英会話教室とオンライン英会話は何がどう違うのか

スポンサーリンク

オンライン英会話の注目度が少しづつ高まっています。
英会話を習う場合には、比較的ポピュラーな場としては「オンライン英会話」か、主要駅前などに教室を構える「英会話教室」でしょう。(ここでは、英語を専門に学ぶ全日制の学校などは取り上げていません)

「私」の経験を少し紹介

私の経験で言うと、初心者やシニアの方が英会話を学ぶ場合は、まず、オンライン英会話から初めて、少し話せるようになってから英会話教室でネイティブに教えてもらうことをここではおすすめします。

(若い方は学校などで英語に触れる機会も多いので、このHPは、学生さんなど若い方向けの内容ではなく、社会人やシニア向けのものです)

私の場合は、この逆をしましたので、それではいけない・・・ということをお話します。

英会話を始めた当時はオンライン英会話が未発達でしたので、会社帰りに週1回、英会話教室に通ったのですが、3年半の間続けても、全く話せませんでした。

(話せるというのは、考えていることを英語で表現できない・・・という言い方がいいでしょうか)

3年半後に転宅して教室に通うのが大変になり、オンライン英会話に乗り換えました。

その頃には、オンライン英会話も、WEBでの評判が上がっており、スカイプの性能も良くなり、運営のシステムも完成されていましたので、それに乗り換えて、70歳を過ぎてもそれを続けています。

現在の英語ラベルは、知らない外人を捕まえて話す事はできませんが、英語と日本語が頭の中で混じり合っている状態で、フィリピン講師の女性と、冗談を言いながら毎月11-12回の25分レッスンを続けています。

この状態になるまでどれくらいの費用がかかったか

英会話教室は3.5年(月4-5回)NOVAのグループレッスンに通いました。オンライン英会話は、(その他も試しましたが)hanaso(はなそ)で3.5年以上やっています。受講記録を見ますと、550回を超えています。

単純に3.5年間で比較しますと、NOVAでは50万円(月謝のみで、通学等の費用は別)、hanasoは30万円弱の会費を払っていることになりますが、会話の密度はオンライン英会話のほうが高く、この半年間で会話力も、話す内容もかなり進んだ感じがします。

フィリピン講師によれば、年の割にはまずまずで、・・・というより、長く続けた結果だといいます。

どこがどう違うのか

「オンライン英会話」は、①マンツーマン ②安くて手軽 ③計画的に学習できる・・・などに優れており、初心者が英語を学習するのには、英会話教室で勉強するよりは、たくさんの利点があるので、これが定着してきた理由もうなづけます。(私のこちらの記事で)

ほとんどの講師がノンネイティブのフィリピン人で、同じ講師に習っていると、レベルに合わせて「滝のように」話してくれます。

ただ、最近、自分の考えたことが口に出して言えるようになってくると、ネイティブと話したい気持ちも出てきています。(道行く外人を捕まえて、英語を話すのは全く違う勇気がいりますから・・・)

もう一方の「英会話教室」ですが、初心者では、私のような週1回のグループレッスンでは上達しないと考えておいていいと思います。

若い学生さんなどは、普段からその他の時間に英語にふれていますので、これはシニアや会社員とは状況が異なります。予習復習をしない・できない人は、週1回では上達しません。

そしてさらに、グループレッスンは駄目で、マンツーマンで、自分にあったカリキュラムで「予習・復習」ができるようなレッスンの受け方をしないと、お金を溝に捨てるのと同じだと思います。

いろいろな英会話教室があって、オンラインで生徒を奪われないように、競って頑張っているようですので、ここでは、「通う英会話教室」の良さを比較しながら紹介していきます。エッセンスだけを掴んでいただけたら幸いです。

繰り返しますが、私のおすすめは、初心者であれば、まず、オンライン英会話から入って、それに少し慣れてきたら、高度で広範な会話が学べる「英会話教室」に通うことで実戦向けの会話ができるようになるのがいいと考えています。

