山の雑学と大阪の山の話題をすこし

スポンサーリンク

今は、窓を開けると、北には「箕面(みのお)の山」が見えます。春の若葉、桜の開花、秋の紅葉・・・と、季節の移り変わりを教えてくれます。そして、緩やかな山のようですが、紅葉で有名な箕面の滝への散策道は、しばしば風水害の影響を受けるなど、意外と自然であることもびっくりしますが、どこにもある風景でも、山を眺めていると、不思議に落ち着きます。

箕面の山

手元に、武内正さん、石丸哲也さん共著の、「日本の山の数を数えてみた」という本があります。面白いことが書いているので内容のいくつかをピックアップしてみます。

「山と渓谷社」発行で、山の雑学がたくさん載っており、山の話題が好きな方は、一度、ご覧になると、実にいろいろな資料を集めたものだと感心されると思われるでしょう。

武内さんは、国土地理院発行の1/25000の地図4400枚から、17079山を数えて分類したというのですが、とにかく、すごい作業をされています。

山の高さは変わっている

地球は、プレートテクトニクスといわれるように、表層が常に変動していますので、長い目で見ると、野山も今住んでいる場所も動いています。

さらに、大きな地震があると、山の高さや位置が大きく変わっていきます。たぶん。

地面が地中に潜り込んだり、盛り上がったりしたときに地震が発生するということなのですが、東北の大地震(東日本大地震)が2011年に発生したあとの2014年に、国土地理院は地殻変動による変化を計測しており、山の高さ「三角点の標高」を訂正をしています。

この大きな地震が起きた場所の海底では、24m滑って3m隆起したというらしいのですが、そのために、反動で、地震地域の山の高さは、軒並みに沈下しているようです。

気象情報でしばしば耳にする「金華山」は135cmも低くなったと記されています。

東北地方周辺は、それでなくても、ここ100年にわたって、毎年5~8mm沈下しているようで、それに地震が加わって、一度に山の高さが低くなってしまったようなのですが、改めて自然の凄さを感じます。

もちろん、標高改正された中には隆起した山もあります。

この標高の改正は1m単位の修正がされていて、高くなったのが48山、低くなったのが22山あったといいます。

それによって、日本第3位の山が変わりました。

以前は

1)富士山  3776m
2)北岳   3193m
3)奥穂高岳 3190m
4)間ノ岳  3189m → これが今回3190mになり、3位に昇格
5)槍ヶ岳  3180m

最新データでは、4位だった間ノ岳(あいのだけ)が3190mになって、3位の山が2つになっています。

間ノ岳周辺GoogleMapGoogleMap

槍ヶ岳・奥穂高岳は北アルプスですが、南アルプスの山々にも高い山が多く、間ノ岳のすぐ北に日本で2番めに高い「北岳」があり、1番の富士山も近くにあるのがわかります。

現在は、三角法とGPS測量があるので、m単位以下もかなり正確に測られていると思いますので、きっと、どちらが実際の3位だということもわかっているのでしょう。

山崩れで山肌が削り落とされたりして、山が低くなるという話は解るのですが、反対の盛り上がっていると考えると、少し不気味です。

山とは関係ありませんが、プレートテクトニクスによって『ハワイ島』が毎年8cmずつ日本に近づいているというニュースがありますね。

ハワイ島が近くに来てくれるのはWELCOMEですが、それに伴う地震が発生するのは歓迎しません。

山に石を積んで高くしたい

この書籍「日本の山の数を数えてみた」に面白い話があります。

3位の奥穂高の話ですが、2位の北岳(昔は3192mだったらしい)に2m差で甘んじるのは忍びないと、穂高岳山荘の主人が3mの石を積んでケルンを立てた・・・という逸話があります。

私も過去に穂高岳山荘に泊まったときにそのケルンを見ましたし、その話も聞いていたのですが、その光景を実際に見ても、特に違和感はありませんでした。

河原に行くと、石が沢山積まれていることがあります。賽の河原の話は、悲しい内容が含まれますが、その内容を知っても知らなくても、石がたくさんある河原や山に行けば、誰もが『自分の山』を積みたくなって石を積む気持ちになりますね。

と言っても、石を3m積む・・・というのは、執念のたわものといえるでしょう。

奥穂のケルン

現在は、山に造作を加えるのは法律で規制されていて、もちろん、自然に手を加えて三角点を移動させるのは問題だということはわかります。しかし、山に石を積むこと自体をどうこう言うのはどうかと思うのですが、これも、程度の問題と自然保護の観点から考える必要があるということでしょう。

