オンライン英会話を楽しむ(1/3)

スポンサーリンク

私のような70を超えるシニア層の方でも英会話を楽しむことができます。私は、63から週1回の英会話スクールから英会話を習い始めて、途中からhanasoというオンライン英会話を長くやっています。

やはり年齢もあって、まだまだ英語は上達しませんが、「若い講師とお話できる場」と言う程度に考えて気楽に学んでいます。「やってみようかな」と考えておられる方は参考程度に読んでみてください。

ここでは、オンライン英会話を始める方法などを紹介しています。

始める前にチェックする点は

パソコン大画面が見やすくていい

オンライン英会話を受講する場合は、タブレットやスマホでもいいですよ・・・とPRされているものもありますが、ノートパソコンかデスクトップでの利用をお勧めします。

レッスン講師からは、レッスン中に、映像リンクやチャットを送ってきますので、画面が大きくないと使い勝手が悪くて不便です。

スマホを使いこなせる若い人たちはうまくそれで対応できるかもしれませんが、私を含めて年令を重ねると、瞬時の対応ができにくくなってきます。リラックスしたレッスンを受けるために、環境づくりは大切です。

マンツーマンレッスンが基本

グループレッスンのコースもありますが、おすすめしません。主流のマンツーマンのほうが気楽で密度も高いのでそれをおすすめします。

私がオンライン英会話レッスンを受ける前に、短い期間ですが、生徒4人と先生1人がWEB授業の形式で行うグループ英会話レッスンを受けました。(名前は出しませんが)面白くなかったので、3ヶ月でギブアップしました。

そこでは、バイリンガルの日本人講師が多く、会話に詰まったら日本語で助け舟をだしてくれるのが大変よかったのですが、残念ながら、生徒は4人のために、時間内に話す量がそんなに多くなく、また、小学生とシニアが一緒にレッスンを受ける場合もあり、そうなると、生徒間の年令差や英語のレベル差があり過ぎて話題が完全に合わず、私は嫌になってやめてしまいました。

まずは、マンツーマンのSkypeなどを利用する英会話を検討するのがいいでしょう。

英会話をやってもTOEICは伸びませんでした

63歳の時から週1回NOVAで英語を習い始め、そのときのTOEICは380点で、4年後に450でした。要するに、週1回だけレッスンを受けるだけでは、勉強もしませんし、単語も覚えられません。

私の友達でTOEIC850の人が言うには、TOEICは、TOEIC用の勉強をしないとスコアが伸びないといいます。だから、英会話をやっても、TOEICの点数は伸びないと考えて、英会話か、TOEICのどちらかに特化したほうがいいでしょう。

わたしは、この歳になってTOEICはどうでもいいと考えて、会話を選んでいます。

英語のレベルは?

Skype英会話を4年以上やっています。受講したレッスン数を調べたら、4年間で580レッスン受けています。

それで、ようやく、講師と少しの冗談が言える程度です。

しかし、4年もすると、日本語会話とともに、英文が頭に浮かぶようになってきていますので、いわゆる「英語脳」ができてきたのかもしれません。講師に話を聞くと、そのレベルは万人並み程度で、よくやっているほう・・・というレベルですが、それよりも、多くの人は、「続けられないで消えてしまう」といいます。

後で説明しますが、単語の語彙量は重要ですので、別に「i-Know(アイノウ)」という単語を覚えるソフトの生涯会員となって、毎日10-30分程度の時間を単語に触れるようにしています。

ずっとこの i-Know(アイノウ)を続けていますが、アプリのタイマーを見ると、3年半に550時間学習しており、現在は4000単語コースをやっていますが、このあたりになると、はじめて出てくる英単語もあるので、覚える速度が非常に遅くなっています。

このソフトがいいのは、マスターした単語も期間をおいて繰り返し復習するようになっています。やはり、知らない単語はいつまでも頭に浮かんできません。これも、若い人とは違うなぁ・・・と思うときも多いのですが、どうしようもありません。

先の友だちに言わせると、7-8000語は覚えないと・・・といいますが、一生かかっても無理かもしれません。といって、やめるともとに戻ってしまうので、ともかく続けています。

ここまで読んでいただいて、やってみようかなぁ・・・と思う方は、少し長い文章ですが、お付き合いください。

私のおすすめプランニング

まずは無料レッスンを受けてみる・・・というところまで

いろいろな会社がオンライン英会話をやっています。

私のオススメは、①安いこと ②予約が取りやすいこと ③テキストに親しみやすいこと・・・などですが、できればまず、無料レッスンがあるところで試すことまでを第一ステップと考えてください。

