安価なマイクロスコープでミクロの世界を楽しんでみましょう

「マイクロスコープ」とは、顕微鏡などを含む「拡大鏡」のことです。ここでは、5000円以下のUSBタイプのものを使って、実際の使用法と画像の実例を紹介します。

Amazonで販売されているマイクロスコープの例 こちらの例で見るように、(高価なものは別にして) 2,000円から20,000円程度の製品が沢山販売されています。

ここでは、5,000円以下の安価な価格帯のマイクロスコープでも、簡単にミクロの世界を楽しめますので、私が撮影した写真例とともに、私が気づいた使い方のポイントなどを紹介します。

安価なものでも、こんな画像を見ることができます。

手元にある「ラベンダーのドライフラワー」を、マイクロスコープを使って拡大して写真を撮りました。

Windows10のPCのUSB端子にマイクロスコープを挿して、Windowsに付属の「カメラ」アプリを立ち上げるだけで、簡単に拡大画像を見ることができます。

あとは、ズームリングを回して適当な倍率にしてから、ピントが合うようにするだけですし、その写真が欲しい場合も、アプリにあるシャッターを押せば、簡単にこのような写真が撮れます。

ラベンダーのドライフラワー

ラベンダーのドライフラワー拡大

ツルッとしたラベンダーの花に、肉眼ではわからない、こんな細い毛がある・・・というところまで大画面で見ることができます。

このように、パソコンのUSB端子につなぐだけでアプリのインストールや面倒なセッティングなどをしなくても、思いがけない感動的なシーンに出会えます。

マイクロスコープの種類はピンからキリまで

マイクロスコープの種類は多く、拡大率(倍率)は10倍程度から数千倍、また、価格も数千円から何百万円の幅があります。

私は会社で数百万円のものを使っていましたが、ここで紹介するのは、実用的な倍率が100倍程度以下で、価格も5000円までで購入できるものです。

この「倍率」というのはわかりにくいのですが、直感的には、1mmのものがPCの画面上で10mmに見えたなら、10倍の倍率・・・ということで考えるといいでしょう。

実は、安価なマイクロスコープでは、メーカー公称倍率が1000倍程度の高倍率のものもありますが、これは、0.001mm(1ミクロン)のものが1mmに見えるというものではありません。

理由は、低価格品では、レンズの解像度や収差、被写界深度、明るさ・・・などの関係で、倍率を上げればシャープな画像が見れなくなるからで、拡大されていても、はっきり見えなければ使う意味がないので、5000円以下の商品では、いくら公称倍率が大きく書いてあっても、100倍程度 が実用的な倍率だと考えておいてください。(しかし、以下の観察例のように、この倍率でも十分に楽しめます)

ここでは、「拡大して楽しむこと」を目的に紹介します。

USBデジタルマイクロスコープ

これがここで写真を撮ったマイクロスコープで、購入価格は全部込みで 4,000円程度 です。

購入したマイクロスコープ一式

Made in China ですが、コスパも充分です。1年間使っていますが、故障もありません。

先ほども紹介しましたが、もう一度、アマゾンや楽天のサイトを紹介しますので、イメージを持つために、サラッと見ていただいた上であとの記事を読んで頂くとわかりやすいと思います。

楽天でマイクロスコープを探す

Amazonでも買える「マイクロスコープ」

マイクロスコープの先端

これは「ペンタイプ」のもので、レンズ部分にLED照明があり、暗いところでも観察できるようになっており、その他にもいろいろな形状や仕様のものがあります。

このマイクロスコープの公称能力は1倍-約200倍となっていて、風景を撮るときは倍率が「1倍」というもので、品物に接近すると高倍率になるのですが、倍率を上げると、被写界深度が浅くなって、ピントの合う部分が少なくなります。

