高齢者とシニアとシルバーと老人ではどの呼び方がいいですか

若い方から初めて席を譲ってもらって「私も高齢者に見られるようになったのだなぁ・・・」と、少し微妙な気持ちになりましたが、そんな経験はありませんか。

その人からは、私を外見的に「高齢者」と思ったのですから、若くはないと自覚をしなければいけないのですが、統計などをピックアップしながら、この「高齢者」についてみていきましょう。

70歳以上は確実に「高齢者」と思われている

H25年の内閣府の調査によれば、(グラフでは、近年は75歳側に寄ってきている傾向がみられるものの) 70歳になると「高齢者」と認識されています。

H25年の内閣府の高齢者意識調査結果

高齢者に対する呼び方には、老人、年寄り、シルバー、シニア、ジジィ・ババァ、おじいさん・おばあさん・・・などがありますが、これらは、あえて呼ばれたくありませんし、その他にも、「後期高齢者」という言葉に抵抗を感じる人も少なくないようです。

この中の「シニア」という言い方に少しかっこ良さがありますが、この「シニア」についても、対象年齢がどのくらいなのかがよくわかりません。

「老いの工学研究所」の2014年のデータをみると、高齢者について、おおむね、シニアと呼ぶ呼び方がいいようなのですが、数字には、70代以上になるとシニアと呼ばれることに抵抗がでてくるという傾向もあって、下の表で、「70代の3人に1人、80代の2人に1人が「シニア」に違和感があるようです。

その他、この数字では、年齢が高くなるにつれて「老人・年寄り」などの、それまで嫌だった言葉になれてくるようですし、それでも、「じいさん・ばあさんはイヤ」・・・のようです。

高齢者の呼び方と感じ方

この表は、HPに掲載されていた結果を加工していますが、合計が100%でないのは、その他の回答があるためです。

つまり、数字に現れていない全体の1/4の人は、「特にポシティブな良い呼び方はなく、どれも変わらないと思っている」ようですし、ネガティブ言葉についても、全体で6割の人は、「これらすべての言い方が特にネガティブと思っていない」・・・というように読み取れます。

この表の数字からは、「適当な言い方がないのでシニアと呼んでおけばいいのでは?」という感じがうかがえますので、逆に考えると、「高齢者」に変わる適当な呼び方はないか、特に他の呼び方にする必要がない・・・ということかもしれません。

(まったくの私感ですが)私はこの数字から、「シニア」は60歳代までを言い、70歳以上では、シニアではなくて、シルバーとか老人と呼んでもらってもいいと感じるようになってくる・・・というように読みましたが、皆さんはどうでしょうか?

外国ではどうなのでしょうか

国連では60歳以上を「シニア」としていますし、WHOでは65歳以上を高齢者として、75歳で前期高齢者と後期高齢者に分けています。

日本では、このWHO分類に沿っている「後期高齢者」という呼び方が不評だというニュースがありましたね。

そのこともあって、日本老年医学会などでは、これを改める提言をしています。 そこでは、65歳以上が高齢者とするというのは変わりませんが、65~75歳までを「准高齢者」、そして、75歳以上が「高齢者」としており、さらに、90歳以上を「超高齢者」とする・・・というのがその提言です。

欧米人はストレート表現に慣れているので後期高齢者と言っても抵抗がないのでしょうが、それをそのまま日本に持ってくると、「後期」にマイナーな感じが加わってしまうのですが、日本老年医学会が言う「超高齢者」とすると、尊敬感があって、かっこよくていい響きの「いい言葉」だと思います。

「シニア」という言葉に関して

英語の感じをみるために、ジーニアス英和・和英辞典で「老人」と調べてみると、old man     old woman     old(er) peaple     senior citizens      the elderly ・・・などがでてきます。

senior(シニア)から関連しそうな和訳を抜粋すると、 ①役職などが上位の  ②年長者・年上の人  ③(定年退職した)年配者、高齢者・・・などがあります。

やはりストレートすぎて、イメージがついてこない感じです。

さらに、「シニア」について、WEBで調べてみたのですが、詰まるところは、定義や対象が曖昧のようですが、その一つに、「シニア」は「ジュニア」に相対する言い方・・・というのがありました。

