花博公園はいい公園ですがいのちの塔が気色悪い感じ

「花博記念公園鶴見緑地」は、1990年に開催された「花博」の跡地を整備して、無料の公園として開放されています。

鶴見緑地公園図

最寄り駅の大阪メトロ「鶴見駅緑地駅」で、地上に出るとすぐ前が公園で便利で、駐車場もたくさんあって、車でも便利です。

花博の駐車場案内2021年 駐車場HPより引用

広告

無料バスで回遊できますし・・・

園内バスルート園内バスルート

園内に電気自動車のバスが30分ごとに走っています。(月曜運休に注意)

乗り降り無料で、シニアの方もラクラクに園内の周遊が楽しめます。 臨時周回コースで運行されることもあるので、現地の案内板で確認ください。

また、試験的に園内を「つるモビ(電動スケーター)」で移動できる無料サービスが始まっています。詳細はこちらの鶴見緑地公式HPから

さらに、公共の公園ですが、「自転車の乗り入れOK」というところもGOODです。レンタルサイクル「HUBchari(ハブチャリ)→こちらのHPを参照ください」があり、事前申込みとスマホが必要ですが、料金や利用方法はこちらのHPで紹介されていますので、チェックしてください。

歩いて回るのはなお良し・・・

私のオススメは、上の地図の丸印の国際庭園と咲くやこの花館です。

花博の外国パビリオンの名残を残す国際庭園はいいですし、そして、有料ですが咲くやこの花館も見応えがあります。

咲くやこの花館咲くやこの花館

国際庭園の遠望国際庭園

中国パビリオン マニアの聖地

異国情緒のある建物がそのままに残されています。それをバックに写真をとるのもGOODで、コスプレファンには人気スポットのようで、このように、思い思いの服装で写真撮影されている若い方もいて、結構「絵」になる場所です。

ただ、ちょっと気になる施設が、咲くやこの花館の隣りにある「いのちの塔」です。

老朽化のために入り口を閉鎖して入場できない状態で不気味に残っていますが、ようやく取り壊される事になったようです。(R1.10月に撤去方針)

いのちの塔と咲くやこの花館 いのちの塔

これは花博の落とし子? ようやく取り壊しの方針

写真の右に大植物温室のある「咲くやこの花館」があり、その左に「いのちの塔」があり、1990(平成2)年に開催された「国際花と緑の博覧会」(通称・花の万博、花博)の恒久保存施設ということですが、老朽化で現在は入場できず放置状態です。

デザインした人や承認した人には申し訳ないのですが、実にセンスが悪い形で、結構図体が大きい割にちんちくりんで、宗教感さえ漂っていて、夕方の人が途絶えた時に近づいてみると、冷気さえ感じる気色悪さがあり、パワースポットの噂が立ちそうなので、取り壊し整備を早めてほしいものです。

花博開催時に塔内部を見学された方もたくさんおられると思いますが、塔の内側には、たくさんの名前プレートが貼ってあったのですが、それが、慰霊碑に刻まれた名前のようで不気味でした。主催者側のセンスが悪いと思っていました。

また、過去にその名簿ファイルのコピーデータが盗まれて、個人情報が流失したという話題もあって、大阪市は「水の館ホール」に会員コーナーを移して、400円で自分のネーム画像を印刷できるサービスをしているようです。

塔の解体が決まった会員さんの気持ちはどうなのかわかりませんが、この塔は、会員などの基金を集めて作られたもので、「永久に残しますよ」ということだったので、難しい問題はあるものの、取り壊しが決まったことが一つのターニングポーンとになって、古いものを残しつつ、問題を整理して、何か一味違う良い公園になってほしいと思います。

 

現在も、花博の思い出が色んな所で残っています

花ずきんちゃん 花博マンホールふた

花博のモニュメント 風車遠望

若い人の多くは知らないかもしれませんが、花博にいったことのある人はこれらの風景やキャラクターを頭の片隅に記憶されているかもしれません。

花の万博のキャラクター「花ずきんちゃん」や、風車のある「鶴見新山」などの当時の思い出がそのまま、今も残っています。

この丘は「鶴見新山」と呼ばれますが、都市ゴミを埋め立てて土を盛って作った「人工の山」で、作ったときは高さが45m程度あったようですが、地盤が落ち着いてどんどん低くなっていて、現在は40m以下になっているようですが、きれいに管理されていて、非常にいいところです。

周りの木々は成長し、風景に溶け込んで、非常に良い公園になっており、大阪で数少ない、落ち着ける場所ですので、今後もうまく運営して維持していってほしいと思っています。

もちろん、有料化地域を設けて再整備することも私自身は歓迎です。

3回目の大阪での万博開催:決まりました

次回の万博は2025年に南港の舞洲の会場で開催されますが、たくさんの来場者で盛り上がって欲しいものです。

1.日本万国博覧会 1970年 大阪千里 6422万人①
2.沖縄国際海洋博覧会 1975年 沖縄 349万人⑤
3.国際科学技術海洋博覧会 1985年 茨城県つくば 2033万人④
4.国際花と緑の博覧会 1990年 大阪鶴見 2312万人②
5.2005年日本国際博覧会 2005年 愛知県 2205万人③

 

万博の開催年をみてみると、日本では5・10・5・15年間隔で行われています。2025年の大阪万博は20年の間隔があくことになりますが、世界的な開催年を見ても、定期に開催されていないようです。 大阪人としては、盛り上がって欲しいです。

国内の会場入場者数では、「千里万博」が断トツですが、世界的には、入場者の最高は「上海万博」で、千里の万博は2番目ということですが、大阪人としても、2025年の大阪の万博は何としても成功してほしいものです。

花博公園

とにかく、千里万博の人の多さはすごかったという記憶が残っていますが、その後で整備された千里万博公園は有料で、それもあって綺麗に整備されていますし、いろんな集客イベントで盛り上がっています。

それに対して、この花博公園は無料です。もちろん、うまく保存整備されていますが、やはり整備の限界も見えています。

数少ない素晴らしい公園ですので、一部有料化やイベント開催などを含めて、一段と高度に整備してほしいと思うのですが、みなさんはどう思われるでしょうか。

最後ですが、コロナなどで情報が変わりやすいので、お出かけ前は公式HPを確認ください。