割れたガリレオ温度計をなおしてみた

広告

見ていて可愛い「ガリレオ温度計」

丸いカラフルな球が温度によって浮き沈みする「ガリレオ温度計」は、見ていて楽しいのですが、過って倒すと簡単に割れます。私と同様に、割ってしまった方も多いと思います。

もしも容器が割れても、フロートが無傷なら、液体を自分で作ることでそれなりに修復できます。

写真のような縦長容器は販売されていないので、100均などで市販されている広口瓶に入れると、フロートが広範囲に動いてかわいいいので、私が行った修理方法を紹介します。

ガリレオ温度計を復活したい人は、参考にしていただきたいと思います。

市販のガリレオ温度計

ガリレオ温度計は、温度による液体の膨張収縮で液体の密度(比重)が変化し、それによって浮力が変わりフロートが浮き沈みする・・・という原理で、ガリレオ・ガリレイがこの原理を考えたらしくてこの名前がついています。もちろん、彼は多分、こんな形の可愛いフロートは作らなかったと思いますが、ともかくすごいことを考えたんだなぁ・・・と感心します。

市販のものは、このような丸いフロートの下に温度を表示したタグがつけてあり、浮いている一番下の温度が「室温」を表すようになっています。

上の写真のものは35cmほどの高さがある比較的大きなもので、数年前に3000円程度で購入しました。

 

ぷかぷか浮かぶ様子が可愛いので、私は今まで、いくつものガリレオ温度計を購入していて、フロートの数が多いものは高価ですが、小さなものでも、部屋においてあると可愛くて、見ていても楽しいものです。

今回、割れた温度計は、上の写真のものと同じく7つのフロートがあり、16℃~28℃までの2℃刻みの温度に対応して上下するものです。

倒れるとすぐに割れてしまう・・・

縦長のガリレオ温度計を倒すと、簡単にガラスが割れて使えなくなってしまいます。

私はガリレオ温度計を割ったのは2度目でしたが、中のフロートが傷んでいなければ、液体を入れ替えて再生できます。

使われていたのは石油系の液体

割れた液体の匂いをかぐと石油系の薬品(液体)のようでした。

本来、割れやすいものですので、使用されている液体は、触れて飛散しても危険でないようなものが使われているはず・・・と勝手に考えて、われたガラスを安全に処分して、フロートを洗剤で洗ってから水(水道水)に浮かべてみました。

すると、温度に関係なく、全部が浮いてしまいます

つまり、水道水では比重が重すぎてダメということです。

水の比重が大きすぎるためにフロートが浮いてしまうので、比重が1以下の液体を使わないといけないということです。

使えそうな液体は何?

「危険でないもの」「簡単に購入できるもの」が第一で、比重が1以下といえば、身近にある 灯油、アルコール などが使えそうだと思いつくでしょう。

調べてみると、灯油の比重は0.8から0.85程度で、エチルアルコールやメチルアルコールもやはり0.8程度ですので、いずれも使えそうです。 0.8以下のものは身近なものでは見つかりません。

灯油は混合する溶剤探しが難しそうなので、ここでは500mlで250円程度で市販されている「燃料用アルコール」を購入して使うことにしました。

もちろんアルコールは火災の危険性があり、燃料用アルコールには、有害なメチルアルコールなどが混ざっているので、全く安全ではありませんが、火災と蒸気を吸い込まないように注意すれば、訳のわからない薬品を購入するよりも安心ですし、アルコールは「水」と混ざるので好都合です。

試しに、燃料用アルコール(原液)にフロートを入れると全て沈んでしまいますし、水に入れると浮いてしまうので、この燃料用アルコールに、比重の大きな「水」を加えながら比重を調整すればいいことが予想できます。

ガリレオ温度計2

ガリレオ温度計用の液体の作り方:手順

用意するもの

①適当な深さのあるビン ②燃料用アルコール ③水 ④寒暖計(棒状温度計)⑤水差し・スポイト を用意します。

①のビンは100円ショップで、ビンの直径が10cmほどある大きめのものを購入しました。もちろん、容量が大きいので、アルコールは500mlでは足りませんので、燃料用アルコールを2本購入しました。

②燃料用アルコールは、コーヒーサイフォンに使うアルコールランプ用で、ホームセンターで売っています。500mlで250円程度です。

燃料用のアルコールはその他のアルコールよりも安価で、WEBでもいろいろ販売されています。安いものを探すといいでしょう。(消毒用のエチルアルコールやアルコール試薬よりも、これが一番安いでしょう)