これは経験談ですが、あまりこのような文章はWEBで見ることも少ないようですので、参考になれば・・・と思ってあえてこう発言しています。

英語を話せるようになるには・・・

はじめにお断りしておきますが、7年以上英語を続けてきた今の私の英語レベルは、「基本的なフレーズが使え、状況に合わせて会話が楽しめる」という、10段階で言えば「6~7」レベルです。ペラペラではありません。

ネイティブと突然の会話ができるのは、まだまだの状態ですが、ノンネイティブの外人には意思が通じる会話ができるでしょう。

私の友達で20代の方で同期に英会話をはじめた方は、2年間英語学校で勉強して、今、TOEICは850点超えで、先日、一緒にEnglish Villageの飛び込みレッスンを受けたのですが、かなり流暢に話していますので、「年の差は大きい」のは否めません。・・・。

そういう状態の私個人の話として読んでください。

私は67歳のときにフィリピンに4週間160時間の短期英語留学をしました。
行く前に旅行会社の担当者から、「ある程度の日常会話ができるには3ヶ月450時間、日常生活で会話をするには、6ヶ月留学しての勉強が必要だ」という話を聞きました。

確かに、フィリピンに行って、色々なレベルの方とお話してみても、やはり、短期で簡単に話せるようにはならない・・・というのが実感です。

英会話教室で週1回50分の授業を3年受講すると、1年45週ですので、450時間となると10年かかることになります。

短期に英語を習得したいのであれば、毎日、かなりの勉強をしないと追いつかない・・・ということになりますね。

若い方ならば覚えるのが速いでしょうが、やはり日本語で育った人は、それだけの時間を英会話に当てないと簡単には話せないというのは宿命で、特に、私のような昭和世代の方は、変な英語教育に染まって学んできていますので、その矯正も必要で、さらに大変だと思います。

ともかく英語に触れる時間を多くするのが基本でしょう。

それなら、なぜ最初に英会話教室に行ったの?


 NovaのHPより

私は、このNOVAで英会話を始めました。

その頃のオンライン英会話は、インフラも不充分で、それがクローズアップしてきたのはそれから1年後くらいと記憶していますが、もしも教室を選ぶ時期に、現在のような、しっかりしたオンライン英会話の仕組みであれば、多分、教室に通わずに「オンライン英会話」を選んでいたと思います。

今は、オンライン英会話はSkype 回線も安定してきていますし、安心して学べるシステムが固まってきていますので、新しく始めようという方は、まずはオンラインで学ぶほうがいい・・・というのが私の考えです。

週1回のレッスンでは上達はほど遠い

BerlitzベルリッツのHPから

GabaGABAのHPから

novaのコースNOVAのHPから

当時の私は、時間と金銭の問題で週1回が目いっぱいでした。そのために、3年目にようやくレベルが1上がる・・・という「ゆっくりな進度」でした。

はっきり言うと、週1回1時間程度の会話で、物覚えの悪い私のようなシニアでは、上達はいつのことになるかわかりません。

WEBで英会話教室のHPを見ていると、そのPRには、「6ヶ月完結」というような文字も見えます。

例えば、英語が必須なために学んでいる方の多くは、かなり密度を上げて受講している方が多いのですが、私の知る限り、初心者から習い初めて、6ヶ月でそこそこで、会話がある程度できる人を見たことがありません。かなり勉強しないと無理ですが、それができる人は普通の人ではないと言えるでしょう。

普通の人が6ヶ月でうまくなるのは、1日何時間もの勉強が必要になります。どう考えても、その謳い文句は万人向きではない、眉唾ものの感じがします。

もしも、追加費用がなくて6ヶ月でものになるなら、今では退職してかなり時間がある無職の私ですので、私の状況で「絶対保証」なら、そこに入会したいぐらいです。

巷でPRされている、カセットを聞くだけで話せるようになる・・・などについては論外で、それが可能なのは、特殊な能力の持ち主の話だと思うのですが、どうでしょう。

ずっと続けることは大変ですが・・・

時間があり、金銭の余裕や制約がなければ、英語圏で半年ほど留学すれば話せるようになるので、それが一番早いでしょう。(私の場合でも、フィリピンで1ヶ月間の英語漬けになると、英語が話せる感じになりますから・・・でも、帰国するとダメです:留学記は→こちら

