大阪メトロはPiTaPaか1日乗車券か何がお得か

大阪メトロ(ここでは地下鉄としています)の割引には ①PiTaPa利用 ②回数券 ③1日乗車券 ④お得な企画乗車券 などがあります。

このうちで気になるのは、「1日乗車券とPiTaPa利用では、どちらがお得か?」ということではないでしょうか。

4区の片道料金が330円ですので、土日祝に往復利用するのであれば600円の1日乗車券が安いと思うかもしれませんが、実は、それは正しくはありません。PiTaPaを利用すると、10%引きとなり、594円ですから。

これらを調べてみると、「これがやすい!」という、かんたん明瞭な結論にはならなかったのですが、意外に「お得になるライン」はわかりにくいのです。

ここでは「1日乗車券は、土日祝で3回以上乗り降りする場合」に買うという程度の結論にしか至りませんでしたが、つまり、1日にたくさん利用しないと効果が出ない・・・という程度の答えになってしまいました。

1日乗車券のほうが良いかどうか、本当にどちらが安いのかを、PiTaPaのあるなしを含めて、すこし比較して考えてみました。

広告
広告
広告

PiTaPaは常に10%割引が

大阪メトロ(地下鉄)は、PiTaPa(ピタパ)が安い!というのは定説です。

PiTaPaは少なくとも10%割引があり、毎月一括後払いですので回数券(3300円分が3000円)に比べても、これを持っていると便利でお得でしょう。

 

PiTaPaのバリエーション

Pitapaを利用する際には、このような3タイプがあり、定期券のように常時利用する方は、利用する方の条件(利用回数や金額)によってスタイルを選ぶとお得になリます。

しかし、毎月30回(往復で15日利用)以下程度の利用では、特にスタイルを登録する必要のなく、FreeStyleで問題ありません。

Pitapaを利用して乗車すると、運賃の10%が月末の支払い時に還元されます。

いろいろなPiTaPaカードが発行されていますが、どこの会社が発行するPiTaPaカードでも割引率や使い方は同じです。

もちろん、カード独自のサービス(例えばポイントや現金還元など)や維持料金(例えば年会費)などは微妙に異なりますので、加入する際は比較をするのがいいでしょう。

ちなみに私は、OsakaPiTaPaのJCBタイプのMyStyleを登録しています。これは、地下鉄以外の利用代金がポイントではなく、現金還元されるのでこれにしていますが、それぞれのカード会社の特徴があり、微妙に違います。(ここでは詳しく取り上げません)

複数回の乗車は1日乗車券がお得

券売機で購入できる「1日乗車券」も、利用の仕方によって非常にお得です。

1日乗車券

平日用800円と土日祝用600円(子供用は300円)があり、各駅の券売機で購入できますし、予め購入しておいて使用したい日に利用することも出来ます。

この1日乗車券は、エンジョイエコカードという名前がついているように、大阪市内のいろいろな施設の入場料等の割引 がありますので、利用目的地があれば、上手く利用すると、さらにお得になるところが特徴です。

 

乗車運賃については、券面の金額で比較すればいいのですが、PiTaPaを持っている場合の単純計算では、1日に乗降した乗車料金の合計が 土日祝であれば670円分以上、平日では、890円分以上であれば、これを購入するのが安い ということになります。

 

言い換えれば、それ以下の乗降では安くはない・・・ということです。

その他の割引券には回数券(3300円分が3000円)もありますが、便利さを考えると、PiTaPa利用が最強です。

このように、(あとで見ますが)1日乗車券のほうが安くなる条件範囲が微妙なので、単純に「安い」と考えてはいけないようです。

 

1日乗車券の購入ですが、あなたがもしも、連絡乗車区域(北大阪急行・阪急・近鉄)から乗車する場合は、乗車する駅では大阪メトロの1日乗車券を販売していませんので、こちらの記事では その場合の1日乗車券の購入方法を紹介していますので参考にしてください。

 

どういう場合に1日乗車券を買うとお得でしょうか

1日乗車券の値打ちが出る金額については、単純に考えれば、

土日祝で600円分以上、平日で800円以上になる場合で、PiTaPaを持っている場合は、土日祝670円以上、平日890円以上になる乗車をする場合にお得になります。

大阪メトロ運賃普通運賃表(R1.10月改定分)

・・・と言っても、どこからどこまでが何区間かを調べて足し算するのは容易ではありません。

もちろん、地下鉄のHPでは掲載されていますし、料金算出のページもありますが、実際、これを調べて比較するというのは大変です。

大阪メトロ全線

何かイメージでわかるようにならないのか、考えてみました

たとえば、4区間を2回(たとえば往復で)利用すると660円、5区を2回では760円ですので、往復1回のPiTaPaなしの場合の1日乗車券の購入は、土日祝の利用以外は「購入メリットに乏しい」ということです。(平日の1往復では、割引対象施設を利用しなければ損ですし、特にメリットはありません)

また、3回以上乗車するとどうでしょう。

1区間を3回乗車しても540円、3区間を3回乗車すると840円、1区間2回と2区間2回であれば820円ですね・・・。

このように、毎回の乗車で、普通運賃がいいのか、1日乗車券がいいのか、PiTaPaがいいのかという計算や判断も大変ですが、この程度は暗算できますので、比較は可能ですね。これらからは、

1)3回以上乗降しても、近距離区間では損になること(1・2区の3回乗車はPiTaPa)
2)平日用(大人800円)のお得ラインのハードルがかなり高いこと(土日祝は検討しよう)

ということが見えてきます。

3回乗車の場合でみると、総乗車区間計(区計)が少ないと1日乗車券を買う値打ちがありません。しかし、4回乗車すると土日祝では絶対に1日乗車券を買うほうがお得です。

しかしこのように、一般の人で1日に数カ所を移動して乗り降りすることはあまりないでしょう。

つまり、1日乗車券は、土日祝の特定施設を利用する場合を想定しており、平日の1日乗車券は、サラリーマンなどが移動するための用途を考えられているようですね。

もう少しわかりやすくならないのでしょうか

ピタパ利用と1日乗車券の損得

この表でもあまりスッキリしていませんが、☓は購入メリットがなしです。

ある程度の感じが見えてきましたが、「簡単にはわからない」ようにしているとしか言えませんね。

結論は・・・計算しないとわからない

はっきりと言えることは、実際に乗降する場合の料金を計算しなければわからないということです。(大人の場合)1日乗車券がお得な場合は、

PiTaPaがない場合 土日祝 600円以上  平日 800円以上
PiTaPaがある場合 土日祝 670円以上  平日 890円以上

というベタな回答になってしまいました。ただ、その他の大雑把な捉え方ですが

1)土日祝に利用する場合
2)おおむね、3区の往復以上で、3駅利用以上利用する場合
3)割引施設(大阪城や天王寺動物園など多くがあります)を利用する場合

に「1日乗車券」を購入したほうがいい・・・という答えです。

あまりお役に立てずにスミマセン。

 

定期券を持っている方は、PiTaPaのマイスタイルでかなりの自由度(無料乗車範囲)がありますので、1日乗車券は考えることがないでしょう。

家族で大阪市内の施設を見ようという場合などは、事前に検討する時間がありますので、大阪メトロのHPから対象の割引料金を調べて、運賃シミュレーションをしてみることもいい頭の体操になるかもしれません。

結局、無理矢理にわからないようにしている感じは捨てきれませんでした。

 


1日乗車券 北急から大阪メトロのエンジョイエコカードを使う方法

SENRITOよみうりの駐輪場 わかりにくい千里中央の駐輪場おすすめはココ