英語は嫌いだけれどやらなければならない人に

学校での英語授業が苦痛で避けたいけれど、英会話をやらなければならなくなった・・・という人もおられると思います。

私も40年間英語を避けてきたのですが、ボケ防止のために始めた英会話で結構楽しんでいますので、何かの役に立てばと思って私の例と効果のあったことを書いています。ちょっと長い文章ですが、よろしければお付き合いいただけますか。

今、70歳を超えましたが63歳でNOVAの門をたたきました。この内容ですから、英語が根っから好きな方や、今すでに英語を楽しまれている方は、読んでも仕方がないです。

中学英語で叩きのめされませんでしたか?

私が英語嫌いになったのは、中学1年生の英語教師のせいです。

出席簿順の席順で、運悪く、一番後ろの席になってしまったのですが、近眼の私は、黒板の字が全く見えず、英語授業についていけなかったことから以来、それからずっと、英語の成績が悪いだけでなく、英語を避けるようになりました。

教える側の先生も教え方が良くなかったのは確かです。今から考えると、大学2年まで英語を習っていて、人に聞かせる英語をはなす先生がいなかったというのですから、ひどい教育でしたし、今でも日本語英語の弊害が残っています。

日本人に英語が話せる人が少ないのは、教育側の問題もそうですし、標準語のカタカナ英語や、カタカナ英語を発するタレントや政治家の言葉を流すTVなどのメディアにも罪があると思っています。

しかし、必要ならば勉強しなければならないのです。

好きになれば成績が上がる

私は数学が嫌いでしたが、中2のときにいい先生にあたって、それから数学だけがクラス1番になった経験があります。

「先生は生徒の成績を変える」のは確かで、ともかく、今から考えると、英語は無茶苦茶な教え方をされていたので、好きになれと言っても無理で、結局、英語に無関係の職場を選びました。

日本人は、国際化に必要な英語力が低いと言われているのですが、私は、第一に教育者のレベルの低さや標準語と言われるカタカナ言葉がそうさせた原因の一つと思っています。

正しい発音に触れると、スペルも間違わなくなってきます。

還暦を過ぎて英会話教室に通い始めました

還暦を過ぎて、急に記憶力が衰えたので、何かしなければ・・・と思って、(私が天の邪鬼でしょうか)避けていた英会話をしようと思き、駅前留学のNOVAの門をたたきました。

会社は英語に無関係でしたし、年も年ですので、英語を習うというと皆から白い目で見られましたし、毎週水曜日には定時で仕事を終わることに、いろいろな抵抗や問題がありました。

NOVAは楽しくいいのですが、サラリーマンで、会社命令でなくて習い事をするのは、かなり難しいのです。



もともと、「金髪の女性と話がしたい」と思っていたので、美人の講師に当たるとラッキーですし、帰りに友達との「お茶」も、会社の同僚と一杯を付き合うよりもGOODですから・・・。

でも、忙しいサラリーマンには、会社の要請がある場合は別にして、個人の趣味や目的で通うのは、外からの抵抗が大きいのでおすすめしません。言われないまでも、白い目で見られています。

私のオススメは、オンライン英会話と単語ソフトでの自習

結局NOVAには3年半通ったのですが、転宅して教室が遠くなったので、オンライン英会話に鞍替えしました。

今から考えると、週1回のグループレッスンでは英語力が向上しないでしょう。楽しいだけでした。

話せるようになるのは ①相当数のフレーズを覚えて口に出して使う ②単語力をつける という、結局、基本的なことを積み重ねることしかないようです。

【私のおすすめは】

①英語脳ができるまでオンライン英会話で学ぶ。

②時間を見て英語に接する

単語を覚える

・・・に尽きる感じです。

これに触れる前に、あまり役に立たなかったことなどを紹介します。

グループ受講は楽しいけれどダメ

英会話教室のレッスンは、マンツーマンでないと上達しません。

英会話教室のグループレッスンでは、4人の生徒に1人のネイティブの先生がつき、テキストに沿って授業が進むのですが、受講するメンバーが予約によって変わるので、レッスン当日にレッスン内容が決まるシステムのために予習復習ができないという欠点があります。

これを説明すると長くなるので説明しませんが、「繰り返し」教えられて頭に叩き込まなければ、頭に溜まっていきません。

これが、英会話教室のグループレッスンの大きな欠点です。

オンライン英会話にもグループレッスン形式のものがあります。 私も受講したのですが、これは最悪です。

話す時間と話す内容の自由さがないので、「グループ」というのは感心しません。

これとは別ですが、NOVAには「VOICE」というグループレッスンがあって、私は英語力は最低レベルの「5」でしたが、上手な方の英語が聞けたり、勉強の仕方などを教えたもらえたので、大体はレベル7からのレッスンでしたがしばしば参加しました。VOICEはグループレッスでしたが良かったです。

マンツーマンレッスンではその点は問題がありません

もちろん、講師1人を専有するので費用が掛かりますが、お金に余裕があればこれは最高です。同じ先生であれば、自分の都合でレッスン内容をすすめることも、講師のアドバイスも的確になりますし、予習復習をすることで、確実にインプットしていくことができます。

ただ、残念ながら、高価です。小遣いに限りがありますので、結局、マンツーマンのオンライン英会話に落ち着きました。

オンライン英会話も、いろいろな問題解決が必要です

スカイプを使ったオンライン英会話が主流ですので、家庭で受講するとしても、部屋の問題や邪魔をされることがない環境が必要です。

そしてもちろん、「パソコン」や「スカイプ」「ネット回線」などを準備しないといけないのも、一部の人にはネックでしょう。

この記事を読まれている方は、パソコンなどの要素はクリアされているのですが、「スマホでOK」とPRしているオンライン英会話のサイトもあります。 これは複数画面を切り替えたりリンクが送られてきますので、スマホでは「ダメ」と考えておいてください。