少し違った動きが見れるようにと大きいビンにしたのですが、フロートの数や大きさに合わせて容器の大きさを選ぶといいでしょう。

市販のものは可愛いものがあります。参考に。 ガリレオ温度計を探す:楽天

水は水道水で充分です。寒暖計は温度が測れれば何でもいいですし、水差し・スポイトはごく少しずつ水を注ぐためのものです。最終微調整では1滴ずつ注ぐ作業になります。

作業は、春・秋が狙い目・・・

私の温度計は、16℃-28℃の 2℃刻みですので、気温がその範囲の時に作業すると作業が楽です。28℃以上の真夏や16℃以下の冬季になると温度調整が大変ですので、朝夕の温度差のある春・秋が狙い目です。

フロートの中の液体は何かわかりません。しかし、それは触りません。

さあ、作業開始

アルコールに少しずつ水を加える方法を取ります。それが安全で簡単です。

まず、燃料用アルコールを7分目ぐらいを用意した瓶(容器)に入れて、フロートをすべて投入します。

気温(液体温度)が30℃までなら、アルコールの比重が小さいので、全て沈んでしまうはずです。(もしも、全て浮いてしまうようなら、もっと比重の低い液体が必要になるので、この方法はダメということになります)

火気厳禁と換気が必要です。火の気のないところで、換気に注意して作業してください。

全部が燃料用アルコールにフロートを全部入れると、全部が沈んでしまう状態から、水を少しずつ加えて、よくかき混ぜながら液温を測る作業をゆっくりと繰り返します。

非常に微妙な比重差が関係しますので、一気に水を加えすぎないことと、十分に時間をおいて温度が安定するのを待って、かき混ぜた時の液体やフロートの様子を観察しながら作業をすすめることが重要です。

適当な比重になってきたら、かき回している温度のフロートの動きが上下しだします。そうなると、さらに慎重に作業をします。

液温と同じ温度を示すフロートの動きを見て、水を少しづつ加えるのですが、「1滴ずつ」という微妙な作業になります。ともかく、慎重に充分に時間をとリながら作業を進めるようにしてください。

 

寒暖計とフロートの温度表示を見ながら、ごく少しづつ水を加えて、よく撹拌しながら温度を見ることを続けます。

ともかくゆっくり時間をかけて作業をします。

水を加えすぎたら、アルコールを少し入れますが、ともかく、根気のいる作業です

まずは、1つの温度のフロートに対して濃度を調節します。

時間をかけてゆっくりと作業

水の量がスポイトの2-3滴でフロートの動きが変わりますので、①少し水を加える ②時間を置く ③水またはアルコールを少し加えて、かき混ぜて様子を見る。・・・ ということを繰り返します。

朝夕で数度の温度差がありますので、温度計を並べておいて、かき混ぜながら、いろいろな温度での状態を見るようにします。

私は1週間ほど様子を見ながらこの作業を繰り返して最終状態を決めました

周囲の温度差もあるので、一発で決めるのは無理です。それぐらい微妙なものです。

そして、自分が納得行く状態になったら、最後はフタをキュッと密閉して作業は終わりです。

ガリレオ温度計3

室温が上がってくるとそれに見合ったフロートがゆっくりと沈んできます。室温が下がっていくと、その温度のフロートがゆっくり浮いていきます。

この瓶は液量が多いので、窓際に置くと、各部の温度の不均一さが影響して、フロートが途中でフラフラしたり、他のフロートの上に乗ることなどもあって、市販のものにはない面白さがあります。

写真のように窓辺におくと、ビンの表面、上下で少しの温度差が自然に出来るので、フロートが途中で止まったり、やや上下を繰り返す・・・などがあって面白いです。

 

直径の大きな容器では、フロートの動きも多彩で、市販のものにはないオリジナル品の楽しさがありますので、少々の温度誤差があっても気にならないでしょう。

このように、割れてしまった「ガリレオ温度計」は再生できました。

もしもガリレオ温度計のガラスが割れてしまった時には、この記事を思い出してください。

市販のものも参考に、いろいろと工夫して楽しんでください。

→アマゾンの「ガリレオ温度計」を見る

【追記】数カ月後に蓋のところをボンドで固定して、中の液が蒸発しにくくしました。そして、長期間経過していますが、アルコール水の蒸発もなく、問題ありません。 広口ビンを使うと、細い容器と違って複雑な動きをしますので、結構楽しめます。可愛い瓶を探すといいでしょう。