「ジュニアリーグ ⇔ シニアリーグ」などがそれですが、これはよく聞くものですが、「そうしたらシニアは何歳から?」と問われると答えるのが難しいですね。

その他に、WEBに掲載された例をピックアップすると、 ①フィギュアスケートでは、シニアは15歳以上で、ジュニアは18歳までとなって重複しており、 ②小学生の対象イベントでは、ジュニアは小学校3年まで、シニアはそれ以上、中学生以上は「アダルト」になるとあり、 ③野球リーグでは、リトルリーグは13歳までで、それ以上はジュニアリーグになる・・・などで、リトル→ジュニア→シニア の順番がわかるだけで、これらもどうも、ここで取り上げようとしている「高年齢者を分類しようというもの」とは違う感じで、シニアも簡単には受け入れにくい感じがします。

何かいい呼び方はないのでしょうか

「そこのシニアさん・・・」というのも馴染みません。 また、「そこの高齢者の人」も、少し失礼な感じがします。

結局は、普通に相手の人を呼ぶ場合は、「**さん」と名前で呼ぶか、「そちらのお父さん」「そこのご主人」「奥様」などなるのですが、それを、一般的な高齢者に対する呼びかけにしようとすると、やはりスッキリしませんね。

つまり、一般的に「高齢者」としておけばいいもので、あえて固定した別の呼び方をしないほうが良さそうだ・・・ということかもしれません。

シニアのイメージ1 シニアのイメージ2

もう一度、まとめて「高齢者や年齢判断を示すWEBにあった表現」を拾ってみました。

1)健康意識が高くなる年齢境界は60歳
2)40歳をすぎると、流行に対する感度が低くなる
3)厚生労働省・WHO では65歳以上を高齢者
4)日本老年学会では、65歳から准高齢者、75歳から高齢者、90歳から超高齢者
5)老人クラブの入会可能年齢は60歳から
6)映画館などの入場料は50歳以上で割引対象
7)シニアは卒寿(90歳)までが適当

・・・などがありました。

また、人を「若いか若くないか」を判断する基準(要素)については

  1. 見た目で、
  2. 入場料や利用料などの割引対象になっている年齢で、
  3. その他 定義や規定で、

・・・のようなので、これらから、

40歳を超えると、それ以下の若者と区別され始める(上の2、5,6などから)

法律など社会的には、確実に、65歳から高齢者とされる

・・・などが読み取れます。

シニアのイメージ3 シニアのイメージ4

 

呼び方と年齢についてさらに調べてみました

「シルバー」「高齢者」「老人」などは分類のための言葉で、個々の人に向けて発せられることはないのですが、2013年のビデオリサーチ、1986年、2016年の博報堂のシルバー意識調査で、「シニア」「シルバー」「高齢者」「老人」などの言葉から感じられる年齢をみてみました。

年寄りの呼び方と年齢の関係(単位:歳)

若いという順では、シニア→シルバー→高齢者→老人 で、その中で、「お年寄り」という表現が高齢者と老人との間で揺れ動いている感じがするものの、概ねこの順番のようです。

そしてここでは、高齢者、年寄り、老人は順位の逆転も見られるので、この3つは同じレベルと言ってもよく、 若者→シニア・シルバー→お年寄り全般 という順と考えていいでしょう。

つまり、これらの中ではやはり、「シニア」はもっとも若くみられている表現 のようですね。

シニアのイメージ6

「見える年令」にも高齢側にシフト

R&Dの調査で、「シニアと思う年齢は何歳からですか?」という問いに対して、2012年は62.4歳だったのが、2017年では64.2歳になっている調査結果で、ここでも、上のH25年の内閣府調査と同様に、5年間に2歳も「高年齢方向」に移行しています。