フィリピンに行けば、6ヶ月・約150万円で食事+宿泊付きの留学ができます。そうすれば、英語が話せるようになるのは請け合いです。

しかしほとんどの方は日本での生活があるので、それができないから苦労しているのです。

英会話教室で多くの方を見てきましたが、多くは、1年ぐらいで辞めるか、教室で会わなくなってしまうのが実情です。

それぞれの生徒さんの詳細はわかりませんし、他の教室に変わる人もいるでしょうが、ともかく、いろいろな理由があって、教室に来なくなって、人は入れ替わっているのが実情でしょう。特に日本人でそんなに簡単に英語が話せるのは特殊な人と言えます。

英会話教室を運営する側は、それがあるから成り立っていると揶揄している人もいるくらい、英語を話せるようになるのは簡単ではありません

逆に、英会話教室に通って10年以上の長期間続いている方は、レベルが高い人が多く、そのようなレベルになってしまうと、楽しみ方などは変わってきて、さらに長続きするのでしょう。

会社に費用を負担してもらって受講されている方や教育助成金などで受講する方もおられますが、これらの方をたくさん見てきましたが、自費で学ぶよりも大変そうです。

短期で「ともかく習得しないといけない」という使命で受講されているので、週2~3回以上受講されている方も多かったのですが、多くの方はたぶん、きっと、重要な仕事をしているキーマンの方が多いはずです。だから、仕事の忙しさに加えて、夕方の時間を割いて出席するのは大変なことのハズです。

そのうちの何名かの方と親しく話していたのですが、「仕事が・・・」「転勤が・・・」という理由で教室を去っていかれます。教室を辞めたあとは、きっと、さらに大変だと思うのですが・・・。

そして、きっと、辞めたあとには英語嫌いやストレスが残るだけになりそうな気配は否めません。

次に、英会話教室の様子を私の眼で紹介します。

英会話教室に通う人たちを見ると・・・

私の通ったNOVAの英会話教室では、小学生から80代のシニアまでが受講されていました。すべてが「英語を話せるようになりたい」という方ばかりだったでしょうから、受講する方に受講の目的・動機を聞いてみますと、

会社で必要なので。会社の費用で、または自分の費用で(40歳前後のサラリーマン)
・英語を話せるようになりたい。将来の就職のため授業についていくため
(高校生、大学生)
・もう一度、以前やっていた英語・英会話をやりたい (50代主婦など)
・親に言われて(帰国家族や海外移住する子供、普通の小学生)
・英会話を楽しみたい(シニア)

など、「やりたい方」以外に、「やらないといけない方」も多く、受講理由は多岐にわたっています。

私のようなシニア世代で通われている方の多くについて見聞きすると、ほとんどの方は、レッスンを受けることや家で勉強をするというのは馴染まないようです。

①テキストを使わないフリーレッスンを受ける方と、②フリーカンバセーション(あとで紹介します)をマイペースで楽しんでおられる人がほとんどで、さすがに私のようなボケ防止や付き合いの楽しみが動機や目的で日常英会話をやっている方はいませんでした。

英語がかなり話せる人は

英語がある程度話せる人と接していますと、会社で英語を常用していたり、英文科など学校で英語に接していて英語の勉強に時間をかけている人が多く、やはり、いかに長く英語に接しているかが英語を話すために重要だということが見えます。

でも、変な言い方ですが、「日本人なまり」が抜けて、きれいな英語で話し人はほとんど教室では見かけませんでした。

テレビや第1線で英語で話している方のような流暢に話す人は帰国子女にいたぐらいで、純日本人は、何か違うアクセントでしたので、流暢な英語を話せるようになるのは、英会話教室でも限界があると言えるのかもしれません。

フィリピンに留学したときもそうでした。かなり流暢に話しているのは、たいてい、日本以外の国籍の人でした。

かなり上手に話す日本人といえども特有の「日本語なまり」は消えないのは、正直言って、日本人特有の英語対応力の弱さがあるのでしょう。

日本語なまりのある英語から抜け出すのは、普通に学んでいては無理なようで、これは、教室で習うのとは別次元の問題のようにも思ってしまいます。(さらに、その原因は、英語教育が悲惨だった感じが捨てきれません)

