竹田城と出石城

大阪から出石まで自家用車で出かけました。天空の城として有名な竹田城址、出石の様子、出石そばなどを紹介しています。

竹田城址

播但連絡有料道路を北進すると、右手に、戦国時代に見晴らし一番と思える丘が見えてきます。

車で走っていても、そのロケーションの良さは一見してわかります。

「竹田城址」は播但連絡有料道路を走っていくと、トンネルに入るために直近では城址は見えませんが、いいところにお城を作ったものだと感心させられます。

播但連絡有料道路(R312号線)から竹田城址に行くには、和田山インターで降りて、少し引き返すのですが、カーナビに頼って進むと、「山城の郷」に行き着きます。

城址は、進行方向右側にありますが、山城の郷は道の左手にあって、変な方向に案内されているように思います。

現在は、城址最寄りの駐車場が閉鎖されているので、この「山城の郷」からタクシーで上の駐車場(タクシーだけいけます)へ行き、そこから歩いて登る方法が便利なためでしょう。

もう一つの竹田城址へ行くルートは、一旦、JR竹田駅まで行き、その近くの駐車場に車を止めて、タクシー(約1000円)で上の駐車場まで行き、そこから20分ほど歩いて行く方法があります。

現在は、いずれも、城址の近くまでは自家用車では行けませんので、必ず徒歩で少し山道を登る必要があります。

竹田駅からタクシーを利用せずに城址まで歩いた若い人の話では、竹田駅から60分で竹田城址まで登ったようですが、かなりシンドイようですので、若くなければ、タクシーを利用するのがいいでしょう。

しかしいずれにしても、城址まで少し歩くので、タクシー利用では、滞在時間を含めて往復で2時間以上を予定しておくのがいいですし、時間と費用の余裕を持って計画するようにしてください。

出石城址に行くには、タクシー往復2000円+観覧料1名500円が必要です。

山城の郷山城の郷

私の当初の計画は、城址を見学して、昼食を『出石そば』を食べて、その後に三田の山中のコテージでバーベキューをする予定でしたので、時間てきに無理なので、竹田城が目前に見える「立雲峡」から竹田城址を見てみようという事に計画変更しました。

 

立雲峡

立雲峡はJR竹田駅からは、円山川をこえた東側の山に位置します。 自家用車では、312号線を南下して、立雲峡駐車場(駐車料無料)までの所要時間は、山城の郷駐車場からでも15分ほどで、JR竹田駅からでは10分以内です。

立雲峡案内板

駐車場にある立雲峡入り口で環境整備費200円を払って、5分ほど徒歩で山を上がると、「第3展望台」に着きます。

元気な方は、第2,第1とずっと上に上がって行けば素晴らしい景色が眺められますが、第3展望台からでも、下の写真のように、正面に「竹田城」の姿が目の前に見えます。素晴らしい景色です。

竹田城址の遠景肉眼ではこんな感じに見えます

竹田城址全景第3展望台から竹田城址を望む

ズームで竹田城址ズームで見る竹田城址の城壁

出石そばと出石城

出石観光地図

但馬の小京都」とよばれる出石(いづし)の町は、地理的には、かなり孤立した場所にあるので、観光バスで連れて行ってもらうのであればいいのですが、自家用車で行くとすれば、「行くぞ」と覚悟を決めていかないと、少し辺鄙なところで、わざわざ行くには少し大変な場所にあります。

私は、30年前には神鍋高原のスキー帰りに度々立ち寄っていてよく知っていましたが、当時は、蕎麦屋さんがあったものの、辺鄙な町でしたが、今では、土産物屋さんや駐車場の整備などが進み、街全体が完全に「観光地」に変わっています。

出石城登場門

町の奥手の出石城址にある、この登場門から城山に上がると、出石の町が一望できますので、是非訪れてみてください。

出石城からの展望

城山から眺めると、ここにたくさんの蕎麦屋さんがあるとは思えない、普通の町並みです。

出石のシンボル 辰鼓楼

これが、お城前から見た、出石のシンボル「辰鼓楼(しんころう)」です。正面にまわると、時計が見える標準的な景色なのですが、タイミングよく、ここには人が全く写り込んでいないので、思わず写真を撮リました。

小さな町ですので、1時間もあれば散策できますが、今回は、「出石そばを食べる」のが目的でしたので、そちらを少し案内します。

今回は「五万石」さんのそばを食べました。

お品書き

皿そば

ここではこの「皿そば」がメインです。

冷たい蕎麦を2口分くらいを皿に盛ってあり、甘めのツケ出汁で食べます。

薬味は、とろろ、きざみネギ、生卵、わさびで、(きざみのりがある店もあリます)そばが出てくるまで、それを肴に日本酒を飲むのが好きでしたが、今回は運転手なのでお酒抜きです。

冷たい蕎麦なので、「夏向き」と思われるかもしれませんが、私は、スキーシーズンに掘りごたつで食べる「寒い時の蕎麦」のほうが絶対に美味しいと思っています。

25皿完食

20皿以上食べると、こんな通行手形がもらえるサービスもできています。

私は7皿、家内が8皿、息子が25皿食べて約6500円と、そばだけでこの値段は少し高い感じがしますが、美味しいのは間違いないです。

息子は1人で3900円分食べていて、「まだ食べる」というのを家内が無理やり止めましたが、大食いの方は、予算に余裕をもって食べてくださいね。

「わんこそば」のように、グループで来ると、競って食べるので、若い方なら、2人前以上は「ぺろっと」食べてしまうでしょう。

5皿1人前900円、追加5皿750円でした。 30年前には1人前5皿550円という記憶があって、それも少し高い感じでしたが、美味しいので、まあ、いいでしょう。

お店によって、だしの味も、薬味も少し違うのですが、私の知る限り、どのお店も、ハズレはないでしょう。 若干甘めで、実に美味しいんです。
出石そばを探す:楽天

植村直己色紙

部屋に、豊岡市出身の冒険家、植村直己さんの色紙がありました。1984年に消息不明になった植村さんですが、1980年3月の日付の色紙でした。少し感慨深くなりました。