履いている靴より高価なインソールを買った

スポンサーリンク

スポーツ用品屋さんXEBIO(ゼビオ)で靴に入れる靴敷き(インソール)を買いに行きました。店員さんに足の悩みを相談すると、5000円ぐらいのインソールがおススメといいます。安いものとは全く違うという説明です。

私はスポーツ選手でないので、少し高いなぁと思案していると、「足のバランスを無料で測定するので、どうぞ・・・」となって測ってもらうと左右の加重のバランスが違うということがわかりました。(あとになって、大した事ではないと気づいたのですが)

結局、税別8,500円のオーダーメイドのものを買ったのですが、その話をしましょう。

最初に足の負荷状態を測定します

インソール測定

私は、足に問題を持っています。

特に偏平足でないのですが、1-2時間ぐらい歩くと、つま先あたりが締め付けられてそれ以上は痛くて歩けなくなります。登山靴以外、ほとんどの靴でも・・・です。

でも、歩くのが好きで、休みの日に4-5時間コンパクトカメラを持ちながらぶらぶらと歩きまわるのですが、やはり2時間以内に足先が痛くなります。

歩いて痛くなると靴を脱いで5分ほど足を開放するとまた難なく歩くことができます。

もちろん、1時間程度では足や身体が疲れることはないので、それを店員さんに話すと、専門の担当の方が丁寧に対応していただきました。

まず、フラットスキャナーのような台の上に素足で立って、立った時の左右バランス、前後に荷重をかけたときの重心位置・・・などをパソコンに取り込み、1分程度で測定が完了です。結果を画面に出して説明してくれます。もちろん無料です。

それによると、私の場合は、左右のバランスが少し悪いのと、重心が少しかかと寄りにある・・・という診断でした。

しかし、パソコンの画面を見ていると、足が痛くなりやすいのは左足のつま先で起こり、その後に両足が痛くなるので、画面に現れた結果とは違うようなので、「それで足をかばっているのかなぁ?」と自分勝手に考えていたら、「5000円のインソールでもいいのですが、左右のバランスが悪いと『自分の足に合った』インソールがいいですよ・・・と、自分の足に合わせる、さらに高価なインソールをすすめられました。

横で見ていた妻は、私が歩くのが好きなことや足がすぐに痛くなるのを知っているので、「痛くならないのなら買ってみたらどう?」といいます。

それに追い打ちをかけるように店員さんが「合わなければ、1か月以内は返金します」というので、「高いなぁ・・・」と思いつつ、これで長時間歩くことができると考えると「ラッキー!」と思って、高価ですが購入することにしました。

約10分で自分用のインソールが完成

インソール加熱 インソール成形

ヒーターでインソールを温めて柔らかくして、すぐさまその状態で柔らかいスポンジマットの上で片足ずつ荷重をかけながら足にインソールを沿わせます。

この時、つま先をぐっと上げた状態で成形するのですが、この状態は「ウィンドラス現象」といって、つま先を上げる時に足のアーチが高くなるので、つま先で地面を蹴るときにその形になって歩きやすくなっている・・・ということらしいのですが、正直言って、そんな理論はどうでもよく、歩きやすい足型に整形してもらえばいいということしか考えていませんでした。(すみません・・・)

使用後のインソール 使用後インソール拡大

この写真は、2週間通勤用靴(ウォーキング向けの革靴)に入れて歩いた後の状態です。

すでに使用感が出てきていますが、ウインドラスで当初はかなりつま先を持ち上げていたカーブはかなり滑らかに平らになってきています。

次第に「なじんでくる」と説明されていますので、これから足になじんで、段々フィット感が増すということでした。

部分的にはすでに2週間はつけて歩いただけですが、摩擦跡が見えてきています。

そして、インソールの形状をよく見ると、足のカーブは、両足をそろえたときに、かかととつま先が内側にひっつくような形だと思っていたのですが、かかと部分で外側にねじられているようなカーブになっています。かかと部分で外側に逃げています。そして、足底のアーチを持ち上げる高さは、足に合わしているので、左右違います。

これが自分の足だということは知らなかったことです。

何か違う?

