家庭用のプラネタリウムで星空を楽しもう

スポンサーリンク

部屋で星空投影できるホームスターライト

家庭用のプラネタリウム

これは、セガが発売している家庭用プラネタリウムの廉価版「ホームスターライト2」。

約3,000円で購入しました。別色もありますので、下記でWEBで検索して探してください。

(楽天)「HOMESTAR Lite 2 (ホームスター ライト 2)」

部屋の床において天井に星を投影します。

ともかく、忠実度を追求するより、星を見て楽しめるかどうかを試してみるのに、高価なものでなくていいと思います。これで嫌だったら、高価なものでも不満は出ますから・・・。

これでも結構幻想的で、寝る前にスイッチを入れて、疑似星空を眺めていると、自然に眠りに入ります。

15分ほどでスイッチが切れるようになっているので、それも、安心して眠りにつける要素の一つかもしれません。電池は結構長持ちします。半年程度は電池を変えなくても使えます。

不思議とこれで結構楽しめます。

そして、これがある程度気に入ったなら、一度ぜひ、実際の夜空を眺めてみてください。実際の星空とプラネタリウムの星空とはずいぶん違うと思うでしょう。

このプラネタリウムは、東京の12月の空がセットされています。高額な家庭用プラネタリウムになると、四季があったり、流れ星が見えたり・・・と、高価なものになるほどに、いろいろなレベルがありますので、まず、これで、次をどうするかを考えるのがいいと思います。

私は、今のところ、高級なものを買うつもりはありません。これはこれで、結構楽しめますので・・・。

家庭用はこの程度のレベル・・・と思って楽しむことが大切でしょう。

3000円で毎日、星空が見れるのはGOOD!

segaのHPから 使用状況 投影イメージ SEGAのHPより SEGAのパンフレットより

セガのパンフレットには、上のような感じの写真で紹介されています。私の部屋の床に置いて照らすと、直径が約2.5m程度の星空になります。

かなり忠実に冬の星空を再現しているとのことですが、値段を考えると本格的なものには及ばないのは仕方がないことです。

オリオン座やはくちょう座、カシオペア座・・・など、自分の知っている星座をようやく見つけることができる程度は識別ができます。(そう考えると、うまく出来ています)

そして、それらの星をさがす思考過程が睡眠に効くような感じです。

近視の人でも、大丈夫です。私の視力は0.6程度ですが、実際の星空を眺める以上に、星がよく分かって見えます。

投影用プレート

上の写真の丸い部分に星が描かれて、下からLEDで照らされたものをレンズで拡大する機構になっていて、東京の12月の1万個の星が映し出されていると説明書には書いてあります。

投影した様子実際に投影したオリオン座付近を直接コンパクトカメラで撮影

実際に投影したオリオン座付近ですが、オリオンの1等星リゲルやペレルギウスよりも明るいシリウスは少し大きなマルになっており、ちょっと歪んでいますが、イメージはOKです。

少し高級なものは、流れ星があったり、もっと星の数が多かったり、自動で回転したり・・・というものもありますが、この単純なものでも、これはこれで、結構楽しめます。

さらにもっと家庭用のプラネタリウムで星空を楽しみたい方は、まずこの安価版を叩き台にしておくと、高級版を検討する対象(用途や特徴)がカタログを見てもわかってきますので、そのときに、充分に投資すればいいでしょう。

星空の自作も面白いです

プラネタリウムキット

これは、アーテックという会社のプラネタリウムキットです。同様のものもいろいろあるようですし、もっともっと簡単な製作キットも販売されていますので、「プラネタリウム キット」などで検索して、WEBで探してみても面白いでしょう。これは約1000円でした。

楽天 プラネタリウムキット

キットの外装

キットですので、自分で星空を投影できるように・・・と、電池や加工用のピン(丸いドーム状のプラスチックに穴を開けていきます)まで付属していて、特に道具なども不要です。

子供だましのようですが、実に値段からすると、うまくできています。

4シーズン(春夏秋冬)4枚のドームが付属しており、そこにはあらかじめ、白い点で星の位置が印刷されており、付属のピンでドームに穴をあけていきます。

つけられたマークに沿って、1等星は大きく、暗くなるにしたがって穴を小さくしていけばいいのですが、星の位置はかなり適当ですので、適当な穴になっても、まぁ、問題ないでしょう。

自作した春の星空 セットした状態

仕上がりはこんな感じです。このドームを台座にセットして、電池を入れると、ドームの中の豆電球の光が小さな穴から漏れ出してそれが天井に投影されます。

この製品は、レンズなどがついていないために光も弱く、距離をとって天井などに投影すると「ピンであけた点がミラーボールのように広がってしまって、星として認識できなくなってしまうので、数10センチの距離で天井向けて投影するのがいいでしょう。(製作した達成感を楽しむもので、忠実度は低いです)

一応、天球を考えて設計されて穴の位置を印刷されているのですが、投影してみると、全く星の位置関係がわからないような出来上がりですが、自分で穴を開けるのですから、しかたがないでしょうね。

しかし、自分が加工したものですので、どうなっていても納得するしかありません。(見る楽しさではなく、作る楽しさです)

出来上がりは、星座や特定の星を確認するのも難しいのですが、自分で作った星が見えるということで、何とも言えない気分になります。何しろ「自作」ですから感無量です。

1枚のドームに穴を加工して仕上げるのに、1時間程度かかりました。これは、見て楽しむよりも、作る楽しみで、結構楽しめます。

これは、自分で加工しないといけないし、穴位置も適当になって忠実度は皆無に近いので、好き嫌いがあるかわかりませんので、実際の店舗で実物を見るのがいいかもしれません。

夜空で広がる空想の世界

現在住んでいる北側が山で、その地形の関係もあって、北の空が曇ることが多く、「北極星」が見える日も1年で数えるほどしかありません。

晴れた夜でも、3等星ぐらいしか見えませんので、天の川などはキャンプに行った時以外、見たこともありません。

ここで最初に紹介した家庭用プラネタリウムは、部屋に居ながらにして目で見える以上の数の星や天の川までが、数千円で楽しめるのですから、1つ買っても損はないと思います。

不思議と簡単に眠りにつけますし、それを見ながら、星が輝く部屋で空想を巡らせているのも楽しいことです。

星空


拡大 冬の大三角 星座早見盤で楽しもう

今日のほしぞらの1画面 今日の星空を見るNo.1おすすめサイト

科学館入り口 大阪市科学館のプラネタリウムを紹介します

スポンサーリンク