力が安定するのには1か月程度かかります。目薬がなくなるまで、3か月程度続けるように指示があります。

両眼の視力が安定すると通院はいったん完了です

その後の指示される間隔での通院で定期的に視力検査が行われて、1週間程度すると、5mの距離での視力は両目ともに 0.6~0.7 になって落ち着きました。

手元は 25cm程度 から見えますので、家の中の生活は問題ありませんが、0.7では車に乗るのは不安ですので、メガネを処方していただきました。

運転用で、1万円以下のメガネですが、高価な眼鏡でなくても、これで問題ありません。

眼鏡をかけると、両目で 1.2-1.5程度 で見えて、夜のドライブも非常に見やすく、以前の度の強い眼鏡とは違って、運転が非常に楽です。

手術の結果、普段の生活が楽になりました

白内障手術が終われば、見るものがすべて明るい世界に一変します。

これは、歳をとってからの「神様からの贈り物」と思える素晴らしいプレゼントですが、残念ながら、たった1回しか願いを聞いてもらえませんので、誰もが、自分の目を大切にしていこうと思うようになると思います。

手術に関するいくつかの点を紹介します

眼科では、手術することが決まれば、いろいろな手術前説明があります。

白内障用のレンズの種類を聞かれます

まず、健康保険非適用の2重(多重)焦点のレンズを入れるかどうか・・・という選択があります。

即答は不要で、WEB情報などを確認して決めればいいのですが、普通レンズに対して3倍の金額がかかることや、使用感などの事前情報を得て、決めるのがいいでしょう。

私は遠近両用のメガネも未経験ですし、多焦点レンズの良否の判断はできませんが、私の例は以下に書いているように、保険適用のレンズでも全く快適です。

WEB上では多焦点レンズうを実際の使用した情報が少ないようですので、もしも自分で判断しにくいようなら、普通レンズで良いと思います。

同日に13人の方が手術を受けたのですが、その中で1名だけがその高価なレンズにされました。この方は手術保険に入っていて、それで購入する・・・というのがその理由でした。

このように、この特殊レンズにする場合は、白内障手術を考える前から、保険を考えて(保険屋さんにわからないようにして)予定して考えておくのもいいかもしれません。

ただ現在では、健康保険非適用となると支払う価格差が大きすぎますし、遠近両用という良さがあるものの、夜に光のにじみが出るというデメリットも有るという説明を眼科医から受けますので、聞けば聞くほど決めにくいかもしれません。

 

かかった費用は・・・

保険適用の普通のレンズの場合、通い始めから手術や薬代など(交通費等は除く)3ヶ月検診までの全支払い費用は、3割負担で、私の場合は両目で12万円弱の費用がかかりました。

片目手術日の当日には4万円程度の支払いで、すべて3割の保険適用後の金額を足したものですが、大きい金額等については事前の説明があります。

 

手術後の見え方ですが・・・

さて、術後の見え方ですが、私の眼科の場合は、先生が、手術前に「手元は30cmぐらいから見えますが、遠方はちょっと見にくいかな?・・・」というように、事前に説明がありました。

私も、室内重視の見え方が希望でしたし、そのとおりになって満足しています。

病院によっては、裸眼焦点を遠くに合わすところや、私のように日常生活の重きをおくところや、焦点距離調節に耳をかさないところ・・・などがあるようですので、事前の診察のときから、それを確認しておいて、もしも自分が満足しなかったら、それからでも別のところに病院を変えるぐらいでいるほうがいいと思います。 1回しかない手術チャンスですから・・・。

ちなみに、私の義理の父は視力1.5で、3ヶ月ほど「目の芯が痛い」と言っていましたが、それ以降はよく見えて、室内は追う眼鏡を使用して満足しています。

遠くに合わせると、近くを見るための老眼鏡が、そして、近くに焦点を合わせると、近視用眼鏡を常備する必要があります。

私の場合は、ゆるい近視用のメガネを運転時だけ使用していますが、外での仕事でも、室内でも、メガネ無しで普通に生活しています。

私の場合は、先生の見立てに大感謝です。

手術後1年以上が経過した状態は・・・

私の場合は、白内障手術は「神様からの贈り物」でした。 非常に満足ですし、手術後1年以上経っても目の状態は変わっていません。

視力0.7で、室内の生活に困ることはありません。

「近くの見にくさ」については、眼科医の先生は「手元の細かい作業に困ることが出てくれば、ゆるい老眼鏡を処方します」とのことでしたが、簡単に針に糸を通せますし、時計の文字盤にある、すごく小さく書かれたメーカー名なども読めます。

もともと強度の近眼だったので、見えなくなると、顔を近づける癖がついているのですが、手術後は、見えにくいと、少しだけ遠ざけなければいけません。

この対応動作は、まだまだ完全に体が覚えきれず、目を細めてしまったり、メガネを掛けていないのにメガネのところに無意識に手をもっていく癖も、1年では完全には抜けていません。

70歳の高齢者教習時の視力測定で驚異の数字がでたのにビックリ

動体視力

自動車免許の更新のための高齢者運転教習では、実技講習と共に、静止視力、動体視力、夜間視力、視野などの検査が行われますが、この検査の結果は、静止視力1.5、動体視力0.6、夜間視力13秒(明るいところから暗いところになって見えるまでの時間)という、驚異的な数字が出ました。

教官がいうには、この数字は70歳にするとすごいらしいのですが、目のストレスが無くなったことと無関係ではない感じがします。

 

最後に直近の状態ですが・・・

68歳で白内障手術をし、3年以上が経過しても変化がなくて、目の疲れも感じていません。

白内障手術は費用がかかりますが、「神様からの大きな贈り物」を頂いたと思うほど価値あるものですので、迷っておられる方は、いい眼科医を探して手術を受けられることをオススメします。

手術の危険性ですが、その失敗例は、1万人に1人と言っておられました。

危険性はゼロではないのですが、手術をしなければ、通常でも不便なのですから、恐れないで手術を受ければいいと思います。

白内障で困っている方や手術を心配する方もおられるでしょうが、ためらわずに眼科医の門戸を叩くことをおすすめします。

長い文章になりましたが、白内障の手術をしようかどうかを迷っている方に、ぜひ受けてください・・・と後押しできれば幸いです。


(来歴)2017年7月記事作成。 2018年分離記事を追加。 2021年8月1記事に集合し、全面見直し 最終R3.11に見直し