星空の写真を頑張って撮ってみる

広告

星空はコンパクトカメラで撮るのは・・・かなりきびしい

私は写真の専門家でも特殊技術を持っているわけでもありませんが、ともかく自分なりに星空の写真を撮ろうとトライしましたが、結局は、星の光は弱いので、マニュアル撮影ができるカメラでないと夜空がうまく撮れないということのようです。

その様子を紹介します。

暗い星空をコンパクトカメラで撮影しようとすると、カメラは自動的に感度を上げようとして、ノイズが多くなってしまいますし、画像自体も変わってしまって変な写真になってしまいます。

肉眼で見ると眩しいほどに光っているISS(国際宇宙ステーション)の写真を撮りました。

コンパクトカメラでISSを撮った ISSを撮ってみた

これは、私が使っている、キャノンのコンパクトカメラPowerShot SX620HSで自宅のベランダから頭上のISSを撮った写真です。

この程度ですが、これでも、よく取れた1枚です。

上の写真の中央に写る白い点が宇宙ステーションISSで、眼では非常に明るい点が移動する様子が見えているのですが、コンパクトカメラのズームを最大にしても、全くその感動が伝わりません。

 

拡大すると(1)  拡大すると(2) 拡大すると訳がわからない

また、上のISSの写真を拡大するとこの左のような丸い形に写っていますが、同時にとった他の写真などで、形が見えそうなものを拡大したのが右の写真です。

なにかしら雑誌などに載っているISSの形がイメージできるのですが、同じものを撮ってこんなにも写り方が違うので、どれが本当の形かどうかわかりません。

「UFOを撮った!」という形のわかりにくい物体が写った写真を見ることもありますが、それらもこんなものかな?と思えてしまいます。

写真に撮った被写体は現実ですが、この場合は、写真機の能力でこんなに変わってしまいました。こうなると、何がなんだかわかりませんね。

コンパクトカメラは、いろいろな内部動作を自動で勝手にしているために、明るい花火などを撮るのは、そのモードで撮るとそれなりに写るのですが、夜空の星を撮るのは無理なようです。

コンパクトカメラで、「オリオン」を撮ってみると

コンデジでオリオン座を撮った

 

この写真は、2018年のお正月の南の空のオリオン座付近を撮ったものです。

左上に大きなお月様が出ていましたが、トリミングして見えないようにしていますし、パソコンでかなり加工をしたのですが、これが精一杯です。

目を凝らしてみると、中央上側に冬の星座「オリオン」が、その左下の小さな点が、全天で一番明るい「シリウス」が映っているのですが、しかし、どれが星で、どれがごみやノイズかわかりません

 

この黒いところの白い点をさがして、それを頭の中にあるオリオン座の形をイメージすると、4つの星の真ん中に3つ星があるのが見えてきませんか?

・・・でも、コンパクトカメラではこれが限界です。

本格的な一眼レフでは、この小さな点を大きく見せる「ソフトフィルター」などもあって、やはり、それらを使って見やすい写真にしないといけないのでしょう。

そこに行くまでに、ミラーレス一眼の安価なタイプを使って写真が取れるのかどうか試してみようとしているのですが、これでも、インスタントカメラに比べると、かなりハードルが高そうです。

一眼レフでも簡単ではない・・・

オリンパスペン

これは、オリンパス・ペン・ライトという比較的安価なミラーレス一眼レフカメラで、最初からついているレンズは14-42mmf3.5の普通のものです。

これで頑張ってみようと思って説明書を読見ながら押さえるべきポイントを確認していきました。

星の写真を撮るには、「三脚」が必要ですし、そして、できれば、周りの光が入らないように「レンズフード」や「ソフトフィルター」があれば最高ですので、順次に購入しなければならないということがわかってきます。

一眼レフであればいい・・・ということではなさそうです。

さらに、通常の1眼レフとは違って小型のミラーレスの場合は、専用のパーツになっているために、オプションを考えると結構高くなりそうな感じですので、そこまで踏み込んでいいのかは、使えるかどうかを確かめてから検討しよいうと思います。そのあたりはすこし不満なところです。

星の写真は、

  1. マニュアルモードにする
  2. オートフォーカスを解除する(マニュアルに)
  3. 手ぶれ補正機能を解除する(使わない)
  4. 手ぶれを防ぐためにタイマー撮影をする(1~2秒程度)
  5. 長時間撮影時のノイズ低減設定を解除する(使わない)
  6. ISO感度を調整する

ということを基準にするようですので、それらに機能についてこのカメラで確認します。

1 マニュアルモードで撮影する

マニュアルモードに 通常は「AUTO」ですが、「M」のマニュアルモードにすればいいということで、これはOKです。

2 マニュアルフォーカスに

普通はオートフォーカスになっているものをマニュアルフォーカスにします。これもOKです。

 

フォーカスを無限にセット

 

3 手振れ補正機能の解除

これをONにしていると、いつもカメラが自分で「揺れてないかなぁ」と小さく揺さぶる動作を自動的するので、OFFにしないと、ピントの合った写真になりません。

上のISSの焦点の合っていない写真も、この機能が邪魔していたようですね。

設定をしないと・・・

E-PL6では、右下のMENUボタンを操作して、手振れ補正を解除すればいいようです。

4 タイマー撮影

リモコンレリーズなどがあればいいのですが、なければ、『手ブレ』を防ぐために、1から2秒のタイマー撮影をするのが一案です。

E-PL6の場合は「2秒」というのがありますので、これが使えそうです。

5 「長時間撮影時のノイズ低減設定」というのがあったので、それを解除(OFFに)します。

6 ISO感度ホワイトバランス などを調整します。 これもOKです。

ISO感度は1600ぐらいを基本に、ホワイトバランスは「AUTO」でいい・・・という説明があります。このあたりがインスタントカメラと違う点のようです。

・・・このように、インスタントカメラから見ると、かなり複雑ですが、一応ポイントはクリアできそうですので、このミラーレス一眼カメラでも、設定すれば星の写真が撮れそうです。

肉眼や双眼鏡で見えない星や天の川などが写真が撮れるのは素晴らしいことなので、次回には、写真が紹介できるように頑張ってみますが、そんなに簡単ではないということが感じられます。

きれいな写真をWEBなどに投稿されている方は、かなり苦労していることもわかりますし、結論ですが、やはり、インスタントカメラで星の写真を取ろうとしても「限界がある」ようです。

  参考図書:(株)アストロアーツ デジタルカメラ星空写真撮影術  オリンパス E-PL6 取扱説明書