さて、歩いた感じですが、毎日の通勤で片道で30分弱、1日の総トータルでも1時間程度しか歩きませんので、このインソールがなくても足が痛くなることはありませんが、このインソールは、少しアーチ部分が持ち上がっていますのでアーチが押されて、むしろ、足の裏が疲れる感じがします。しかし、自分の足型に合わせているので、この状態がいいのでしょう。

早いタイミングで長距離を歩いてみて評価したいのですが、1か月間の返品OKの期間内には確かめるのは無理でした。

しかしそれで返品する理由ということもないでしょう。といって、短期間ではコストパフォーマンスや実際の良さは全くわからない状態です。

アマゾンや楽天を見ても、上を含めて、いろんな価格・形状のものがあります。私自身、100均で購入したものや1000円以下のものは購入して使用していますので、販売されているものを合わせると、すごい種類のものがあるのでしょう。

ただ不思議な事ですが、高価な靴はインソールを使わなくても履き心地などが最高になるように作られているはずなのに、それでも靴が合わずに困っている人はなぜ多いのでしょう?

そしてまた、インソールを入れると、なぜ全く違った「いい状態」になるのか・・・という理屈が不思議でなりません。

ともかく、高価なインソールがたくさんの種類で売られているということ自体もおかしいことだと思うのですが、・・・。

今はいている靴が5000円までの安いものですので、インソールが靴の価格を越えてしまうと少し高すぎる価格に感じます。消費税込みでこのインソールは9,000円を超えるのですが、14000円の靴と3980円+9000円の組み合わせのどちらが良いのかということもよくわかりません。

ともかく、これで効果があるようなら、やはり「儲けもの」と思ってぜひもう少し使い込んでいきます。

半年間程度では、まだ8500円の価値があるかどうかは、よくわかりませんでした。だから、1ヶ月の保証というのは、あってないようなものです。

かなり履き慣れた状態では

インソールは、その時履いている靴に関係なく整形して作成しますので、他に自分が履いている靴で試しますと、フィット感がいい靴とそうでもない靴があります。要するに、靴の問題のほうが大きい感じがします。

最初は、スポーツタイプのスニーカーにこのインソールを入れて長距離を歩いたところ、結果としては、やはり足が痛くなります。

そこで、革製のカジュアルシューズのインソールをとって、これに付け替えたところ、履き心地感がかなり良くなりました。

しかし、2時間以上の長距離を歩くと、やはりつま先が痛くなりますので、私の足が痛くなる原因は、靴の形状によるものの感じで、高価なインソールは(私の場合は)メリットがなかったようです。

本などの情報を読んでみますと、足にあった靴を履いた状態では、中で足が動き、空気の入れ替えなども行われているようで、また、私の場合は、靴底がぺったんこの革製の登山靴に、厚い靴下を履いて歩くと、長時間歩いても「なにもない」ことから、近年の立体成型された靴の形状が、根本的に私の足の形状にあっていない可能性とともに、足の動きが制限されている事によることが関係している感じです。

どの靴も、かなり紐を緩めた状態で、滑りの良い靴下に変えてみたところ、足の痛さがなくなることなどもわかってきたので、それを含めて、次回は、「シューフィッター」のいる靴屋さんを探して、高価でもいいので、私の足について相談しようと考えています。

中途半端な報告になりましたが、足の接触圧力を補正する高価なインソールでも、足の痛みが解消することはないという私の結論です。

安価でいろいろな格好の良いものがあるのですが・・・。時間があればご覧ください。  安価でたくさん販売されているインソール:楽天


その他の記事

ゲイシャのラベル パナマ・ドンパチ・ゲイシャ 飲みました

おねーさん作業員 大阪空港で見つけたもの

スポンサーリンク