ここでは、英会話教室が良くないという事を言っているのではありません。

ただそれを利用する場合には、初心者が学び始める場合に考えておかないといけないポイントがあります。それらを説明します。

英会話教室での学び方を簡単に紹介します

大きく分けて、グループレッスンとマンツーマンレッスンに別れています。
グループレッスンとは講師1人と生徒4人がテキストに沿ってレッスンを受けるスタイルで、マンツーマンは、講師と生徒の2人だけでレッスンが進みます。

毎回のレッスンの流れは、最初に、講師から「週末は何をした? どうだった?」「今度の日曜は、何をする?」というような質問が5分間程度あり、一人づつそれに答えるウォーミングアップをしてから、テキストに沿ったレッスンに入ります。

このウォーミングアップに対しては、一応誰もがネタは考えているはずですが、途中で詰まると、あとが続きません。予めその準備をしておくのがいいでしょう。

グループレッスンの場合には、(講師によるのですが)ホワイトボードで関連事項を説明して、深掘りする場合もあるのですが、ほとんどはウォーミングアップ以上のものは望めません。

これは、すべてのネイティブ講師のレベルが高くないことも影響している感じがします。(でも、一生懸命おしえてくれる良い講師は多いです)

このグループレッスンですが

NOVAのグループレッスンNOVAのグループレッスン(HPより)

グループレッスンは最安値で気軽に受けられるようですが、メンバー(生徒)各人がWEBでレッスンを予約するため、顔ぶれは毎回変わります。

そのために、講師は、各人に新しい内容となるページをあらかじめ選んでおき、それでレッスンをします。

レッスンは、テキストに沿って、フレーズ練習などを、講師が生徒に振りながらレッスンが進みます。

この流れや仕組みはよく考えられたものですが、大きな欠点があります。

まず、当日にレッスンするページが決まるので、予習ができないし、復習をやってきても、次のレッスンでは、新しいメンバーなので、新しいページに進むので、前回の復習はありません

こうなると、結局、テキストに沿った勉強をしなくなってしまいます。

このこともあって、あとで説明するように、英語の雰囲気にはまり込めますし、友達を作るのは簡単ですが、英語の上達に関してはあまりおすすめできません。

その理由から、オンライン英会話→マンツーマンレッスンという学び方を考えるのがいいと思います。

それなら、マンツーマンレッスンはどうでしょう

マンツーマンレッスンは、グループレッスンの倍以上の費用になりますが、それを受けておられる人はたくさんおられます。

これは文字通り、講師と生徒の1体でレッスンが進みますので、自分の進度に合わせてレッスン内容が自分用にアレンジできるので、グループレッスンよりも確実に速く上達しますので、費用は大変ですが、これはおすすめです。

お金に余裕があれば、自分にあったカリキュラムが組めて、弱点補強も徹底しているマンツーマンレッスンのほうが絶対にいいでしょう。

現在は教室によってばらつきがありますが、5000-8000円/50分 程度で、グループレッスンでは2500-3500円程度なので、講師を専有することもあって高額になルノは仕方ないでしょう。

私の通っていたNOVAでは、高齢のシニアの方や上位レベルの方は、かなり英語で話せる方が多いこともあって、テキストを使用せずにマンツーマンレッスンで講師との雑談を楽しんでいる方もかなりおられます。

これらの方は不定期に、気が向いたときに予約を入れている・・・という人が多かったようです。

英会話教室は英語を学ぶだけでない楽しさもあります

教室に通うことは、毎日の通勤通学と違う行動をするので、意外とリフレッシュできます。

教室にはたくさんの方がこられますし、メンバーや受付の女性といろんな事を話す機会があります。これはオンライン英会話にはない、結構楽しいことです。

私は、レッスンが終わってからも、メンバーを誘って「お茶」をしたりしていましたので、結構、気分転換ができました。

マンツーマンレッスンでは、生徒同士が顔を合わせるタイミングが少ないので、グループレッスンのほうがいろんな方々とお付き合いできる機会が多いでしょう。

私もそれを楽しんでいましたので、その目的でグループレッスンを受けるのは悪くないでしょう。

「オンラインと教室ではどちらがいい?」

何回も書いていますが、英語を話せるようになるために、英会話教室に通うのとオンライン英会話で学ぶのとは「どちらがいい?」と私に聞かれると、初歩・初級レベルの人には、「便利」「安い」「多く話せる」オンライン英会話を勧めます

