電子工作のすすめ その2:部品の購入体験をしよう

スポンサーリンク

ページは次のような内容です。

1)電子工作に必要な道具やパーツを購入する体験をする(このページ)
2)電球やLEDを点灯させる実習をする(次のページ
3)電子工作キットを、テキストに沿ってやってみる(次のページ
4)自己保持回路組み立てて動作させてみる(最終ページ

電子工作に取り組むには、最低でも、①オームの法則 ②部品の知識 ③自分でやる ということが不可欠ですので、それを初心者の方に実践してもらえるような計画をしました。

電子工作に必要な道具の購入から始めました

テスター 半田ごてセット 工具例

今回、電子工作をするにあたって、あとで説明する電子工作キットの必要部品に合わせて、テスター、半田ごてのセット、工具類、小物ケースなどをホームセンターなどで購入します。

これらは工場でも普段用に使うことができますので、工具箱でおいておくことにして、みんなで近くのホームセンターへ行って、購入する体験をしました。(グループごとに1セットを購入します)

あとで紹介しますが、ADOWINの「キットで遊ぼう電子回路」を利用できるための最小工具の購入です。

半田ごては、少しだけしか使わないのであれば、高価なものは不要で、予算に余裕があれば、日本製のものを買っておけば安心です。

半田ごて(30W)は、1000円少しから購入できます。電子工作用だけでは20W程度のほうが使いやすいのですが、汎用性(会社で使えるように)を考えて30Wにしました。

無鉛はんだは使いにくいので、追加購入するのであれば、電子工作用と書いてあるハンダを購入しましょう・・・というようなことをメンバーに話しながら、これからやっていく電子工作のイメージを少しでも感じてもらえるようにする目的もありましたのですが、みんな、結構楽しんで買い物をしています。

テスターは2つ購入がおすすめ

テスターはデジタルが使いやすく、安いものでも当面の問題はありません。

実習用は1000円少しのものを購入しました。写真のテスターは常用しているもので、3000円程度ですが、幅広く使えています。以前に比べて、非常に安くなったものです。

これから自分で電子工作をやってみようと思っている方は、少ししっかりした、3000円以上のものと、安い1000円程度のものの2つを購入することをおすすめします。(電圧と電流を同時に測るとすごく便利ですから)

そして次は、電子パーツを購入する体験です。ほとんどのパーツは、別に購入する「電子キット」に入っていますが、これとは別に行う実習のためのパーツ類を購入する体験です。

電気のまち 日本橋(にっぽんばし)へ行く

電子部品の調達方法は、①店頭で購入 ②WEBで購入 という方法になりますが、店舗で購入する経験も必要と考えて、会社から近い、電気のまち日本橋のパーツやさんを数軒巡リました。

私が電子工作にハマっていた当時、日本橋の電気街では、電子パーツが買いやすいところと言えば、上新電機さんと二宮無線さん が有名でした。上新さん、二宮さんは今では「ジョーシン」「ニノミヤ」になって、現在では大会社になりましたネ。

日本橋筋の様子もガラッと変わってしまって戸惑ったのですが、パーツ店は数店見つかり、デジット(共立電子産業)さん、マルツさん、千石電商さんなどがかなり広範囲に電子パーツを取り扱っているのをみて、少しうれしい気分になりましたし、特に、デジットさんの店員さんにはいろいろアドバイスをいただきました。

わからないことは店員さんに聞くと、即座に、新旧型番や互換性などについて、丁寧に教えてもらうことができます。

このような購入の仕方は、ある意味では独特なので、その様子をメンバーに知ってもらいたかったこともあり、その様子を見てもらったのですが、役に立つのは、かなり後のことになることで、見ていて奇異に感じた程度かもしれません。

雑誌の記事などを利用して電子工作をするときには、欠番や廃番がよくありますが、「新旧表」などを見て探すよりも、専門家の店員さんのほうがスピーディーな場合も多く、これは実店舗の良さですね。

・・・「電材店」も案内して、弱電部品の購入も知ってもらいたかったのですが、2時間程度の時間しか取れませんでしたので、LEDやリレーなどの必要なものは同じパーツ屋さんで購入しました。

東京の「秋葉原」と並んで大阪の日本橋(にぽんばし)は電気のまちといわれていたのですが、今では大阪の日本橋と言えば「電気のまち」よりも「オタロード」が有名になってしまいましたネ。若い人は、パーツ店は初めてでしたが、そっちのほうはみんなが知っていました。