最南端の沖ノ鳥島を頑丈なコンクリートで囲むのを「合法」だという方が少し度が過ぎている感じもしますが、それで、日本に大きな権利が得られていることもあるので、日本人なら、黙って見過ごしていることかもしれませんが、少し複雑な気持ちです。

山についても、厳密いいうと、おかしいこともあります。

大阪で長らく「日本一低い山」だった『天保山』も、1番低い山となった、仙台の『日和山』も、盛り土によって作られたものという記述を見たことがあリます。

目的は位置や高さを決める三角点ですので、由来はどうでもいいかもしれませんが、一喜一憂する人もいますので、急に変更するのも難しいことなのでしょう。

こちらの記事で少し紹介したのですが、昔ながらの三角測量とGPS測量での差異があるようですが、これらも統一されて行くには難しい問題があるのでしょう。

分類する難しさが感じられます

この他、この本の作者の武内さんは、いろんな山についての分類をされており、例えば、各都道府県ごとの『最高・最低』や、2番、3番という山の名前を収集して掲載されています。

一番高い山ぐらいは知っておかないと思うので、誰もが覚えているでしょうが、2位以下はあまり考えたこともないので、大変な作業をされたのだなぁ・・・という感じがにじみ出ています。

この本には、「日付高度の山を探す」「誕生日の山を計画する」「記念日の山登りに出かける」など、標高の語呂合わせを一覧にまとめられていたり、人名、名字、方角、文字などでデータ化された山の名前などは、見ていて楽しみを覚えます。

手にとって見る機会があればぜひお読みください。
日本の山を数えてみた:楽天

わが「大阪府」の話題

私は大阪府に住んでいますので大阪府の山の話題を少し紹介します。

この本「日本の山の数を数えてみた」によれば、大阪府の全山で見ると、地図に載っている山の数の多さは、全国46位です。少ないのです。

山の数の多い1.2.3位は、北海道、新潟、長野で、山の少ない45,46,47位は、沖縄、大阪、千葉となっています。

次に、標高累計(地図にある山の高さをすべて足した高さ)を比べると、大阪府は、47都道府県中45位で、1.2.3位は、長野、北海道、新潟で、45.46.47位は、大阪、沖縄、千葉となっています。

これを知って地図を見直してみると、確かに、千葉も大阪も平らで、高い山がない地域と言えます。

この本では、三角点の位置を元にした分類がされているからでしょうか、大阪府の最高標高は葛城山959m、最低は天保山5mとなっていますし、境界を含まない最高峰は岩湧山897mとなっています。

しかし、大阪の人は、「あれ???」と思う人も多いかもしれません。というのは、金剛山(1125m:最高峰は奈良県)の近くの府県境界で『大阪府の最高地点を示す1053mという立て札』があります。

大阪の最高点 金剛山金剛山にある大阪府最高点

金剛山は耐寒登山や登山回数を競うことで有名で、たくさんの登山者がいますので、この立て札を見に行ったかたも多いとおもうのですが、実際の大阪府の最高地点はその地点でしょう。

地図では、三角点の位置と等高線はありますが、多分、小さな登山道は示されていないので、地図からそれを調べるのは無理・・・ということなので、この本の数字はそれで正しいと言えます。

逆に言えば、そういう、「地図とは違うところ」を見つける楽しみも出てくるということかもしれませんね。

飯盛山から見た大阪平野大阪府東の飯盛山から見た大阪平野

千早赤阪城址付近から見た大阪平野大阪府唯一の村にある千早赤阪城址からの展望

大阪平野を周りの山から見おろすと、このように結構広い感じでベタッとしています。

遠くが霞んで見えないほど、平野が広がっていて、狭い大阪が広く見えるのには驚きます。

大阪湾の埋め立てによって土地面積が増えたことで、現在、大阪府の面積は「ケツ2(ブービー)」になっていますが、全国46番目の面積でこれですから、・・・。

都道府県で最小面積は香川県です。

この小さい大阪府には、1つだけ、1等三角点があります。

奈良との境界の生駒山642mの頂上にあるのですが、この記事を読んで、山頂遊園地の子供用汽車レールに囲まれたところに三角点の表示があります。

このように、本の記事を頼りに、どこかの山へ行ってみるのも面白いかもしてませんね。

そうして、それをブログに書けば(深田さんは随筆でしたが)、ひょっとすると、深田久弥さんの向こうを張った「日本『珍』百名山」ができるかもしれません。


その他の記事

SENRITOよみうりの駐輪場 わかりにくい千里中央の駐輪場おすすめ

ライトアップされた観覧車 OSAKA WHEELとNIFREL

スポンサーリンク