レッスンのために移動しなくていいこと、レッスン単価が安いこと、基本フレーズを使う会話量が多いこと・・・などは、初級者が英会話レベルを高めるという目的にあっており、ともかくたくさん話して、個人的に弱点を補えるオンライン英会話のほうが「初心者」には絶対いいです。

さらに、オンライン英会話では、弱点克服の仕組みなどをあって、繰り返し自習によって補強する仕組みがあるので、まず、ある程度のレベルになるまでは、オンライン英会話で実力を高めるのがいいと思います。

そしたら、英会話教室が「なぜ」「どこが」いいの?

自分の考えることを英語で話せるまではオンライン英会話でも可能です。

しかし、外国のテレビドラマを見るとわかるように、日常話されている英会話は、スラングの混じったブロークンイングリッシュですし、雰囲気で話していますね。

これは、かなりレベルが高く、オンライン英会話でこのような会話を習うことはなさそうです。

そして、通常の会話になると、(日本語で育った人は)定形フレーズを口にするだけでは不完全で、相手の表情や細かい仕草を見ながら話すことが必要で、それに近い実践をしないと、とっさの会話が続きません。

言い換えれば、不完全であっても、高度な切り返しができる会話が必要になってきます。

もちろんオンライン英会話でも、お互いがビデオ画面を見ながら話しますので、ある程度の表情がわかります。

しかし、講師の主導でレッスンが進みますし、ちょっとした表情の動きなどは読み取れないか無視されてしまうことも多いです。

For what? You what? Say what? などは、オンライン英会話で話すのはタブーな感じもしてしまいます。

私の場合も、覚えたフレーズをオンラインの講師に話しますと、「それはあまり使わない」・・・と訂正されることがほとんどで、会話本に載っているブロークン英語やスラングを話すと、オンラインの講師にそれを訂正されることが多く、かえって、会話が流れていきませんので、それも問題といえば問題です。

講師の立場では話してはいけないということなのでしょう。

・・・とは言うものの、このようにオンライン英会話である程度話せるようになってくると、いろんな話題を話すようになり、テキストなしのフリートーキングで時間が終わることも多くなります。

こうなると、相手に聞き返す場面など、通常の会話に近くなるのですが、でも、実際に顔をつき合わして話すのとは格段に違います。
どうしても、画面の前に座った会話では、限られた内容になってしまいますね。

それはともあれ、初心者が、いきなり最初から英会話教室でマンツーマン受講をしても、ある程度会話ができないと高い費用を払うのがもったいない感じもします。

だから私は、(何回も書いていますが)たくさん話す時間があって安価で、自分の計画が立つ「オンライン英会話」をまずやって、ある程度の会話ができるようになってから、次のステップとして教室に通うか、それらを「併用する」のがいいと思います。

もちろんその場合は、グループレッスンではなく、マンツーマンレッスンを受けるのが効果的でしょう。

今、私が再入会をするとしたら

英会話教室のHPに書かれたセールスポイントやターゲットは、私が入学した頃とは、かなり変わってきているのに驚きます。

私が受講し始めたときは、「日常英会話」がメインだったのですが、現在では、ビジネス英会話や資格取得等などを押していたり、企業対象になっている文字が目立っていて、日常英会話を受講するというのは、何か陳腐なイメージがあって、何か、それをするのが安っぽい印象さえ感じます。(日常英会話は、そんなものではないと思うのですが・・・)

