フィリピン英語留学は週末がお楽しみ(4)

スポンサーリンク

フィリピンのセブ・マクタン島に4週間の英語短期留学に行った話題です。
このページは4ページ目です。 → 初めから読む

マクタン島はセブ島の横にひっついた小さな島で、cebu空港はこの島にあります。

セブ市と違って、特に街で楽しめる娯楽といっても何もありませんが、週末には、学校を飛び出して、①近所の観光 ②外食 ③アクティビティー などを楽しむことができます。

マクタン島 グーグルマップより

週末はアクティビティーを楽しむ計画を早くから立てておくようにしましょう。

私は、初めての週はオランゴ島手前の小島(カオハガン島)へ「アイランドホッピング」に、次週はマクタンニュータウン当たりで「外食、マッサージ」を経験、そして、「ホテルのプライベートビーチとプールを堪能。最終週末はマクタン島中央部のギターファクトリーへ行って「ギターを買う小旅行」をしました。

留学時期は「雨期」でしたが・・・

9月末から10月末の時期で、台風2個がマニラ方面に向かいましたが、この時期はセブ方面の直撃は少ないということです。

フィリピン・マニラ行きを計画される方は台風のことも意識しておいたほうがいいでしょう。

もちろんセブでは「雨期(レインシーズン)」でしたのでほとんど毎日雨が降ります。

「雨期」といっても日本の梅雨と違って、早朝から午後2時ごろまではいい天気で、それから夕方にかけて雷雨になる日が毎日続きます。熱帯モンスーンというのがそれです。

私が留学したフィリピンの学校

雨の時間は1時間程度から数時間に及びますので、4週間滞在してお月さんが見えたのは3回ほどでした。

3-4月のサマーシーズンは好天らしいので、その時期狙いもいいようです。

朝や昼間はこの写真のように晴れているか、曇っていて、雨はほとんど降りません。

昼間の気温は30~32℃程度で、夜も25℃以下になることはほとんどありませんでしたが、学校の教室や部屋はクーラーがきいています。

3人部屋で私は寒がりなので、ずっと26℃設定でしたので、部屋ではずっと長袖で過ごしました。

外出するのも直射日光さえ避ければ、暑くてどうしようもないということはないのですが、日中の直射は半端ではありません。焼け付くようです。女性は日焼け対策を考えないといけないでしょう。

この「雨」ですが、英語の表現で cats and dogs(土砂降り)という言葉がありますが、猫と犬が喧嘩するぐらいではおさまらずに、Dragon and Monster とも表現するようです。ともかくすごいです。雷もほとんど毎日すごいです。

部屋の前の廊下

学校でも2回浸水して、運悪く、私の部屋が水浸しになりました。

海に向かって傾斜して建物が立っていますので、上の写真の廊下が滝と川のようになり、部屋が全面水浸しになったのですが、2回目の浸水でそれを防止する「木枠」を扉前に取り付けてもらって、その後は部屋まで水が入ってこなくなりました。

ものすごい嵐が数日ごとにあって、ほとんど短時間に止んでしまうのが不思議でした。(写真の消火器の右側が私の部屋でした)

週末は天国です。外に飛び出しましょう!

土日は授業がありません。この日を待って、学校の外に出ます。

フィリピンに着いた日は日曜日で、最終の土曜日は帰国しますので、4週間の留学では3回の週末があるということになります。3回しかありません。

みんなが集まると、遊ぶ話で持ちきりで、週末の予定を計画します。遊び情報はどこからともなく入ってきます。そして、できるだけ多人数で行動するのが安心でしょう。

第1週目の週末は「アイランドホッピング」に行きました。これは、船で小島を巡り、シュノーケリングや海鮮料理を楽しむものです。

外食は日本料理やフィリピン料理が人気です。

日本レストランのメニュー日本レストランの鉄火丼や牛丼。日本と同様の値段です。

是非体験してほしいのが、マッサージです。1Hr600円程度で本格的なタイ式マッサージを受けられます。

そして最後にギターを買いに行ったのですが、見知らぬ国の見知らぬ街に小旅行したのですが、英語も不十分な状態ですので、数日前から先生にいろいろ情報をもらって、ジープニーを乗り継ぎながらの小旅行気分でした。いずれもいい経験をさせていただきました。

さいごに、ちょっと冒険をした話を・・・

マクタン半島の突端

マクタン島の半島の先端のグーグルマップです。色が変わっていますが、下に書いたように、一般人が入れない少し特殊な地域のようですが・・・。

ここに入ったのは学校中、講師も含めて私だけだったようで、もちろん写真撮影不可でしたが、ぜひ、教わった英語を駆使して交渉にトライしました。ガードマンは銃を持っていますので、ホントの冒険をした感じになりますよ。

*******

67歳で、会社に行きつつ1ヶ月の休暇をとって英語の勉強に行く・・・と会社に申請したときは、白い目で見られていたのでしょう。

でも、私は、いい経験をさせてもらいました。ぜひ私と同じシニアの方も楽しんでいただきたいと思っています。つたない文章ですが、さいごまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

→はじめから読む


マクタン島 グーグルマップより フィリピンで英語を勉強したい人に(1/3)

カオハガン島の海 ノンネイティブの英語国フィリピン(1/3)


(来歴)R1.9 見直し

スポンサーリンク