電子パーツはネット購入も便利です

上に紹介したお店も、WEBでの取り扱いをしていますので、部品の購入は便利になっています。価格も高くはありません。

今回は、最終課題として、「自己保持回路」を組んでLEDを点灯をさせる回路をつくりたいので、電子キットを購入して、それで基本的なことを一通りこなした上で、店舗で購入した部品を利用して、下記のようなものを作る計画をしました。

最終目的の工作イメージ

写真のように、スイッチ(C接点)2個、リレー1個、抵抗、定電流ダイオード、LED、その他、DC電源やその他の必要な部品を購入することも実習の一つです。

12V2回路リレー砲弾型LEDC接点スイッチ定電流ダイオード

手頃な、ADOWINの「キットで遊ぼう電子回路」を購入

ADWIN電子回路Vol.1

オームの法則などの理論に対する考え方は、1から説明するより、このキットを利用すると便利ですので、これに頼りました。

「はんだ付け」「テスターの使い方」「LEDを点灯する考え方とやり方」をクリアできるように、うまく考えられています。

現在販売されているキットは新しい装丁に変わっていますが、内容は同じですので、購入される場合は、新しいものを購入されるといいでしょう。WEBでも購入できます。

電子回路キットを楽天で探す

その他、キットには入っていない、写真のようなものを別途購入する必要があります。

その他必要なもの

はんだごてのスタンドは購入しませんでしたが、少し慣れてから使いやすいものを購入するといいでしょう。

はんだごてのセットは1000円程度で販売されています。テスターは高価なものもありますが、とりあえず、1000円程度のもので十分に使えそうです。少し慣れてから、しっかりしたものを購入すつと良いでしょう。これも無駄になりません。

工具箱などを含めても(見栄えはそれなりですが)数回使うだけですので、安いもの2セット分を購入しましたが、これらも、使い慣れるにしたがって、しっかりしたものを購入するといいでしょう。安価なものが無駄にはならず、初回投資は1万円あればお釣りが来るでしょう。

実際にやり始めてみると・・・

「キットで遊ぼう電子回路」に付属のテキストを見ながら順番にやってもらうのですが、学校でも実習していたはずなのに、はんだ付けの動作も危なっかしく、テスターの使い方も、特に、電流が測定できません。

ごく普通の人は、自分で触らないと何も出来ないのが普通です。一通り学校では習ったはずですが、時間もたっていますので、これも無理はありませんね。

1から始めるので、余分な時間をこれらに使ってしまいました。

使用した教材 キットで遊ぶ電子回路

使用したフレッドボード メーカーの説明図

この教材は、「キットで遊ぼう電子回路」のVol.1では、このブレッドボードという配電盤を使って、LEDの点灯や論理回路、CR回路などが学習できるようになっています。

これを使うと、部品を穴に差し込んで配線するだけなので、回路が理解しやすく、失敗しても、簡単に修正できる便利なものです。

また、この教材は、うまく考えられており、まず、スイッチやボリウムに「線材のはんだ付け」をするようになっています。これではんだ付けを実習をする機会を作ってくれます。

スイッチのはんだ付け 可変抵抗のはんだ付け

はんだ付けのやり方を文章で書くと、
①部品にリード線を固定する
②ペーストを塗る
③糸はんだを接着する部分に近づけて
④接着部分のリード部をはんだごてで加熱する
⑤接着したい部分にはんだが回った状態で素早く半田ごてを離す

・・・ となるのですが、ダイオードや半導体部品になると、熱の影響を受けないように素早い操作がいります。そのために、どうしても、体験してもらうしかありません。

キットではブレッドボードを使うので、部品を直接にはんだ付けすることはないのですが、この実習の最後に、下記のユニバーサル基板上に自己保持回路を組む予定で、はんだ付けは必須になりますので、何回か繰り返してやけどをしながら感触を覚えてもらいました。(びっくりするほど、みんなは火傷をします。注意に注意が必要です)

最終目的の工作イメージ

次のページは、電子工作キット「キットで遊ぼう 電子回路Vol.1」をつかって、基本的なことを覚えながら、豆電球やLEDを点灯させる内容です。 → 次のページへ


ガリレオ温度計3 割れたガリレオ温度計をなおしてみた

磨けば宝石 宝石のとんでも科学(2/3)溶融法・接合

スポンサーリンク