日常英会話は、オンライン英会話に押されていて、全体的にそれを取る生徒が減っているように見えてしまいます。

生徒確保で、ネイティブ講師のオンライン英会話を手がけたり、教室でのレッスンはマンツーマンのみにしたりして、コースを差別化することを鮮明に打ち出すなども目立ちます。私が目指していたような日常英会話は、隅に追いやられている感じがするHPに変わっています。

しかし、HPの書き方表現は変わっていても、オンライン英会話を意識して、総費用が安くなっているということはありません。

深読みすると、「確実に話せるようにします」と書いてあっても、「学んで吸収して上達するのは生徒のやること」・・・というのですから、よほどしっかり考えて選ばないと、思わぬ金額を浪費するだけになってしまうことだけは確かですので、安易に考えてはいけません。

先程も書きましたが、生徒がどんどん入学して、どんどん辞めていってもらうのが英会話教室にとっては儲かりますので、その罠にハマってしまわないようにしなければなりません。

教室選びの参考に

私が以前に入会したときはともかく「総費用」の少ない教室ということでNOVAを選んだのですが、

①費用がやすいか ②自分に合いそうなテキストか ③コース変更や退会が簡単で費用が発生しないか ④フリーカンバセーションなどの通常レッスン以外の「場」が用意されていて、それが利用しやすいものであるか・・・などのポイントを抑えておきましょう。

いろいろな英会話教室のHPを見ていると、私のように、資格に興味がなく、仕事に使わないとなると、HPにあるような仰々しいPR文句は無関係と思うのですが、とりあえず、始めるのは日常英会話でいいと思いますので、上の基本を押さえれば、どこの教室でもいいでしょう。

さらに、初級者は、ネイティブにこだわったり、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア4カ国の異なる英語を聞き分けて理解する必要も、それらで話せる必要もないわけです。

TOEICでは、聞き分けなども要求されますが、特に意識をすることもないのですが、実際的な会話では、アメリカ英語とイギリス英語は単語や使い方でかなり違和感があります。

生活環境が違うのですから、それを理解するのも無理ですし、とにかく、コミニュケーションを取れるようになるのが会話の基本でしょう。

そして、「ネイティブ」というと聞こえがいいですが、私が学んだNOVAでも、教え方が下手で聞き取りにくい講師はたくさんいます。それが同様にわかればいいのですが、はっきり言って、初心者が考えないといけない問題ではありません。

何人かは、1回目のレッスンで「ダメさ」にびっくりして、2度とその講師のレッスンは選びませんでした。(正解ではありませんが、ささやかな抵抗と意地だけですが・・・)

最初それを、自分の英語力の低さだと思っていたのですが、日本人同士の会話でもわかりにくい人がいるように、それは講師個人の資質の問題です。

だから、日本人のバイリンガルでも、フィリピン人講師でも「安くて・便利で・気持ちよく通える」条件が満たされていれば、①~④が満たされていれば、どこでも構わないと思うようになりました。

(TOEICや英検などの資格取得の場合や、ビジネス英語志望の方は別です。これは参考にしないでくださいね)

英会話教室がオンライン英会話を扱っているところも増えています。若干高くなりますが、ネイティブが受け持っていますので、格安オンライン英会話の次に検討してもいいかもしれません。

次に、以前のHPで取り上げていた、私の学んだNOVAの教室の内容を例に、英会話教室で学ぶ際に知っておいたほうが良い点を紹介します。

これは、体験しないとわからないところも多く、他の英会話教室を検討する場合にも参考になる部分はあると思います。

授業の仕組みと使用するテキスト

使用するテキストについては重要だと思うのですが、ほとんど生徒側には選択権もないのが実情です。

私の教室では、3か月ごとにシーズンにあったものに変わります。(1年後はまた同じものを使用しますが・・・)

NOVAのテキスト レベル6

初回は入学金にテキスト代が含まれていますが、次シーズンからは別料金です。

2,500円+税が必要になりますが、それでも他の英会話教室のものよりも安いと思いました。100ページをダウンロードして印刷しても、結構高くつくので、紙質の良さや手間を考えると、年間4冊1万円の出費は仕方ないでしょう。

次にコースですが・・・

ともかく英語を学ぶ感触をつかむのが最初ですので、英会話教室がはじめての方は、最安の(NOVAでは10,000円)コースから検討するのが順当と思います。

しかし、しっかりと学んでいこうと思うのであれば、少し高くなりますが、時間が固定されていない、どこの教室でもレッスンが受けられる、自由度の高いコースがあれば、それのほうが絶対にいいです。(NOVAでは、シニア割引もあって、価格が変わらなかったので、そのコースに変えました)

他のコースは?