次に、同じ調査で、10から20代の若い年齢層と60歳以上の年齢層にシニア、シルバーなどから受ける年齢を聞いたところ、

年齢層別の高齢者に対する感じ方の違い

この表のように傾向は同じで、10・20代の若い人から見ても、60代以上の人も、これらの言葉の中では、シニアを若く、高齢者・老人を高年齢者と考えているようです。

そこで、「シニアとは何歳をいうのですか?」という質問を高齢者にした場合は、高年齢のうちでも若い層の60-64歳は自分以上の年齢をシニアと考えており、年齢層が上がるにつれて「シニアは自分より若い人」という認識に変わっていることがわかります。

シニアとは何歳をいいますか

これらの結果から、若年層(例えば40歳以下)の人は、シルバーも高齢者も老人も、すべてを『自分の世代とは違う「年寄り」に分類している』ようで、そして、60歳以上の人は、年齢が増すにつれて自分を若くみる傾向があり、75歳以上の年令になれば、「シニアは自分より若い人」と考える・・・ということがこの調査から見えています。

年齢と死

「若く見られたい」「自分は若いと思う」というのは、普通に生活しているほとんどの人が感じており、望んでいることですが、何かの拍子に「死」という言葉が顔を出します。

前出の「老いの工学研究所」の調査で、どんな時に死を感じるか・・・では、

死を感じるきっかけ

とあって、年齢に関わらず、人は「自分が今までの自分でなくなったとき」に死を意識します。

ここでは、「医者に見放されたとき」が年齢とともに増える傾向にある以外は、特筆するものがありませんが、色付けしたものは、死を考える割合が高い項目です。

ここでは普段は、「高齢者が真剣に死に向き合っていない」ということですし、元気で普通に生きていれば、高齢になることで不都合がでてくるものは「特にない」・・・ということのようです。

だから、同研究所の別の調査で、「あなたの自分の親・配偶者の親は、他の高齢者に比べて幸福ですか・幸福でしたか」(30~76歳の男女22名の2016年の調査)という質問では、ほとんどの人が自分の親の幸福さは「平均以上に幸福」と見ているのですが、これは、親が高齢になっていくことを、息子娘は「ほとんど気にしていない」ということの裏返しかもしれません。

また、「自分の父母に、何歳まで生きてほしいか」と聞いたところ、親たちの年齢平均は72.9歳だったのに対して、生きてほしい平均の年齢は 89.4歳 でした。 つまり、15年以上長生きしてほしい・・・と思っているという結果ですが、この数字についても、「親はいつまでも元気で、放っておいてもどうにでもなる」という感じにも受け取れます。(まったくの私感です)

シニアのイメージ5 

以上は、私の読み方で数字を見ていますので、偏った味方になっている場合があるかもしれません。「老いの工学研究所」のHP(https://www.oikohken.or.jp/pages/4655961/menu)には、高齢者に関する興味深い調査がたくさん紹介されていて、数字の見方も解説されていますので、それらを自分なりの捉え方でみていただくと面白いので、ぜひチェックしてみてください。

結局のところは・・・

ここまで、高齢者に対する適当な呼び方など、高齢者について見てきましたが、公的には65歳以上という以外はすっきりしない状況のようです。

シニア、シルバー、お年寄り、老人・・・などの別の言い方も、適切なものがないようです。

スナックやクラブのママさんが、「やあ社長さん」「ご主人、久しぶり」「お兄さん元気?」と、呼んでも嫌味でないのは、言い方だけではなく態度や表情で不快感を与えていないからなのですが、このような能力は特殊なので、高齢者が不快にならない呼びかけは結構たいへんだと言えます。

高齢者に限らず、人はだれでも、極端に若く見られたり、高齢に見られるのは好みませんから、それを見極めて呼びかけるのも難しいことで、高齢者に対する呼び方を特定して決めるのは適当でない感じですね。

現時点で高齢者を意識しない若い人でも、状況によっては、すぐに「高齢者」の仲間入りをしますし、その後の長い年月を「年寄り・オジン・・・」などと呼ばれながら生きていくことになるのですから、それまでに「相手に不快感を与えない呼び方」を常に意識して身につけることも処世訓かもしれません。

 


(来歴)H29年9月記事作成 H31年2月見直し R3.12月全面見直し