オンライン英会話を楽しむ(3/3)

スポンサーリンク

オンライン英会話での私の例を紹介しています。このページは3ページ目です。私の受講しているhanasoのHPの画像などを利用させていただいて紹介していますが、それをSkype英会話と表記し、その他一般的に『オンライン英会話』と表記しています。

重複している内容もありますが、そこは重要なところです。

→ 最初から読む

どこのオンライン英会話がいい?

hanasoHPより満足度 hanasoのHPから

各社がいろいろなセールスポイントをHPに掲載していますが、2社以上の、いろいろなところで無料レッスンを受けてから自分の好きなところに決めるぐらいがいいでしょう。

オンライン英会話の仕組みはほぼ定着していますので、やはり、自分で考えてそれに決めると長続きするでしょう。

HP画像を使わせていただく、私の受講しているサイト(hanaso)のHPを紹介します。
 必ず、他のサイトとも比較して、2回の無料レッスンをどうぞ。

【テキスト】は重要です

テキストが全英語のものは、私には使いにくく、やはり、初級者用には『日本語』が多いほうがいいです。

事前にHPから、そのサイトのテキストがどんなものなのかを調べて、自分か親しめるかどうかで判断するのがいいと思います。

私に受講しているSkype英会話のテキストは、各回に3~5つ程度の短文があり、それをレッスンで読みながら進めるのですが、さらにそれをHPで復習をする仕組みが作られており、最終的にはそのフレーズを丸暗記するように繰り返されます。

約750フレーズを覚えるのが基本で、3年ぐらい続けていると、和文を見ると英文がでてくるようになります。それくらいから、日本語の会話を聞くと、英語が頭の中に混ざってでたくるようになりますので、気長に長~くやっていると、英文が念仏のように出てくるのもこのテキストのすごいところです。

【先生】ほとんどフィリピン人講師です

何回も書いていますが、フィリピン英語で問題はありません。

ネイティブや色んな国の講師を擁しているサイトもあります。いろいろな先生に学ぶのもいい方法です。ただ、ただ、自分に口から英語が出てくるまでは、安くて実用的なフィリピン英語がベストと思います。

私が英会話教室へ通っているときは、すべてネイティブスピーカー(講師)でした。それはそれでいいのですが、フィリピン人の英語が劣るということは全くありません。

講師を選ぶのも良い英語に出会える方法です。

ネイティブであっても、先生によって差があります。要は、気に入った先生をさがせばいいのですし、結構、教え方が上手でいい先生が多いので、初級者の場合は、講師がどこの国であるかは気にしなくてもいいでしょう。

初心者向け日本人講師レッスンがあるサイトもあります。これは、初めての方には安心度が高いだけでなく、会話もスムーズに運ぶでしょう。これも大きなポイントでしょう。

変な話ですが、私が現在学んでいる講師の1人は、日本国籍のフィリピン人で、普通に日本語が話せる先生です。

会話中に『単語』が思いつかないことも多く出てくる時、日本語で話せると、非常に会話の幅が増えます。

日本人のバイリンガル講師もおすすめです。でも、ほとんどは『日本語が話せないフィリピン人講師』ですので、日本語が加わると、レッスンの幅が非常に膨らみます。

英語がわからないから学ぶのですから、問題なく1から教えてもらえます。

このように、不思議ですが、日本語が入るとわかりやすいのは確かです。フィリピン人講師にも片言の日本語を話す人が多いですし、言葉に詰まった時に、片言の日本語で補ってもらうと実にわかりやすいので、日本語の話せる講師を選ぶのはおすすめです。

ただし、「話せる」と言っても、私が英語を学ぶレベルと同じ日本語レベルのことですので、「話せる」と言っても、「わかりやすい日本語」を期待してはいけません。

【iKow(アイノウ)】

これは単語習得用アプリです。

私はSkype英会話を始める前から、終身会員になってiKowを利用しています。これが付属しているサイト(DMMオンライン英会話)もあるので受講の参考にしてください。

いつまでたっても単語の貧弱さは会話力に関係します。iknowに限らず、何かで単語の勉強をすることは考えておいたほうがいいでしょう。

「iKnow」はHPを見ていると、たびたびディスカウントをしますので、その時を見計らって入会するのもいいでしょう。

ぜひ、私も無理なく続けているSkype英会話ですので、きっと続けられます。

レッスンまでの流れを紹介しておきます。ぜひ、無料レッスンを試してほしいのですが、どこのサイトを登録する場合でも、解約の仕方までを、絶対にチェックしてくださいね。

無料レッスンまでにすること

hanasoの受講手順

このように案内されていても、この手順ではいけません。まずパソコン環境とSkypeの準備をしてから申し込むようにしてください。

Skypeを立ち上げて音声テストやビデオのテストをしてからのほうが、スムーズに進みます。

準備は周到にやっておきましょう。自分でできないようなら、手伝ってもらいましょう。

長い記事でしたが、お付き合いいただき、ありがとうございます。私も70歳。密度は薄いですが7年間英会話を習っていることになります。

かなりの費用をかけていますが、見知らぬ外人を捕まえて話せるまでにはなっていません。しかし、やはり、ネイティブと話したくなってきます。だから、もう一度英会話教室にも行ってみたい気持ちになっています。私は、学生の時、英語を毛嫌いしていました。でも、英語は一生の「友」となってきています。

ここでは、私の受けているhanasoのHP からの内容を利用していますが、WEBでは色々なよいサイトもたくさんあります。ぜひ無料レッスンを受けて、いいところを探して、長く楽しんでください。


その他の英語関連の記事も書いています。

NOVAのPRロゴ 英語嫌いにもおすすめ 英会話は頭に効く

NOVAのHPより 英会話教室とオンライン英会話の違い


(来歴)R1.9.9 見直し

スポンサーリンク