あとは、マンツーマンレッスンになります。
これは、前に説明したように、費用はかかりますが、英語の上達度は高いので、おすすめです。

英会話教室が行っているオンライン英会話もあります。NOVAでもあります。格安オンライン英会話に対抗するために、それに参入している教室もあります。

これら英会話教室系のオンラインレッスンは、格安なオンライン英会話に比べて、若干費用は高めですが、ネイティブが講師のところが多いので、これも、狙い目です。ググってみて総費用を検討してみてください。

安いオンライン教室はほとんどの企業は、米語主体のフィリピン人講師が担当しています。それに対して、英会話教室がやっているオンライン英会話のいいところは、様々な国のネイティブが講師であるという点が挙げられます。

さらに以前からあるシステムで、固有名は出しませんが、テレビを使ってオンラインで会話する仕組みもあります。

これには、教室に行って、専用ルームからオンライン専用講師と話すタイプと、家庭に機器を置いてそれをやるタイプがあります。しかし、これらはおすすめしません

私も何度か利用しましたが、これは古いシステムで、全く「だめ」で、オンライン英会話のほうがいいでしょう。

講師はすべてネイティブがいい?

このネイティブについてですが、最初ネイティブと話したときは、感動しました。これは、やはりすごいことです。

最初の講師はすごく背丈の大きい、英語しか話せない、黒人のアメリカ人でした。
デカいし、英語しか話さない外人は威圧感がすごいですが、そんな先生と話すことで、外人コンプレックスが消えることは間違いありません。

さらに、その他にも、いろいろな国の講師がいるのにびっくりいて、オンライン英会話とは違います。

アメリカ本国、ハワイ、カナダ、英国、オーストラリア・・・すべてネイティブですが、英語であっても、話す「言語」が国によって違うのにも驚きます。

残念ながら、何を喋っているのかわかりにくい講師もいますが・・・。

講師を選びにくい時間固定のグループレッスンでは、自分が好まない講師に当たることもあるので、これは、時間固定でないレッスンコースにしないと、どうにもできません。

ネイティブ講師も日本語カブレします

私の経験ですが、幸か不幸か、彼ら彼女らネイティブでも、半年もすると日本語がわかり始めます。

彼らも異国語を吸収していく必要性は高いのですから、日本語を習得していく変化を見ているのも面白いです。

企業側も、日本語を使わないように指導をしているようですが、お互い「人間」ですから、自然の流れになってしまいます。

変な言い方ですが、こんなこともあって、今では、ネイティブにこだわる必要もないと思っています。

要するに、コミニュケーションを英語で取ることが目的ですので、むしろ、初級者では、英語を話すバイリンガルの日本人講師が最高で、オンライン英会話でも、日本語を話せる、気に入ったフィリピン人講師を探すのも「あり」だと思います。

私は、オンライン英会話で2人の講師にレッスンを受けていますが、そのうち1人は日本国籍のフィリピン人で、少し込み入った内容の話になって、単語や言い回しが浮かばない時にはこちらから日本語で話して、それを英訳してもらいながら会話を続けています。こういう講師もいいですよ。

こうなると、当然、フリーな会話で25分間が終わってしまいますが・・・。

英語をやってみて、日本語の良さも見えてきます

英語は「身体で話す言語」という感じがします。
日本語は耳から聞くだけで理解できる「高レベルの言語」と言われますが、英語は、特に慣れない者にとっては、相手を見て・聞いて・感じないと話しができません。

耳で聞くだけでは、言ってることの理解度は激減しますので、これは、画面の向こうの人と話す「オンライン英会話」と、そばにいる外人と話す「英会話教室」ではかなり違っており、明らかに違う感触です。

