星空の写真を頑張って撮ってみる

スポンサーリンク

コンパクトカメラではしょせん無理でしょうか

一番初めにお断りしておきますが、私は写真に強いわけでも特殊技術を持っているわけでもありません。

星の話をしたいので、ともかく写真がなければ前に進みませんので、自分なりに写真を撮ろうとトライしました。

星の光は弱いので、マニュアル撮影ができるカメラでないと夜空がうまく撮れません。

暗い星空をコンパクトカメラで撮影しようとすると、カメラは自動的に感度を上げようとして、ノイズが多くなってしまいますし、画像自体も変わってしまって変な写真になってしまいます。

コンパクトカメラでISSを撮った ISSを撮ってみた

これは、キャノンのコンパクトカメラPowerShot SX620HSで自宅のベランダから頭上のISSを撮った写真です。

上の写真の中央に写る白い点が宇宙ステーションISSで、眼では非常に明るい点が移動する様子が見えているのですが、コンパクトカメラのズームを最大にしても、全くその感動が伝わりません。

拡大すると(1)  拡大すると(2) 拡大すると訳がわからない

また、上のISSの写真を拡大するとこの左のような丸い形に写っていますが、同時にとった他の写真などで、形が見えそうなものを拡大したのが右の写真です。

なにかしら雑誌などに載っているISSの形がイメージできるのですが、同じものを撮ってこんなにも写り方が違うので、どれが本当の形かどうかわかりません。

「UFOを撮った!」という写真を見ることもありますが、こんなものかな?と思えてしまいます。写真に撮った被写体は現実ですが、この場合は、写真機の能力でこんなに変わってしまいました。何がなんだかわかりませんね。

このように、コンパクトカメラは、いろいろな内部動作を自動で勝手にしているために、明るい花火などを撮るのはそれなりに写るのですが、夜空の星を撮るのは無理なようです。

コンパクトカメラで、「オリオン」を撮ってみると

コンデジでオリオン座を撮った

この写真は、2018年のお正月の南の空のオリオン座付近を撮ったものです。(左上に大きなお月様が出ていましたが、トリミングして見えないようにしていますが)

中央上側に冬の星座「オリオン」が、その左下の小さな点が、星の中で一番明るい「シリウス」が映っているのですが、しかし、どれが星で、どれがごみやノイズかわかりません

この黒いところの白い点をさがして、それを頭の中にあるオリオン座の形をイメージすると、4つの星の真ん中に3つ星があるのが見えてきませんか?

・・・でも、コンパクトカメラではこれが限界です。

一眼レフでは、この小さな点を大きく見せる「ソフトフィルター」などもあって、やはり、それらを使って見やすい写真にしないといけないのでしょう。

一眼レフで星の写真を撮るために・・・

そこで、家内の持っているミラーレス一眼では、どうなるのかを試そうと思って、まずはカメラの使い方を勉強しなければなりません。

といっても、自宅のベランダから見える星空を撮る程度のものですので、大したものは望めませんが・・・。

(おことわり:ここではこのカメラでとった星の写真はありません。すみません)

このカメラですが

オリンパスペン

オリンパス・ペン・ライトというカメラで、最初からついているレンズは14-42mmf3.5の普通のものです。

その他の機種やどんなデジタル一眼レフでも大きな違いはないと思いますので、お持ちのカメラでやってみてください。

そして、この他に「三脚」が必要ですし、そして、できれば、周りの光が入らないように「レンズフード」や「ソフトフィルター」があれば最高ですので、順次に購入しなければなりません。

ただ、通常の1眼レフのように、このカメラに合うパーツのバリエーションがないので、そのあたりはすこし不満になるところです。

星の写真をとるポイントとして、ここでは以下のところが重要です。

  1. マニュアルモードにする
  2. オートフォーカスを解除する(マニュアルに)
  3. 手ぶれ補正機能を解除する(使わない)
  4. 手ぶれを防ぐためにタイマー撮影をする(1~2秒程度)
  5. 長時間撮影時のノイズ低減設定を解除する(使わない)
  6. ISO感度を調整する

これを、撮影前に明るいところで準備しておいて、後は、絞り、露光時間などの撮影条件を色々変えながら、気に入った条件を見つける・・・ということになります。

きれいなかっこいい写真は一朝一夕では難しいので、私のような駆け出しには無理ですので、星の写真集などには、セッティングした条件が書かれているものが多いので、それを参考に、いろいろ数値を振らして『自分なりの条件』を見つけることになります。

こういうことをやり始めると結構ハマりますが、私の場合は、写真の専門家になるのではなく、最低限のことができたらいいと考えましたので、そういう見方でお願いします。

基本的には、マニュアルモードで

マニュアルモードに

通常は「AUTO」で撮影しているものを、「M」のマニュアルモードにします。

マニュアル設定をして

そうすると、このカメラの場合は、OKと書いた「十字ボタン」の上下で「シャッター速度」が、左右で「絞り」が調節できます。

次にその他の設定を…

マニュアルフォーカスに

普通はオートフォーカスになっているものをマニュアルフォーカスにします

このE-PL6では「S-AF → MF」に変えます。

フォーカスを無限にセット

オートフォーカスになっていると、暗い星空ではカメラの頭脳が混乱して、とんでもないところに焦点を結ぶ可能性があるので、これで、無限遠(∞)にすれば、ほとんど問題ないはずです。

しかし、明るいところで、フォーカスリングを回して確かめておく必要があります。このピント合わせが「いい写真」のポイントになリますので。

手振れ補正機能の解除

これをONにしていると、いつもカメラが自分で「揺れてないかなぁ」と小さく揺さぶる動作を自動的するので、OFFにしないと、ピントの合った写真になりません。

設定をしないと・・・

E-PL6では、右下のMENUボタンを操作して、手振れ補正を解除します。

タイマー撮影をする

リモコンレリーズなどがあればいいのですが、私は手持ちがないので、『手ブレ』を防ぐために、1から2秒のタイマー撮影をします。

E-PL6の場合は「2秒」というのがあるので、上記のMENU画面の一番上を選択して変更します。

その他の設定

「長時間撮影時のノイズ低減設定」というのがあれば、解除(OFFに)します。

これは、E-PL6のばあいは2秒以上のシャッターでは無効のようなのですが、念のために設定しておきましょう。

次に、ISO感度ホワイトバランス などを調整するといい写真になるようですが、これは、実践してみて気に入ったものに変えていくようにすればいいでしょう。

ISO感度は1600ぐらいを基本に、ホワイトバランスは「AUTO」でいい・・・という説明がありますが、これは、いい写真を撮る要素のようです。

カメラの解説をかけるような腕前ではありませんが、星空の写真を撮ろうとすると、インスタントカメラでは無理で、やはりアタッチメントなどが揃った1眼レフが欲しくなります。

しかし、ミラーレス1眼でも、最低の設定をしてやると、肉眼や双眼鏡で見えない星や天の川などが写真に取れます。

と言っても、まだまだ初心者で100倍ズームのインスタントカメラ派から抜けきれませんが、公開できる写真がとれるようになるには、まだまだです。

******

参考図書:

  • (株)アストロアーツ デジタルカメラ星空写真撮影術
  • オリンパス E-PL6 取扱説明書


今日のほしぞらの1画面 今日の星空を見るNo.1おすすめサイト

スーパームーン 太陽と月はどちらが大きく見えますか?

スポンサーリンク