さらに、品物に近づきすぎると、LEDの光の影響を強く受けるので、経験的にいうと、100倍以下で使っています。

実用倍率とその時の見え方

1mmスケール スケール拡大

これは、30cmのアルミ製直尺を撮影したものです。

1mm間隔の目盛りですので、ディスプレー画面に写った1mm幅がどれくらいになっているかを実測すれば倍率がわかります。

その画面の像を実測すると、60-100倍程度になっています。

最大でも100倍が限度で、公称倍率の200倍まではいきません。 もっとディスプレーの画面を大きくすれば計算上の倍率が上がりますが、この倍率でも結構楽しめます。

この「細手でストレート形状」のマイクロスコープにした理由は、持ちやすくて、対象物にレンズを近づけても、影が出にくいことと、細いので、小さな部分を捉えやすいだろう・・・と思って購入したのですが、同価格帯のものを比較して使っていませんので、結果オーライだったのかもしれません。

私の使い方は、ほとんどの場合はスタンドを使わないでフリーハンドで観察していますし、LED光源を使うと、どうしても裸眼で見た感じの色や影の付き方が変わってくるので、できるだけLEDをつけないように自然光を取り込んで使うようにしていますが、これらの使い方は、説明するよりも自分で使ってみるのが手っ取り早いでしょう。難しいものではありません。

マイクロスコープを使ってみましょう

ここでは、拡大静止画を撮影する一般的な方法を説明します。

同価格帯のUSBタイプのものは同じような使い方で、PCでSkypeやZoomを使う「ビデオカメラ」を接続するのと同じ使い方です。

特別なアプリのインストールも不要で、Windows10のPC(デスクトップでもノートPCでもOK)であれば、USB端子に挿すだけで、すぐに使用できます。

私の購入した製品には取扱説明書もありましたが、機械翻訳の中国語の和訳なのでわかりにくく、かえって戸惑いましたので、説明書を見ないで、下のやり方でやればいいでしょう。 超簡単です。

私の購入したものに限らず、ほとんど同タイプのものは MacやAndroid などにも対応しているようですので、自分の使用環境で使えるものを購入するといいでしょう。

私の購入したものには、Windows10以前のPC用のドライバーCDがついていて、Windows10だけではなくて、どんなものでも使えるようになっています。

*********

1)USB端子に本体を差し込みます

特に気遣いはいりません。差し込むと動作します。

終了するときも、アプリを閉じて、PCから取り外すだけです。

 

2)PCメニューからWin10に付属の「カメラ」を開きます

カメラアプリを起動

 

3)「カメラ」アプリの設定をします

カメラアプリを開いた画面

Skypeなどでビデオカメラを使用している方は、カメラを切り替えて使用します。「設定」の項目は、一度確認しておく程度で、特に変更する必要もありませんし、その他のカメラがなければ、何もしなくてもマイクロスコープの画像が写ります。

 

4)シャッターを切ると画像が自動保存されます

初期設定の状態では、撮影した静止画は既定の「ピクチャ」ホルダーの「カメラロール」ホルダーの中にファイル名をつけて自動的に保存されます。

文字で書くとわかりにくそうですが、やってみると非常に簡単です。

 

倍率は品物との距離で決まりますが、倍率はかなり適当です

対象物からの距離で倍率が変わります。

遠くの景色は「1倍」ということですが、「最小倍率」では、普通のビデオ画像です。

本体を観察したい対象物に近づけていくにつれて倍率が上がりますので、ピントレバーを回してピントを合わせます。

観察物からの距離を変えると、その都度ピント合わせをします。

対象物にひっつけすぎるとピントが合わなくなるので、ピントの合う最大倍率としては、最大でも100倍程度の倍率と思っておくといいでしょう。

画面の様子 モニターに写った画像

これは極細歯間ブラシの画像です。

ピント合わせは少し慣れないといけませんが、画像を見ながらピント合わせをして、シャッターを押します。

対象物が斜めの構図になるときは、品物を回転させるか、マイクロスコープの本体を回せばいいのですが、慣れないうちは時間がかかります。

しかし、何回かやっていると自然に体が覚えて簡単にピント合わせができるようになります。

 