最後になりますが、はじめての方が英語を楽しんでいただけるポイントを・・・

無料レッスンを受けてみよう

英会話教室で無料レッスンがあれば、入会するかどうかは別に、それを受けて見てください。

無料レッスンを受けて入会しないとなれば、後々、業者のメール攻勢などに付き合わないといけませんが、それは、ある程度我慢するしかありません。ともかく、まず2つの教室の無料レッスンを受けてみて、自分が肌で感じて決めるぐらいの図々しさで行きましょう。

近くの教室を探そう

オンラインでなく、英会話教室を探すなら、できるだけ近くの英会話教室がいいです。
いくら教授法やコースが良いと思っても、また、いくら通う楽しさがあると言っても、時間をかけての通学は考えものです。長く続けようと思ったら、近くの教室を。

私は、転居したことで、最も近い教室にしばらく通ってレッスンを受けてみたのですが、往復3時間かけて40分だけの授業では時間がもったいない感じがしたので、結局、退会しました。不便であれば、オンライン英会話にしたほうがいいでしょう。

友達ができれば最高

まずは受付嬢と仲良くなりましょう。

受付嬢から微笑みかけられるのは気分が悪いハズはありません。彼女らは商売柄、笑顔で接してくれます。これは、オンラインにはないことで、これも月謝のうちと思っておれば、月謝が高くても気がおさまります。

そして、誰にでもこちらから挨拶して話しかけることは大事です。受付嬢もそうですが、生徒に話しかけて顔見知りになると、いろんな講師情報や裏話なども聞けて、結構面白いです。
あまり近づきすぎて嫌がれると逆効果ですが・・・。

フリートーキングの場があれば利用しよう!

私の通ったNOVAでは、フリートーキングの場が用意されていました。

これは、40分3回を1回分の費用でフリートーキングする「お得な場」で、各教室で毎月2回程度開催されていました。

NOVAのVoice HPよりNOVAのVoice(HPより)

講師1人が1レッスンを受け持ち、3人の講師がホストとなり、生徒は5~15人ぐらいで、何かのテーマで話すという形式です。

私の英語レベルは大人の最低レベル(レベル5)で、フリートーキングができるレベルではありませんでしたが、友達のすすめもあって、入会1年ほどの初心者でしたが、度々これに参加しました。

もちろん、話についていけませんでした。

Yes、Noで答える程度が精一杯で、ほとんど話題に加わっていくのは難しいのですが、皆さんの会話を見聞きしていると、結構面白く、話すのを強制されませんし、適当に講師が話題を振ってくれますので退屈でもありません。

ほとんどの方はレベル7以上で、私のレベルでは時間中に思うように話せませんでしたが、休憩時間や終了後に、(日本語ですが)いろいろな方と話す機会ができます。英語の勉強法など、英語が堪能な方の話を聞くことも参考になります。

このように、楽しみながら学ぶことができなければ、挫折しかねません。無理せずに、ゆるゆると頑張っていきましょう。

私は遅まきながら英語を学び、まだまだ先は長いですが、結構楽しんでいます。

学生時代は嫌いだった英語ですが、やればきっと気持ちが変わると思います。まず、毎月5000円程度で楽しめる「オンライン英会話」をやってみて、少し物足りなく感じてくれば、この記事の内容を思い出してください。

私は、駅前留学のNOVAで学びました。

ここでのレッスンは楽しく、受付嬢も親切でしたので、結構楽しんだのですが、辺鄙な郊外に移り住んだので近くに教室はなくなりました。もしも近くの駅前に教室があればそれもいいと思います。

最後に、NOVAのHPの写真も使わせていただいたので、PRを。

ぜひ、無料のレッスンを受けて見てください。私も最初それを受けて、ほとんど返答できなかった経験があります。それでレベル評価をしてもらえます。私は大人クラス最低の「レベル5」でした。

無料レッスンまでは無料です。嫌なら、次回に行かなければいいだけです。良い教室を見つけて英語を楽しみましょう。

PRのリンクをつけておきます。ぜひ参考に。

以上です。お付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク