クリーニング利用状況を調べてみました(4/4)

スポンサーリンク

クリーニング店の状態や利用の状況についての4ページ目です。 → 最初のページへ

  1. クリーニング店は苦戦中
  2. お客さんから見たクリーニングは?
  3. 新しいサービスの模索と客数の確保
  4. これからのクリーニングは?(このページ:最後です)
これからのクリーニング業は?

クリーニング利用者や非利用者の動向などから、今後、業界はどのようになっていくのでしょうか。

クリーニングを利用しない人の割合は?

利用していないという人に対するアンケートでは、過去一度も(14%) 最近3年間(48%)が利用していないようで、全体として1年間クリーニングを利用していない人は20%・・・という結果が出ています。

「20代男女」と「女性が高年齢になるにつれて利用しない」という傾向があります。

しかし「利用する人の分布」を見ると、自分のものをクリーニングに出す金額では、女性の年齢が高くなるにつれて金額が増えていますので、そのあたりで利用者によって利用金額が異なっているところがが見えてきます。

利用しない理由を聞くと、先にも挙げたように、

①クリーニングをする服を着ないようにしている
②自分で洗濯をする
③お金の節約ため

・・・などで、さらに、どの条件が変われば利用するか・・・という問いに対して、

料金が安くなれば(45%)
サービスがもっとよくなれば(14%)
③利用するつもりはない(41%)  などがあります。

これを見ると、今まで利用していない人にどんなサービスをしても、クリーニングに出すことはない・・・ということでしょう。

年収、衣服購入額、クリーニング利用額に関係は?

年収400万円以下の人の利用率が他と比べて10%程度低いのは仕方がないかもしれませんが、その他の階層でみると、①所得額の高い人 ②衣服にお金を使っている人 はクリーニングの利用頻度が高くなっています。

さらに、その傾向は「特殊加工などの依頼」「その他のサービスを利用する割合」についても上がっています。

つまり、この点を見ると、取次店の今の状態の「待ちの営業」から昔の御用聞き形態を導入するなどで改善の方向があるような気がします。そして、生活水準が高い地域で、集配サービスをしている、上得意さんを多く持つクリーニングやさんは、ガッチリと稼いでいるのかもしれません。(笑)

これからどうなるのでしょう

大手のクリーニング会社へのアンケート結果をみると、業界が考えている打開策の方向が見えてきます。羅列しておきます。

  • 服が売れるとクリーニング需要が高まるのでアパレル業界と関係が深い業種
  • 今後マンションに住む人が増え、収納スペース問題が出るので、保管ニーズが高まる
  • まだまだ縮小傾向が続く。町や村にクリーニング店がないという事態も・・・
  • 時流に乗れるかどうかは後継者の有無にかかる。ITなどでの展開も視野に。
  • 海外進出
  • WEB進出は可能である。
  • 東京オリンピックまではリネンサプライ受注は増加。
  • ユニフォームレンタルの需要が増加。
  • クローゼットサービスや宅配などインターネット注文は増える
  • 消費者のライフスタイルに合わせて大型ショッピングモールの新規出店を考える。
  • ・・・。

大手はともかく、生活に密着するクリーニング店(および取次店)自体も変わっていってほしいと思っている人も多いと思います。

この統計結果には、私の考えを代弁していもらっているところも多いのですが、最後に、私の感想を書かせていただきます。

1)価格がわかりにくい
2)追加サービスをすすめられて、それを含めると高額になりすぎる
3)検品の仕方が露骨すぎて、もう少し『さらっと』行かないものか
4)急ぐものは別として、出来上がり日がバラバラに言われても困る
5)1人しか店員がいないので、先客があると待たされるのがイヤ
6)会員カードを出しているが、本当に安いのかわからない」・・・。

これが私の「意見・感想」です。

店舗側の言い分もわからないではありませんが、私のようなこの「うっぷん・不満」の延長がクレームになっていくかもしれませんので、ちょっと耳を傾けてもいいのではないでしょうか。<(_ _)>

さらに、上記の10個ほどの打開策を見ても、具体的にどうしていいのか解らない内容のものもありますが、これをヒントに、さらに新しい業態が生まれてくる事は考えられます。


私が調べたかった、これから気になる「ネット宅配クリーニング」ですが、WEBの記事をみる限りでは、集配サービスや保管サービスなどの、既存店がやらなくなったものを取り込もうとしており、注文をWEBで受けて、宅急便を利用して集荷配達をし、さらに、希望者には保管サービスを提供をするというサービスをしようとしているようです。

また、これらは最初に、WEBから申し込み手続きをしてからさらにWEBで依頼(発注)するものですが、専用の入れ物を用意したり、「保管パック付きの商品」というものが販売されているものなど、各社が囲い込み対策をも工夫して行っているようです。

ただ、クリーニング価格(単価比較)もわかりにくく、直感では、決して安くない感じですし、検品の問題で、扱えないなどのケースでになると、2度手間が生じたり、時間的なロスから、発注者の不満が出そうな可能性が隠れており、顔を突き合わせての取引でないことから、少し不安定な要素も感じられますので、もう少し動向を見て紹介したいと考えています。

いずれにしても、これらWEBの動向も含めて、クリーニングはますます多様化したサービスになっていくのでしょう。

長い文章でしたが、お読みいただき、ありがとうございました。


珪酸アルミニュームの状態図 宝石のとんでも科学(1/3)

hanasoのHPロゴ4 オンライン英会話を楽しむ(1/3)

スポンサーリンク