回線のイメージ

 

スカイプはかなり安定して利用できるようになりましたし、平成年代まではフィリピン側の回線事情も悪かったので、しばしば問題があったのですが、最近は回線の問題は皆無です。

また、フィリピンは熱帯モンスーン気候で、ほとんど毎日、午後から夜にかけて暴風雨が吹き荒れて停電することが多かったのですが、最近は、天候による停電もほとんどありません。

Can you see me?(見えますかぁ?) Can you hear me?(聞こえますかぁ?) の会話の練習フレーズがテキストに出てくるくらいですので、レッスンが中断することはたびたびあったようですが、断線も意外に楽しいものです。

 

フィリピンの英語レベルを疑問視する人がいるが、全く問題なし

私が留学した学校の先生たち学校のHPの写真

しばしばWEBの記事での話題で「フィリピンの英語は大丈夫?」という内容を見ることがあります。

私の他の記事でも書いていますが、フィリピンは英語が公用語でノンネイティブですが、講師の話す英語の質は高く心配する必要はありませんが、講師選びは時間をかけたほうがいいでしょう。

私の利用している英会話サイトhanasoは、すごい数の先生が登録されています。さらに、彼ら・彼女らの中には、複数の言葉を話す人がざらにいます。


 私の受講しているサイト

私は、1人の講師にずっと習うことをオススメします

教え方の上手下手や顔や相性がありますので、気に入った講師のレッスンを続けるほうが気楽です。

初めての講師ですと自己紹介からやらないといけませんし、最初のうちは、講師に自分を知ってもらうほうが話しやすいので、少なくとも慣れるまでは同じ講師のレッスンを予約しましょう。

少し慣れて話せるようになれば、いくらでも講師はいますので・・・。

私の例ですが、私は5年間以上オンライン英会話をしていますが、最初は1名の講師にレッスンを受けていたのが、彼女がアメリカに移住してしまったので、その後、2名の講師に別教科のレッスンを受けており、600回以上のレッスンの90%以上を3名で受講しています。完全に保守的です。

講師の切り替わり時には10数名の講師と話して探したくらいですので、講師との相性は大事だと思っています。

どのサイトがいい?

これも多くの方が知りたい要素ですが、オンライン英会話がシステム的に安定してきたのは2015年頃からと記憶しています。

今はかなり安定して、問題も淘汰されていますので、私はサイトやシステムにはそんなにこだわらなくてもいいように思います。

WEBにはサイトのランキング記事やPRをしている会社も多いので、それを見て、上位の適当なところの2社の無料レッスンを受けて、どちらかに決めればいいと思います。

最初にNOVAの話を出しましたが、それらの教室レッスンに比べるとオンライン英会話は安価ですから、解約しやすいかどうかをチェックしておいて、安いところの「無料レッスン」を2社で受けてみて、最終に残ったサイトで有料で「講師選び」をする程度で問題ないと思います。

ここでは、私の受講しているhanasoと、満足度No.1とPRしているレアジョブの満足度上位サイトのリンクを張っていますが、これで大まかの内容を確認するといいと思いますが、多分、大した違いがないでしょう。


 

コースを選ぶポイントは、安い、自分が受けたい時間帯の講師が多い、テキストやレッスンの内容が豊富、キャンセルがしやすい、サポート体制の評判がいい・・・などのチェックはもちろんですが、「予約できる数が2つ以上」あるコースを選んで先行予約するようにしないと同じ講師のレッスンが取れないことに注意しましょう。

私はhanasoの月8回コースに3ヶ月に1回程度に10回分のレッスンチケットを購入しておいて先行予約をしていますのでこのプランも参考にしてください。

単語用のソフトを探す

オンライン英会話では、会話が主体ですので、ニュースを読む場合などは、どうしても単語力が関係します。

私はこれを「i-know」というソフトで毎日少しづつ勉強しています。それでも歳のせいか、現在5000語をマスターしており、毎日15-30分程度の学習ですが四苦八苦しています。

普通に会話できる人の単語数は8000語といいます。i-knowでは文章構成なども学習できますので、一度使い方HPをチェックしてください。

DMM英会話を受講していると「無料」でついてくるようですので、これもチェックしてみてください。

また現在、いろいろな有料ソフトがありますので、気に入ったところと契約するといいでしょう。

無料のソフトもたくさんありますが、おすすめしません。

長期間学ぶのであれば、ぜひ有料のものを探してみてください。

最後に

巷では、「簡単に話せる」という謳い文句の教材も多いのですが、若い方か天才秀才でない限り、簡単には英語を話せるようにはなりません。

イヤホンで聞き流すだけで英語が話せるとか、3か月の学習でペラペラ・・・という記事もありますが、それらは、若い人向きで能力のある人の話で、多くの人は、そんな簡単ではないでしょう。

わたしは、出遅れで始めたこともあって、一生趣味として続けようと思っているのですが、こうなると、好き嫌いではなく、何か別の大きな力が働いている気がします。

色々書きたいのですが、読むだけでも大変なので、チェックしたほうが良いポイントなどを列記します。

①無料レッスンを受けてみる ②テキストは重要です ③サポートがいいかどうかも決め手・・・

長い文章でしたがお読みいただきありがとうございます。