また、LEDを点灯して、輝度調節用のつまみを調整しても、色むらや光源ムラは完全に無くすることは難しいでしょう。

これは、数百万円の高級機でも同じで、自然光などをうまく採り入れて利用したり、画像補正をするなどして、自分のイメージに近い写真になるように工夫する必要があります。

 

以下に、私が身近なものを撮影した写真を紹介します。

高級機のほうがいい写真が取れるということでもありません。手軽な価格のもので是非、ミクロの世界を楽しんでください。

1)紙の印刷物を倍率を変えて撮影してみました

洋紙

洋紙拡大

これはダイソーで販売している「単語カード」です。繊維の中にインクが染み込んでいる様子がわかりますね。

 

2)手元にある10円硬貨です

10円硬貨

10円硬貨拡大

LEDをつけた状態で撮影しましたが、平等院鳳凰堂の図柄の精巧さとプレス技術に驚きます。

 

3)千円紙幣の印刷技術は非常に優れています

千円紙幣

千円紙幣拡大

日本の紙幣は「精巧」と言われるますが、線の先までがきれいに印刷されています。

 

4)みかんのヘタも拡大すると芸術的に見えます

みかん

みかんのヘタの拡大

凹凸面はピントが合いにくいのですが、自然物には、思わぬ形がひそんでいるのが面白いですね。

 

5)チープカシオ(時計)の裏面表示

時計の裏面刻印

時計の裏面

非常に安い腕時計ですが、時間も正確で、すごいなぁ・・・と感心しているのですが、拡大してみると、きっちりと作られているのに感心します。 カシオさん、すごいです。

どこでピントを合わせるか・・・これは練習が必要ですが、ピント位置を変えると、別の見え方をしてくるのも面白いでしょう。

 

6)シャープペンシルの替芯

シャープペンシルの替芯拡大

シャープペンシル替芯

0.5mmの芯が15mm程度で写っていますので、単純な倍率は30倍になります。

インスタントカメラなどで接写をしてトリミングした上で写真を拡大加工して細部を見せる方法よりも、マイクロスコープを使えば、簡単に接写して倍率を変えることができます。

 

7)ホームランバーの刻印

ホームランバーの刻印

ホームランバー

凹凸が逆のような感じがしますが、ここでは、そのままの状態を紹介しています。

8)CDの読み取り面をLED照明をつけて撮影しました

CD面

CDの裏面

CDの裏面を見た時に、LEDライトが写り込んだ状態です。なんとなくCDのドットが見えている感じもしますが、100倍程度では、ミクロなCD表面を詳しく見ということは難しいのですが、ともかく、何でもみてみると面白いでしょう。

 

9)隙間テープ(隙間風防止用のウレタン部分)

隙間テープ(スポンジ)

隙間テープ(スポンジ)少拡大

隙間テープのスポンジ部分を、倍率を変えて写したものです。発泡した泡の切断面が見えています。

 

10)100均で購入した爪磨きヤスリの荒目と細目

・LED光による撮影

粗目爪磨き粗目

細目爪磨き細目LED光

・自然光による撮影

粗目爪磨き粗目自然光

細目爪磨き細目自然光

これは、100均で購入した、爪磨きの粗めと細目を、付属のLED光、それを消灯して自然光で撮影したものを示しています。

このように、まわりから照射した人為的な照明と、窓から差し込む平行光線では、全く違った感じに見えます。

***

以上ですが、いろいろな身近にあるものを拡大してみると、思わぬ素晴らしい世界に出会えるでしょう。

安価で結構実用的なのを感じていただけたでしょうか?

一家に一台あると、結構楽しめると思います。もう一度アマゾンと楽天の安価帯の商品ページを紹介しておきます。

マイクロスコープのページ【楽天】

マイクロスコープのページ【Amazon】

以上です。お読みいただき、ありがとうございます。