「話せなくてもレッスンを受けるの?」と思われるかもしれませんが、この壁を乗り越えなければ、多分、「続かない」と思います。

もちろん、はじめは、全く話せません。私はそれまでの約4年間、ネイティブ講師のレッスンを受けていましたので、オンラインに移ったときは(不安であったものの)要領がわからないだけで、どうにかなりましたが、最初に英会話教室を訪れたときはすごい不安で、ネイティブ講師は英語しか話せませんが、50分間で能力を試す会話をするのですが、ほとんど聞き取れませんでしたし、答えられませんでした。

第一歩は踏み出しにくいでしょうが、しかし、英会話をやるほとんどの人は話せないことを先生は心得ているので、何とかなるものです。きっと、それも思い出に残ります。

だから、「うそ?」と思うかもしれませんが、無料レッスンを受ける決心をして、チャレンジしてみてください。きっと、25分のレッスンが終わった後は、爽快な「不思議な気分」になっているでしょう。

いろいろある中から、少なくとも2つの会社を選んでください

私は、最終的に、いろいろなWEBサイトの中から、適当に直感で選びました。

「かたぐるしさを感じない」「安い(高くない)」ことぐらいで、開始当時は、検索でWEBの上のほうに出ていて、テキストも初心者向けで、『断りやすい』という辺りがポイントで決めてしまったのですが、今から考えると、数社の無料レッスンを受けてみたほうが良かったのかなぁ・・・と、ちょっと損した気持ちです。

以下は、私の受講しているサイトで話を進めますが、オンラインシステムはほぼ定型化してきているので、どこのサイトでもよくにたものですので、自分にあったポイントだけを抑えるといいでしょう。

テキストは意外と大事です

私のhanasoというサイトの初心者用テキストは、ダウンロードして自分でプリントします。

内容豊富なテキストであっても、それをマスターするだけの自分の能力がついてきませんので、フレーズを覚えるように工夫されたものから入るのがいいと思います。

基本コースで約750のフレーズを覚えるのですが、私の場合は3年かけて、ようやくそれが、和文を見るだけで頭に浮かんでくるようになりました。

一番安いコースがおすすめですが・・・

勝手にhanasoのHPの画像を使わせていただいていますが、まあ、私はここの生徒ですし、PRにもなるので許していただくとして、ここでのコースのお勧めは、無理のない一番安い毎月3800円の「週2日コース」です。

私は、週2日コースから初めて、同じ先生の予約を取りやすくするために、月8回のコースと、さらに別にチケットを購入しています。

これによって、平均11レッスン/月のペースを続けています。

hanasoの料金プラン

そして次に、決心したら、まず、スカイプ(Skype)ができる環境を準備ください

まず、自分に合うかどうかを体験することから始めましょう。イヤイヤやるのは絶対にやめましょう。なんの得もありませんから・・・。

私は、無料レッスンを受けてみて、マンツーマンの「良さ」を感じることができました。ただ、少し慣れると同じ先生のレッスンを取りたくなるので、その時にはコース変更しましょう。

同じ先生の予約が取りにくいと思います

毎回新しい先生のレッスンでは、毎回「初めての挨拶や自己紹介」ではじめなけれななりませんので、しばらくすると、同じ先生のレッスンをとりたくなります。

しかし、週2回のコースでは、予約回数の制約があって、上手く予約が取れないルールがあります。

決まった先生の予約を先取りしたいのであれば、(少し割高になりますが)月8回のコースのほかに10枚ずつレッスンチケットを購入して、予約を押さえるようにするといいでしょう。

せいぜい、週2回か3回のレッスンを受ける程度であれば、大きなストレスを感じません。これで費用は、毎月5800円程度になります。これによって、結構自由度が高くなります。

このやり方などは、後で別に説明します。

hasasoの英語レベルと教材

私の場合は主に、2名の講師のレッスンを受けています。

フリートークではなく、2つのコースの教材でレッスンを受けています。

もちろん、ほとんど同じ講師(2人の先生)なので、自然とフリートーキングの時間が多くなり、あまりテキストは進みませんが、これも結構面白く、気楽にやっています。

次のページでは、私の受け方スタイルなどを紹介しています。

→ 次のページへ


その他にも、英語に関係ある記事を書いています。

NOVAのPRロゴ 英会話教室とオンライン英会話は何がどう違うのか

hanasoのHPロゴ4 英語嫌いにもおすすめ 英会話は頭に効く

スポンサーリンク